巨人・澤村に「熱視線」送る他球団 「先発の方が良い。どこもほしいと思う」

首位を快走している巨人だが、澤村拓一は3軍降格を報じられて大きな反響を呼んでいます。

繊細な性格!?

巨人の番記者は

「本人も悩んでいると思います。ぶっきらぼうで豪快に見えますが、結構繊細な性格です。今年は1軍にいる時からマウンドで神経質になっている感じがしました。制球は元々あまり良いタイプではない。かといって制球を気にせず、ただ速い球を投げることを追い求めているかと言われればそれは違います。自分の投球スタイルを模索しているうちに深いトンネルに入ってしまったような感じがします。」

巨人入団が夢だった

今季は13試合登板で1勝1敗1ホールド。

防御率6.08。制球が定まらず四球を出して、痛打を浴びる悪循環で改善の兆しが見えず、7月26日に1軍登録抹消されました。

中央大の先輩・阿部慎之助2軍監督の下で再起が期待されたのですが、2軍戦でも本来の姿を取り戻せていません。

8月7日のDeNA戦(横須賀)で同点の8回に登板しましたが、3四球で4失点の乱調。3軍降格が決まったのです。

澤村は巨人に対して思い入れの強い投手。

10年のドラフトで入団を熱望し、単独1位指名を受けた際、記者会見で感極まって涙を流したほど。

入団1年目に200イニングを投げて11勝をマークし、2年目も2ケタ勝利を挙げました。

15年に守護神に抜擢され、16年に37セーブで最多セーブ賞を獲得。

抑えに対してこだわりがあるのでしょう。

18年オフに原監督が先発再転向を打診したところ、澤村本人はリリーフを志願したことがスポーツ紙で報じられたこともありました。

トレードで環境を変えればまだまだ十分にやれる

他球団の関係者は「球団間のやり取りなので、澤村だけでの問題ではない」と前置きした上で、

「トレードで環境を変えればまだまだ十分にやれると思います。昔の澤村は『打てるものなら打ってみろ』と腕を振ってきましたが、今の澤村は四球を出すと落ち着かなくなり、力強さを失っているように見えます。四球を出しても点を取られなければいいぐらいの気楽な気持ちで、長いイニングを投げる先発の方が良いと思います。阪神の藤浪にも共通するけど澤村も持っている球は凄い。他球団はどこも欲しいと思いますよ」

と評価しています。

現在の巨人で信頼を失った澤村のポジションはありません。

ただ、入団時から輝いていた姿を見てきた原監督や首脳陣は復調を心待ちにしていることでしょう。

果たしてどん底からはい上がってくることができるのでしょうか。

ネットの声

「巨人にとって澤村が他球団からトレードターゲットとなれば、見返り選手獲得に好都合かな、ぜひ、ポジション等を勘案し良いトレードになれれば良いのだが大いに期待致したい。」

「入団時の体格に戻したらもっとコントールもよくなるんじゃないかなと思うけど、言ってもやっぱり頑固としないだろうけど。先発となればよけいに戻してほしいと思う。とは言っても今の体格でもセーブ王を取ったんだし、何も言えないところもあるだろうけどね。他球団がほしいと言ってきたら本当にトレードもあるかも。」

「巨人も見捨てるつもりないからベテランでも実戦経験の場がある3軍にしたはず。新人王、セーブ王、ドラフト1位をそこまであっさりと切らないと思うな。」

澤村のトレードはないでしょう。そのための3軍落ちのはず(いい条件が来たらわからないかもしれませんが)。

おすすめの記事