仙台は東北の雄ですね。
東京から見たら地方ということになりますが、東北最大の都市でもあり政令指定都市でもあるのです。
東北新幹線を利用したら2時間ちょっとですから、通勤するには大変ですが、出張でしたら十分に日帰りも可能でしょう。

仙台でお金借りる

言ってみると意外と近いというイメージです。
大阪よりも近いのですから当然と言えば当然ですね。
仙台は、2011年の東日本大震災で大きな被害を受けました。

言ってみると復興も進んでいるのですが随所に当時の爪痕を見ることができます。
被災都市ですから、震災の助成金もあったのですが、それが多くの被災者に回ることはなく、お金に困った人は銀行や消費者金融会社に頼るように多くの借金をしたのです。
銀行では優遇的な措置もあって普段でしたら属性が低くてお金を借りることができないような人も、簡単な審査で銀行からお金を借りることができたのです。

言うなれば震災特例というものですが、借金ですから、借りたお金は返済しなくてはいけません。
住む家もなくこれからの生活や学資や家の建て替えなど様々なことを考えながら、簡単に融資をしてもらえるということで、自分の返済能力以上に借りすぎた人もいるでしょう。
銀行カードローンの金利も低く抑えられたのですが、それでも多額の借金ですから、返済も大変です。

中には消費者金融会社のカードローンからもお金を借りている人も少なくありません。
復興特需で失業率は低いものの、震災の影響で借金体質から抜け出せない被災者は今も数多く存在しているのです。
できるだけ早く震災前の状態に戻したいということから、お金を借りすぎてその返済のために首が回らなくなったという人もいると思います。

銀行の金利は低く借りやすくはあったのですが、多額の借入れは多くの人にボディブローのように効いていったのです。
そうなると返済のために消費者金融会社からお金を借りるようになるのは想像に難くないところです。
土日祝日も借入ができる消費者金融会社のフットワークの軽さは金利以上の価値があるといってもいいでしょう。

大手消費者金融会社のカードローンでしたら、銀行カードローンの金利と大差ないところまできています。
消費者金融会社と銀行では世間体のこともあって消費者金融会社からお金を借りているというのはなかなか人に言えないものですが、生活のためや銀行ローンの返済のために消費者金融会社のカードローンを上手に使っている人が多いのも仙台の借入事情と言えそうです。

仙台でお金を借りるには

宮城県の仙台市でお金を借りようと思うとまずはカードローンの申し込みをしなくてはいけません。
銀行カードローンに申し込んで審査に通ればいいのですが、属性が低いと審査に通るのも難しいでしょう。
特に仙台は多くの被災者が災害援護資金を利用して、返済の据え置き措置を利用してきました。

返済が据え置かれただけで借りたお金が減額されたわけではないので、その据え置き期間も2017年の12月で終わりました。
7年近い据え置き期間ですから、十分な期間であったと思うのですが、実際に返済が始まるとなると借りていた人たちにとっては大きな負担となることは間違いないでしょう。
被災者の生活を立て直すための災害援護資金が、被災者の生活を壊すことにもなりかねないのは皮肉なことです。

実際に流された家の建て替えに一つの世帯で350万円の借入れがあったのですから、この返済が始まるというのは大変なことでしょう。
資金に余力のある人にとってはなんていうことはないのかもしれませんが、350万円で震災前の状態に戻るわけではなく多くの人がそれ以上の借金を抱えているのはわかりきっていることで、これから被災者の人の生活にどのような影響が出るのか懸念されます。

そのため、中には銀行や消費者金融会社のカードローンに申し込む人も少なくないでしょう。
それでも、当然のごとく審査があります。
すでに多額の借金を抱えている人に銀行がいくら被災者であっても追加で融資をすることは考えにくいです。

そうなると頼るのは消費者金融会社となるのですが、多重債務に陥っている人や金融事故を起こしてブラックになっている人では大手消費者金融会社から融資を受けることは難しいでしょう。
かといってどこでもいいからということで闇金に手を出さないようにしたいところです。
そうなると街金など独自の審査を行っている消費者金融会社などでは、債務整理や自己破産をした人でも現在の属性のみで審査してくれるので、場合によっては融資を受けることができるかもしれません。

大手消費者金融会社や一部の中小消費者金融会社のようなカードローンはなく、通常のフリーローンになります。
また金利は利息制限法で定められた上限金利である20%での貸し出しとなるのでその点にも注意しましょう。
また、街金の場合は少額融資が基本ですから、多くのお金を借りたいときにはそれほど力にならないかもしれません。

