「臭くてごめんね...」正露丸の公式ツイッターにネットザワつく!?

異業種企業の交流にSNS「ワロタw」

ラッパのマークで知られる大幸薬品の「正露丸」の公式ツイッターが2日、意味深な内容の書き込みを行いました。

ネットの注目を集めたのです。

また、この投稿に別分野の有名企業アカウントからコメントが届き、そのやり取りがSNSをにぎわせているのです。

臭くてごめんね…

この日、正露丸のツイッターが、「臭いけど効く」という投稿をリツイートしたうえで、「臭くてごめんね…」とツイート。

謝罪、もしくは自虐とも受け取れるこの投稿にまずネットがザワつきました。

これに「森下仁丹」のツイッターが反応。

「どしたん?!急に!!!わしがかき消したる!」と返信。

予想外だったのか、この書き込みに正露丸のツイッターは

「仁丹さん参戦したら大変なことになっちゃうよぉ」と戸惑いを見せたのです。

フマキラーも参戦

すると今度は、殺虫剤などで知られる「フマキラー」のツイッターが…。

「それが君の君だけの愛される個性というものさ」とリプ。

この流れに参加。

正露丸のツイッターは絵文字を交えて「フマキラーさん やさしい」と返信したのです。

さらには時計や電卓などで有名なあの「CASIO カシオ計算機」のツイッターも参戦し、

「どうしたの?」という核心を突くリプライ。

これに正露丸のツイッターは「ちょっとニオイが気になっただけです ぴえん」と答えていました。

企業間で交流

ニオイについて書き込んだツイートをきっかけに業種が異なる有名企業がSNSを通じて交流。

この展開はネットの話題となり、それぞれの書き込みにはフォロワーから

「仁丹さんイケメン過ぎ ワロタwww」

「フマキラーさんのあの酸っぱい香りのアレも実は好き」

などのコメントが届いていました。

その後、正露丸のツイッターは商魂たくましく

「プチバズったので言わせてください」と切り出し、

ニオイのないタイプの「セイロガン糖衣A」をしっかりと告知。

しかし、フォロワーたちには“元祖”の方が意外と評判がいいようで、

「たしかに、飲みやすいけど、臭い方が効く。確実に効く」
「むしろあの臭いが無きゃ不安」
「臭いが大切だと思います」
「保育園の頃からあの臭いが大好きです。」
「意味が分からず糖衣錠買ってしまった時は愕然としました…笑」

といった書き込みが寄せられていました。

ネットの声

「糖衣タイプがあるじゃないか。まぁ俺はいつもの臭いヤツ飲んでるけど、あれは本当によく効く。お腹をよく下すから必ず大瓶を買い置きしてるくらい世話になってる。助かってますありがとう!」

「昔から、“良く効く薬ほど(比例して)副作用も強い”と相場が決まっているものです。 正露丸の効きめに対して、“副作用”が「臭い」程度なら上等ではないでしょうか?。」

「ラッパのマーク・大幸薬品の正露丸より他のメーカーの正露丸の方が値段が安いのでいつもそちらを買ってます。すみません。正露丸の名前が普通名称化したと認められて、他のメーカーが使うのを止められなくなったのだな。「エスカレーター」とかと同じ。ただ、オレンジ色で縦長の箱に赤い文字の縦書きで「正露丸」というパッケージデザインまで似せてるのは大幸薬品さんは面白くないというか、製薬業界は節操無いなとは思う。」

虫歯の痛みにも効果があるので、昔から重宝してましたね。

本当に息の長い薬です。

おすすめの記事