共演者もビックリ…さんまの就寝時間は他の人の起床時間!?

明石家さんまが14日、パーソナリティーを務めるMBS「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。

就寝時間を明かし、共演者を驚かせる一幕がありました。

そろそろ寝ようか…

自宅でお酒を飲んでいる様子について話している場面。

「おれはいつも気持ちよく酔いたい。ワインを炭酸で割ったりして。そろそろ(午前)5時か、寝ようかみたいな…」

と語っていました。

そろそろ起きようか、ですよ

村上ショージは思わず吹き出し「そろそろ寝ようかで5時?」とビックリ。

「もっとはよ寝え!5時はそろそろ起きようか、ですよ」とツッコミを入れていました。

マイルールができている

しかし、実際はもっと遅いようで、さんまは「6、7時に寝て、12時ぐらいに起きるっていうのが、俺の決まり」と告白。

「こうなってしまった、体が。そういうタイムスケジュールの体になってしまってるんで。夜な夜な、色んなものを見てしまうから。今ならアメリカンフットボールを見て、サッカーがあるなら見たり。昨日からはマスターズが始まったんで。すっごい忙しいよ」

と打ち明け、驚きを誘っていました。

ネットの声

「さんまを見てると人間にとっていちばん大事なのは、睡眠でも食事でもなく、好きな仕事をしてしかも評価されることだとつくづく思います。
彼の特殊体質があるのかもしれませんがね。」

「8時間睡眠がいいとか、いや6時間だとか言うけど、人それぞれだと思う。個人が問題を感じなければ、何時間睡眠だろうが他人が口出すことじゃないのでは?」

「テレビの収録後も興奮状態が残っていて鎮めるのに時間がかかるんだと思う。
あんな高いテンションで喋って笑って、普通に考えたら異常だもん。今の司会やってる中堅芸人だってあんなテンションで仕事してないよ。本当にテレビモンスターだと思う。」

寝ない…ショートスリーパーというイメージが先行していますが意外と5、6時間は寝ていますね。

おすすめの記事