ローカルコンビニの中では一番有名なご存知北海道が誇るコンビニ、「セコマ」ことセイコーマート。

何と言っても北海道ではシェアナンバーワンなだけあって、どこに行ってもセコマがあります。

そんなセコマがとある重要な決断を下し話題になっているのです。

レジ袋が当面の間無料

声を大にして流石はセコマだと言わせてほしいです。

これには北海道、そしてセコマが近隣にある他地域の方も大歓喜したことでしょう。

大歓喜の北海道民

この件について、「セイコーマート」という名前が北海道でなく全国のトレンドワード入りしていてびっくりした人も多かったのでは?

いつも独自の展開で我々を楽しませてくれるセコマ。

たしかに、コンビニでマイバッグに自分で商品を入れるとしたらスペースがないので英断かもしれません。

何でレジ袋を有料化しなくて良いのか

プラスチックごみを減らすため、国の制度に基づいて来月1日から全国の小売店でレジ袋の有料化が義務づけられます。

こう伝えられており、それに対しセコマは

『国の制度で有料化の対象になっていない、バイオマス素材の配合率が30%の袋に切り替えるためだとしています。』

とのこと。

セブン、ファミマ、ローソンは有料化するので、これはスゴイ決断だというのがわかります。

セコマは神対応で有名

2年前の北海道胆振東部地震の時も、他のコンビニが停電の影響で次々と閉まっていく中、

なんと95%ものセコマが営業していたという事実。

北海道地震の時、車から電源をとって唯一営業したコンビニですからね。

中には、店員さんの車のバッテリーから電源をとり営業していたというセコマまであったというスゴさ。

コンビニとして、インフラとしての矜持を感じます。

おすすめの記事