3キャリアの新料金プランそろい踏み…全てオンライン専用に

ahamoはいつから? 月額2980円の3キャリア「オンライン専用」対抗プランの選び方

携帯大手3社の「2980円プラン」が出そろいました。

政府の要求から始まった携帯各社の値下げ競争で、「データ通信20GBで2000円台」が実現したが、各社ともその中でさまざまな工夫を盛り込んでいます。

大手3社のプランの特徴

  • 2年契約などの期間拘束や割引なし
  • データ容量は月間20GB
  • 申し込みからサポートまですべてオンライン
  • キャリアメールを提供しない
  • 5分間の国内通話かけ放題が付いて月額2980円(税別)
  • いずれも3月より提供開始予定

という点が共通している。その中で各社の特徴を打ち出した形です。

「期間拘束がない」ため、他キャリアに乗り換えたければすぐに契約を変更できるのも特徴。

ただし、すべての人にオススメできるわけではなく、この料金プランに最適な人とそうでない人がいるのです。

NTTドコモ「ahamo」…家族でも安心して選べる

先陣を切ってドコモが発表した「ahamo」(アハモ)。

5分間の音声定額込みで月額2980円です。

オプションとして、1GBあたり500円でデータ容量の追加ができるほか、国内通話かけ放題のオプションが月額1000円で利用可能。3月提供開始予定。

【ポイント】
特徴として、海外の82の国と地域で追加料金なくデータ通信ができる点が上げられます。

(現状は難しいですが)海外によく行く人の回線としても有効。

家族内でドコモ契約がある場合、複数回線で割引する「みんなドコモ割」、家族間通話無料の「ファミリー割引」、

光回線とのセット割の「ドコモ光セット割」はいずれも割り引きにはなりませんが、「家族の回線」としてはカウントされます。

【特徴深掘り】
父、母、子どもの3人家族で、父母がドコモのギガホを契約、子どもがahamoだった場合、みんなドコモ割は「3回線」で父母の月額料金が1000円引きになり、父母から息子への国内音声通話が無料になります。

子どもからかけたい場合は、5分間は無料なので短時間にするかかけ直してもらえば無料で通話可能。

端末のセット販売に関しては、「ユーザーターゲットにマッチした端末を用意していく。iPhoneを含めて、デジタルネイティブ世代にマッチした端末を検討している」(広報部)としています。

【まとめ】
ahamoに移行しても家族の割引がなくならないのは大きなメリット。

家族のトータルでの支払額を削減できる。家族の音声通話無料も強みです。

KDDI「povo」…シンプルに使えてトッピングで機能追加

KDDIの「povo」(ポヴォ)は唯一、月額料金が2480円と安い。

標準では「5分間の音声通話定額がない」ためです。

3月提供開始予定。

【ポイント】
その代わり、オプションの「トッピング」として月額500円で5分間の音声定額を追加できます。

5分間の通話定額が含まれないのは、「20代以下の6割が月10分未満の通話しかしない」(KDDI髙橋誠社長)からだとしています。

通話をほぼしない、またはLINE通話などを使うという人なら、他社に比べて500円引きにできるのでメリットがあるでしょう。

必要ならば、「トッピング」しても他社と同じ2980円になるので大きなデメリットにはならないでしょう。

【特徴深掘り】
この「トッピング」、必要な機能を自由に選んで適用したり外したりできる、というもの。

現時点では4つの機能が明らかにされています。

  • 5分間の国内通話かけ放題……月額500円
  • 24時間テザリングを含めてデータ使い放題……200円/24時間
  • 国内通話かけ放題……月額1500円
  • データ追加……500円/1GB

24時間200円のデータ無制限のトッピングは、テザリングを含めて無制限で、もともとの20GBとは別のデータ使用扱いとなります。

そのため、外出先で緊急的に大容量データを使いたい、という場合に便利です。

例えば、月の最終日に20GBを使い切ってしまって通信速度が遅くなってしまったけど速度が必要、という場合にも、1GBを追加するより安いのです。

活用できるシーンは多そう。

48時間でも400円なので、最大2日間なら1GBを追加するより安価になる計算です。

今のところ、KDDI側が提供する通信サービス用のトッピングしかありませんが、コンテンツプロバイダーなどとも話をしているということです。

【まとめ】
5分間の音声定額を外したことでベース料金が割安になり、必要ならば追加するだけでいいのは、それぞれのニーズに応じた料金プランと言えるでしょう。

現時点では、家族間通話、複数回線割引、固定回線とのセット割は対象外となっています。

ドコモに追従する可能性についてKDDI広報は「現時点での対応予定はないが、市場環境を踏まえて検討していく」とコメントしています。

端末のセット販売に関しては、現時点で「検討していない」(広報部)。

なお、メインのauでは利用料金に応じてPontaポイントが付与されますが、povoではそうしたポイントはありません。

ただし、au PAYカードを支払いに設定すれば、カード利用料分のPontaポイントは貯められます。

ソフトバンク「SoftBank on LINE」…LINEヘビーユーザーに

ソフトバンクの「SoftBank on LINE」はブランドコンセプトの仮称で、正確には料金プランの名称ではありません。

というのが同社のスタンス。

大容量のソフトバンク、小中容量のワイモバイル、そしてオンライン専用のSoftBank on LINEの3つのブランドとなるようです。

MVNOであるLINEモバイルを100%子会社化した上で提供。

3月提供開始予定です。

【ポイント】
このSoftBank on LINEの大きな特徴が、LINEの通信をデータカウントしないノーカウントを導入する点。

LINEのメッセージとLINE通話のデータを20GBのデータ容量にカウントしないため、特にそうしたサービスを頻繁に使う人には有効でしょう。

なお、現時点ではノーカウント対象は「LINEトーク/LINE通話などを予定」とされています。

【特徴深掘り】
現時点でプランの詳細が発表されていませんが、「サブブランド」であり、ソフトバンクから見たワイモバイルの関係と同じになります。

そのため、「みんな家族割+」のような複数回線割引や固定回線とのセット割「おうち割 光セット」などの割引は適用されません。

こうした点を変更する可能性について同社広報は「現状は検討していない」としています。

【まとめ】
LINEのノーカウントが特徴で、20GBのデータ以上が使えるのがメリット。

端末のセット販売に関しては、現時点で「検討中」(広報部)となっています。

LINEモバイルではLINEポイントを使った支払いに対応もしていましたが、現時点でポイントの扱いに関しては未定だということです。

導入前に確認すべきオンライン専用プランの注意点

基本的に3キャリアのオンライン専用プランでは“キャリアメール”は使えません。

大手3社とも提供は3月からとなり、ドコモが各社の発表を見た上で複数回線割引との関係を発表するなど、今後も最後まで各社の調整が続きそうです。

そのため、あくまで「現時点での」という注釈が付くのですが、それぞれ特徴があって選択肢が広がっています。

注意したいのは、大手3社とも「キャリアメールを提供しない」「全てオンラインのみ」という点。

今までキャリアメールしか使ってきていない人で、Gmailなどの他のメールアドレスがない人は、他のメールアドレスを新たに作って移行するしかないでしょう。

特に、キャリアメールのアドレスを各種サービスに登録していた人は要注意です。

逆に言えば、1回そうした作業を済ませれば、2980円プランに移行して月額料金を下げられます。

必要経費と考えればいいのです(そうした移行が難しく、キャリアメールが必須、という人はそもそも対象外のプランだ、とも言えます)。

各キャリアとも、ショップ店頭でのサポートはしない方針をとっており、申し込みからサポートまでオンラインで問題ない、という人だけが申し込むべきプランになっています。

おすすめの記事