セルフスタンドで見かける「静電気除去パッド」は1社の独占製造だった!

必ずセルフ式GSで触る「静電気除去パッド」 じつは1社だけが製造していた 会社名入れない訳は

セルフ式ガソリンスタンドは、日本では1998年に認可されて以降普及し、いまではおよそ3軒に1軒がセルフ式といわれています。

そのようななか、セルフ式ガソリンスタンドでは欠かせない静電気除去パッドは株式会社タツノ(以下、タツノ)1社だけが製造しているというのですが、いったいどのような理由があるのでしょうか。

セルフ式ガソリンスタンドの比率は34.8%にのぼる

静電気除去パッドは、セルフ式ガソリンスタンドの給油機のノズルのそばに貼り付けられているもので、ユーザーには給油口を開ける前に触れるよう案内されます。

どのセルフ式ガソリンスタンドでも見かける静電気除去パッドについて、タツノの広報担当者に聞いたところ「現在セルフ式ガソリンスタンドに設置される静電気除去パッドは弊社が製造しています。

ガソリン計量機を製造するメーカーはほかにもありますが、弊社が供給しています」と説明します。

静電気除去パッドが1社採用の理由

なぜ、他メーカーのガソリン計量機の場合でもタツノ製の静電気除去パッドが採用されているのかを聞いたところ、

「ユーザーがどのガソリンスタンドに立ち寄っても、静電気除去パッドがどれなのか分かるようにするためです。メーカーとして主導した訳ではなく、安全面の観点から石油業界としてそのように取り組んでいます」

と回答。

そのため、あえてPRする必要が無いことから「静電気除去パッドに弊社の名前は入っておらず“無印”で製造しています」(タツノ広報担当者)とのことです。

静電気対策をしっかりと

日本エネルギー経済研究所石油情報センターによると2020年3月末時点で全国の全ガソリンスタンド2万9637店のうち、セルフ式ガソリンスタンドは1万320店と34.8%を占めています(セルフ化率は前年同期比1.2ポイント上昇)。

セルフ式ガソリンスタンドの比率がもっとも高い都道府県は52.3%となった神奈川県で、もっとも比率が低い山梨県でも20.4%を記録するなど、セルフ式ガソリンスタンドを避けてカーライフを送るのは徐々に困難になりつつあるといえるでしょう。

前出のタツノの広報担当者は、セルフ式ガソリンスタンドを安全に使うためのルールとして、以下のポイントを挙げています。

「セルフ式ガソリンスタンドを利用する際は火気厳禁を徹底するほか、静電気除去パッドを利用した静電気対策をお願いします。給油中はエンジンを停止し、クルマの窓やドアは閉めてください。
給油作業する際には、子どもが近づかないように注意しましょう。給油が自動停止したら継ぎ足し給油はしないようにするほか、キャップの置き忘れに注意いただければと思います。
またガソリン携行缶について、セルフ式ガソリンスタンドでは自らガソリン携行缶に燃料を入れる行為は禁止されているので、ご注意ください」

ネットの声

「このパッド触って静電気来た!!というコメントがあるがだからと言ってもう触りたくない というのは違う。ここで放電させとかないと給油中に何かの拍子で放電し、これがガソリンの蒸気に引火してしまう恐れがあるから必ず触ってほしい。フルサービスの給油機には静電気除去パッドが付いていないがこれは制服そのものが帯電しにくい素材だからであって
セルフで給油する一般人が着る服は静電気製造機なので要注意!」

「言われてみると、確かにこの形しか見ない。それよりもセルフの割合の低さに驚いたな。自分が住んでる所では、セルフじゃないスタンドを探す方が難しい。」

「たまにいるらしいですね。軽自動車だから軽油を入れる人。あと、セルフ式なのに店員呼んで給油してもらってる人。
車の仕組みも分からない人は乗らないこと。緊急時のタイヤ交換・修理出来ない。エンジン掛からない→バッテリーがただ上がってるだけ。空気圧不足でタイヤが潰れてる。基本の事も分からない人は何するか分からない。」

「静電気パッドとか給油ノズルとか、みんなが必ず触るからお店もコロナ禍で気を使います。もともとセルフなので店員さんは少ないのに、アルコール消毒をするために走り回っていました。いっそのことレシートが出るちかくにアルコールを置いておいて、給油を終えて車に乗り込む前にお客さん自身が自分の手をアルコール消毒するようにすれば、店員さんの負担も減るのにと思いました。」

セルフ式に不慣れな人がやりかねないのが、油種の間違いです。

とくにディーゼル車にガソリンを入れたり、逆にガソリン車に軽油を入れてしまうと、走行中にエンジンが停止したり、エンジン部品の破損にも繋がり、大変危険です。

給油前に油種の確認を確実におこないましょう。

それと、アルコール消毒をしっかりするのもご時世ですね。

おすすめの記事