さんまがナイナイ岡村にご祝儀…反応に落胆??

さんま 新婚の岡村隆史にご祝儀「お前やから多めに」 粋なメッセージ添えるも反応に落胆

さんまが12月19日、パーソナリティーを務めるMBS「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。

10月に30代一般女性との結婚を発表した、岡村にご祝儀を渡したことを明かしました。

奥さん連れてくるのかと

2日ほど前に、岡村と食事をしたというさんま。

「奥さん連れてくるんかなと思ったら連れてこず。高校時代の友達とかには、奥さん会わせてるみたいやねんけど、芸人は誰も会ってないんですよ。だからね、うそちゃうかと。ラジオでの発言で、イメージダウンしたんで、それを挽回するために結婚ってうそついてるんちゃうかなって」

と、ジョークで笑いを誘っていました。

「祝儀を渡すのが、ものすごくもったいなくなって。一応、渡したら向こうも取ろうとするけど『こいつ(結婚したの)ほんまかな?』って思って。こっちも(ご祝儀を)握りしめ、向こうも引っ張って、こっちも握りしめてって…」

というやりとりもあったのですが、「祝儀、お前やから多いめにしてあるわ」と伝えながら渡したと話したのです。

粋なメッセージの反応を期待

ご祝儀袋には、粋なメッセージも。

岡村がメンバーだった吉本興業の独身貴族軍団「アローン会」と、メジャーリーグで755本塁打を放ったスラッガー「ハンク・アーロン」を掛けて「人生のホームラン王代 アローンからアーロンへ」と添えていたのです。

後輩のために、一晩考えて作ったというメッセージ。

「すごいですねやっぱり」「人生のホームラン王、アーロンと掛けて!」「うれしいです、こんな素敵な」という反応を期待していたのですが…。

アーロンて何ですか??

しかし、岡村は「あ、ありがとうございます」と、あっさり。

すぐに、ご祝儀袋を片付けたというのです。

想定外のリアクションに、さんまが思わずツッコむと「アーロンって何ですか?野球知らないんですよ」と返ってきたという。

「そうか…」とさんまが落胆すると、岡村は「すみません、帰って調べます」と反省。

その後、「こんなにすごい人だと思いませんでした。知らなくて申し訳ございませんでした。やっぱり、さんまさんの掛け言葉はすごいです」などと、

「わざとらしいヨイショの反省文」をLINEで送ってきたと話し、笑いを誘っていました。

ネットの声

「こうやってラジオでは岡村さんをいじってるけど。さんまさんは岡村さんの結婚が嬉しいのが伝わってくるよ。東野さんも番組でいじってるけど嬉しそうだし。」

「さんまが、岡村が野球に詳しくない、くらい知ってるはずだから「知らなくて反応が薄い」というやりとりをして、それをラジオやテレビでネタとしていう。さんまは昔から後輩に対してこう言った「本人がその場にいない、出られない場合ネタにする」ってのをやってたからね。それがさんまの「粋な計らい」なんだと思う。」

「なんだかんだで岡村さんもさんまさんから祝儀貰った事めちゃくちゃ喜んでるんじゃないかな?祝儀袋を大事に保管してそう。」

さんま一流のいじりですね。

おすすめの記事