サンジャポにくりぃむ上田サプライズ出演

サンジャポ、田中裕二「代役」くりぃむしちゅー上田晋也に視聴者衝撃「ガチの友情を感じる」。

くも膜下出血と脳梗塞のため休養している「爆笑問題」田中裕二(56)に代わって「サンデー・ジャポン」に1月24日、

「くりぃむしちゅー」上田晋也(50)がサプライズ出演。

視聴者から驚きの声がSNSでこだましたのです。

中京テレビの太田上田で共演

太田と上田は別番組で共演しており、太田は上田を「一番頼れる相手」と紹介。

緊急登板とは思えない軽妙な掛け合いと、安定した司会進行ぶりに「まるで自分の番組のように空気を読んでいる」との声も投稿されています。

「私が一番頼れる相手」

「うっそー!」。上田が「サンジャポ」に登場すると、スタジオの面々からも驚く声が続々とあがりました。

田中の代役MCを誰がつとめるかは共演者にも明かされていなかったといい、衝撃が大きかったようです。

この日「サンジャポ」が伝えたところでは、田中は1月20日未明に帰宅後、頭痛を訴え、妻の山口もえが救急車を呼んで搬送。

病院で検査した結果、前大脳動脈解離によるくも膜下出血、脳梗塞と診断された。大事には至らなかったというのですが、入院し、1か月ほど休養することになりました。

代役の上田は、太田と軽妙な掛け合いを連発。

上田が「おはようございます。さあ今週から始まりました『ウエダにおまかせ!』」といきなりボケてみせ、

太田が「『太田上田』のほうもお願い致します」とすかさず割り込むと、

上田は「他局です!」とツッコんだのです。

2人は中京テレビ「太田上田」でMCとして共演しています。

「日本一のMCが来てくれました」という太田からの紹介にも「ハードルを上げるな!」と一言。

それでも太田は「ということで、私が一番頼れる相手ということで、上田君にお願いしました」と絶大な信頼のもと抜擢したことを明かしたのです。

田中は20年8月にも、新型コロナウイルスに感染して休養しています。

「数か月前、田中がコロナにかかった時も太田から『ちょっとサンジャポ来てくれないか』と(誘われた)。でもその時ちょっとスケジュールがあったんで『ごめんなさい』して、また今回田中が倒れて『サンジャポ来てくれないか』と」

と、出演の経緯を語り始めた上田。

しかし、「あなた(太田)、もう30年以上芸能界にいるんだから、そろそろ知り合い増やしてくれないかと! 何かというと俺に言ってくる!」と「苦言」を呈し、一同爆笑。

太田は笑いながら「君しかいないんですよ!」と口にしたのです。

その後、上田は「サンジャポファミリー入り」した気持ちを聞かれるも、

「ファミリー入り...? いやいやそんなつもりないです。僕は『一日警察署長』くらいの責任感でやっています」

と軽快なボケ。

太田は「これですよ! このたとえの上手さ。『一日警察署長』」とイジってみせたのです。

「いま田中は全然大丈夫。普通の状態」

田中の容体について、太田は

「結論からいうと、いま田中は全然大丈夫。普通の状態。食事も普通に食べていて、お医者さんとも会話してる。俺はしゃべってないけど」

と安定していることを明かしました。

搬送時のことについて「その日(19日夜)ラジオが終わって取材があって、そこでも全然平気」だったそうですが、

「(20日未明の)夜中2時に、もえちゃんからうちの社長(太田光代)に電話があって、『頭痛で救急車呼びました』と。俺起こされて、『頭痛で田中が救急車呼んだ』って(聞いて)、『ふーん』ってまた寝たんですよ」

と振り返ると、上田からやはり「よく寝られたな。瞬間的に」とツッコミ。

太田はさらに「その後20分くらいしたら『脳梗塞だったらしいよ』と聞いて、『ええ!』って飛び起きたそう。

そこからもう大変。

もえちゃんとうちの社長でやり取りしながら、病院に着いたときにはすでに治っていた。傷もふさがっていた」と搬送後のことも明かしていました。

爆笑問題とくりぃむしちゅー(旧・海砂利水魚)は親交が深いことでも有名。

上田が「サンジャポ」に登場したことに、ツイッター上では

「今日は上田晋也史上最もカッコイイ瞬間だったと思う」
「サンデージャポンのウーチャカ(編注:田中の愛称)の代打が、くりぃむ上田とかガチの友情を感じる」

など、爆笑問題との信頼関係を感じた視聴者が多かったようです。

また、

「上田の安定感すごいな」
「さすが太田の信頼するだけのことはあるが、まるで自分の番組のように空気を読んでいる」
「ボケもミスも油断も不適切もちぎっては投げちぎっては投げして笑いに落とす、MC上田晋也の進行に圧倒された」
「ただただ上田晋也という凄い司会者の腕を生放送で見せられた回でした」

と上田の司会進行に驚く声も多かったのです。

田中が新型コロナウイルス感染症のため休養していた時、代役MCをつとめたのは「ずん」飯尾和樹、「霜降り明星」せいや、「ハナコ」岡部大。

中堅~若手で番組司会の経験は決して多くない面々だったが、今回の上田は各種報道番組やバラエティ番組で司会をつとめています。

そして休養中の田中について、

「太田はいるけどMCが変わるとがらっと番組の色も変わって面白いねえ。田中早く良くなりますように」
「めちゃめちゃしっくりきてた。太田を受け止めてくれるのは田中か上田しか!! ぴーちゃん呼びは太田上田やーってなりました。笑 太田もきっと内心は動揺してたと思うし、上田の隣は安心してボケられて心強かっただろうなぁ。田中ゆっくり休んでまた元気な姿見せてください」

と回復を願う声が多数投稿されていました。

番組中、「田中もご覧になっているでしょう。ピーちゃん(太田の愛称)から、照れくさいかもしれませんけど、

メッセージございましたら」と上田から求められた太田。カメラ目線で「また一緒に漫才やろうぜ」と述べていました。

ネットの声

「いつもはワイドナを見ているが今回は田中の代役が誰になるか興味あったのでサンジャポを見た。。上田の進行は確かに上手い。。太田との掛け合いも凄い。。MCの実力は芸人の中では抜きん出ていると思った。。。」

「上田の安定のMCは流石だった。何より田中が大事に至らず良かった!」

「素晴らしいの一言。暫定である雰囲気も残しつつ、番組全体の空気感を壊さない。そのうえメインの司会はしっかりこなす。さんさまんのように、全て自分中心にすることなく全体にバランスよく投げかけも行い安定感のある進行力。紛れもなく日本のタレントではNo. 1の司会進行力の持ち主でしょうね。心地良かったです。」

上田のすごさを再認識しましたね。

おすすめの記事