「戦争より怖かった」 新型肺炎と比較されるSARS、日本人はどう闘ったか…。

新型コロナウイルスの影響が止まりません。

日本でも死者が出て、経済も打撃を受けるなど、もはや完全に日本の国内問題となっています。

報道などで見られるのはSARS(重症急性呼吸器症候群)との比較です。

SARSのときは北京が最大の被害を受けた

SARSは感染被害が最も大きかったのが首都・北京だったということで、中国在留邦人や中国へ進出している日本企業への影響は甚大でした。

それはまさに「戦争」のようだったといいます。

「戦争は弾の飛ぶ場所に行かなければ怖くない。でもウイルスはどこから来るか分からないから戦争より怖かった」(日本企業駐在員)

ビジネスへの影響も大きい。

「天安門事件の時の比ではなかった。このインパクトは想像外だった」

経済成長著しい中国を襲った

急激な経済発展を見せ始めていた中国を襲った原因不明の感染症。

在留邦人たちを混乱の極みに陥れていました。

特にSARS問題の象徴とされた北京の動揺は筆舌に尽くしがたいものがあったのです。

しかしそうした中でも、企業と民間人、各企業では日本人スタッフと中国人スタッフが一致団結してSARSと闘いました。

北京では商工会議所、日本人会が中心となって「SARS対策チーム」を発足。

民間発の情報を発信していったのです。

普段は出すことがない飛行機の予約情報を提供した航空会社、日本料理店の開店情報を出した日本人調理師会、生徒の帰国情報を送った日本人学校、外出制限の中での留学生情報など、噂ではなく、確実な情報がメールマガジンに寄せられました。

風評被害をどう抑えるか

今回の新型肺炎も、既にいろいろと風評を生み始めています。

中国からの帰国者に接触すると感染する、中国人が多く集まる銀座や浅草に行くのは危険だなどの、非科学的ともいえる情報も含めて、人々を恐怖に陥れているのです。

当時SARS対策チームの中核だった経済人は「たとえ感染したとしても、段取りさえ分かっていればパニックにならずにすむ」と語っていた。

「北京市内に協和西病院というちゃんとした病院が用意されていて、そこで治療を受ければまず生きて出てくることができる。感染しても治らないわけではないということが分かっていれば怖くなかった」

「大切なのは、いかにして日本でウイルスを発生させないかではなく、発生しても大丈夫、という体制を作ることである」

SARS問題で最も大きかったのは、帰国した日本人をいかに守るかでした。

特に子供たちです。

「ばい菌!」「うつる!」などといじめを受けたことは、日本人帰国者に心の傷を与えたのです。

ネットの反応

「『大切なのは、いかにして日本でウイルスを発生させないかではなく、発生しても大丈夫、という体制を作ることである』その通り。今の日本に必要ですが、出来ているのだろうか?」

「SARSで思い出すこと。台湾の医師が熱があるのに日本旅行にやってきた。帰国後SARSだったのが判明。(会見に出たのは代理ではあったが)どのルートを通ったと話して謝罪した。結局日本では誰も感染しなかったが。それから数年後。私が住む神戸で新型インフルエンザが出た。阪神間でマスクが手に入らなくなった。すると台湾から「阪神間の子供へ」とマスクが送られてきた。在日台湾人はネット転売なんてしなかった。」

「本州では春一番もふき、雨も降り、ここ数日で春らしくなってきたところと多い。この気候だと、インフルエンザなら収束へと向かうのだが、コロナウイルスはどうなんだろう?人の力だけではなかなか封じこめが難しいから、自然が味方してくれるといいのだが。」

非常時というのは、普段現れないものが出やすくなってきます。

そんな時だからこそ中国人と日本人の底力というものを世界に見せたいものですね。

おすすめの記事