今さらだけど「世界名作シリーズ」アニメのランキングが決まったよ!

往年の「世界名作シリーズ」人気投票 1位『ハイジ』、2位『小公女セーラ』

毎週日曜日夜7時30分から放送されていたアニメ番組“世界名作シリーズ”をご存知でしょうか。

主に欧米の児童文学を原作としたテレビアニメシリーズで、1974年から2009年まで、年に1作品ずつ放映されていました。

その代表作は『アルプスの少女ハイジ』、『フランダースの犬』、『あらいぐまラスカル』など。

人気作の平均視聴率は20%を超え、お茶の間の定番番組となっていたのです。

※“世界名作シリーズ”をどの作品から数えるのかは諸説ありますが、今回はシリーズの流れを決定づけた『アルプスの少女ハイジ』からとします。

日常を丁寧に描く

世界名作シリーズの人気の秘密について、アニメ評論家の藤津亮太さんはこう語ります。

「世界名作シリーズには、それまでの日本アニメに多かったギャグやアクションの要素がなく、日常が丁寧に描かれている点が新鮮でした。それが週1回、1年間、視聴者の生活と並走するように放送され、視聴習慣が定着したといえます。また、家庭的に幸福ではない子供が健気に耐え抜く物語が多く、感情移入しやすい作品が揃っていました」(藤津さん)

アニメで海外ロケハン

内容もさることながら、背景の美しさも私たちを魅了しました。

「『アルプスの少女ハイジ』では、テレビアニメでは初となる現地ロケハンを敢行。以来多くの作品でロケハンが行われ、海外の風景や街並み、生活を美しい絵と音楽でリアルに伝えてくれました。まだ海外旅行が縁遠かった当時、海外の風景を見て胸を高鳴らせた視聴者も多かったでしょう」(藤津さん)

アンケートの結果は

そこで、女性セブンの読者1464人を対象に「好きな世界名作シリーズの作品」についてのアンケートを実施。そのベスト10をご紹介。

第1位 『アルプスの少女ハイジ』(1974年)
第2位 『小公女セーラ』(1985年)
第3位 『フランダースの犬』(1975年)
第4位 『あらいぐまラスカル』(1977年)
第5位 『母をたずねて三千里』(1976年)
第6位 『赤毛のアン』(1979年)
第7位 『家族ロビンソン漂流記 ふしぎの島のフローネ』(1981年)
第8位 『ロミオの青い空』(1995年)
第9位 『ペリーヌ物語』(1978年)
第10位 『七つの海のティコ』(1994年)

ネットの声

「自分は「赤毛のアン」だなー。よくあれだけ原作のエッセンス、香り、色調を忠実にアニメ化出来たものだと思う。それにオープニング/エンディングの曲が素晴らしく品のある名曲だった。このアニメをきっかけに、原作も「リラ」まで全巻(その後新たに出たのは未読だが)を何度も読み返すようになったし。
子供の頃に、こんな高度な芸術作品を毎週、家で気楽に楽しめていたなんて、今思うと本当に恵まれていたんだな。勿論他の作品も含め、制作に携わった全てのスタッフ、キャストの皆さん、本当にありがとう。素晴らしい宝物を戴きました。」

「セーラは再放送で見ました。周りの環境が一変してもそれにくじけず、というよりもそんな中でも周りの登場人物に対する彼女の心優しさ、そして彼女の生き方に感動しました。大人になっても、このストーリー、泣けると思います。」

「「ふしぎな島のフローネ」、7位は大健闘だと思う。結構マイナーだと思っていたのですごくうれしい。
今思うとフローネよりフランツに感情移入して見ていた。オーストリアに独り残っていたら彼はどういう人生を歩んだのだろうか。一旦は家族全員が遭難→死亡宣言聞かされたのだから、決して精神的に強くなかった彼は…。」

「大人になってから村岡花子訳の「赤毛のアン」を読みファンになってから見た世界名作劇場の「赤毛のアン」がとても素晴らしい。
過剰な演出は無く、アンが起こす小波を現実に近い時間感覚で丁寧に丁寧に描いた"大人の作った"良質なアニメ。何度も繰り返して見られる。
特にマシューが亡くなったのにアンが涙が出ないと告白する回はアニメオリジナルエピソードと思ったら原作にはあるのに村岡花子が訳さなかった原作に忠実な映像化と知り驚きました。
蛇足ですが、色々な作品のオマージュが豊富なアニメ「ハヤテの如く」で生徒会長の姉である教師が主人公を無視してわめいているシーンでこの場面の名台詞を再現しており、誰が気づくんだよ!w と思うと同時に製作スタッフのアニメ愛の深さを知りました。
「あらいぐまラスカル」も同じように派手さを抑えた丁寧な作りで好きです。」

「個人的には山ねずみロッキーチャックもエントリーしてほしかった…(ハイジの前の放送だから)」

おすすめの記事