どうしてもお金を借りたい

お金を借りようと思えば少しでも金利の低いローンがいいのですが、銀行カードローンなどから借入ができないとなると消費者金融会社のキャッシングローンなどを頼ることになります。
借入申込者は審査に通ると契約を結ぶことになるのですが、金額によっては簡単に審査に通ることはないでしょう。
そのためにもいきなり申し込むのではなく、融資相談窓口などで相談したほうが良いでしょう。

すでに返済のためのローンをしているのでしたら、資金繰りが悪くなっていることでしょうから、おまとめローンなどが利用できたらすこしでも複数の債務を一本化したほうがいいでしょう。
他者借り入れが多いと新たな融資を受けることが難しくなるので、万一のときのために借りやすいようにおまとめローンで債務の一本化をするようにしましょう。
属性が低いとどこもお金を貸してくれなくなります。

中には闇金やヤミ金の中でも多少金利を低くしているソフト闇金なども横行しています。
資金繰りに窮している人が多い仙台の人の中には闇金に手を出してさらに窮地に陥っている人もいるかもしれません。
もちろん闇金も「うちは闇金です」といって商売をしているわけではありません。

店舗を持たなかったり店舗に看板がなかったりした場合は闇金を疑ったほうがいいかもしれません。
また、貸金業を営むためには宮城県知事の許可と貸金業協会の会員でなければいけません。
許可証や会員証がなければ闇金と考えていいでしょうから、まずはそういった許可証や会員証があるかどうかなども確認したほうがいいでしょう。

事前にネットなどで許可証と会員証がどういったものなのかを確認しておいたほうがいいかもしれません。
被災世帯の中にはすでに資金繰りが悪化して、どうにもならないという世帯もあるかもしれません。
そういったところが闇金に狙われやすいのは言うまでもありません。

闇金は足元を見てきますからそういった誘惑にまけないようにしたいものです。
生活のためにやむを得ずお金を借りなければいけないというときは、街金に相談するようにしましょう。
街金にもいろいろありますが、もちろん合法で貸金業を営んでいる貸金業者です。

中には優良街金と呼ばれる貸金業者もたくさんありますから、その中から選んで融資を受けるようにしましょう。
街金の場合は自社審査を行っているので、現在の属性で審査をしてくれます。
一般的には働いて収入があり、電話などでの在籍確認が取れたら審査に通ることが多いです。

ただし、気をつけたいのは少額融資が基本であり、10万円くらいが相場の借入額となります。
50万円を街金で借りるのは難しいと考えたほうがいいでしょう。

消費者金融以外で借りる

銀行や消費者金融会社で借りることができなかったらどうしたらいいのでしょうか。
クレジットカードのキャッシングもすでに限度額一杯まで借りている、あるいはキャッシングが停止されている場合でしたら、クレジットカードも使えないと思う人も少なくないでしょう。
しかし、クレジットカードのショッピング枠を利用してお金を手に入れることができます。

これがショッピング枠の現金化です。
現金化を行う業者にクレジットカードのカード番号などを教えて買い物をしてもらいそれを現金化してくれて、申込者の口座にお金を振り込んでくれるのです。
当然手数料は高く仮に10万円の枠があったとすると、10万円の買い物をしてもらって口座に降込まれるのは6割程度の6万円ということになります。

当然ですが、10万円の買い物はクレジットカードで行われているのでその返済は自分でしなくてはいけません。
ですから、クレジットカードのショッピング枠の現金化というのは、その場しのぎにしかすぎないことが多いです。
それでも目の前の支払期日をなんとか乗り切らなくてはいけない場合は、クレジットカードの現金化はとても役に立つことでしょう。

しかし、利息という考えではあまりにも高い手数料を支払うことになるので、これはあくまでも、こういった現金獲得の方法があるということで覚えておきましょう。

実際にはクレジットカードの現金化は無駄が多く、しないほうがいいのは言うまでもありません。

仙台でなんとかしてお金を借りる

一般的には消費者金融会社からお金を借りることになるでしょう。
金融審査はマチマチです。
厳しいところもあれば金融ブラックでも貸してくれるところもあります。

消費者金融会社は大手から街金までかなり幅があるので、この中から探せばきっとお金を貸してくれるところがあるでしょう。
ネット契約できるところもありますし、属性が低くて審査に通るかどうか不安という人は、口コミサイトなどを見てみましょう。
属性の低い、いわゆるブラックの人でもお金を借りることができたという書き込みがたくさんあります。

特に仙台市内には貸金業者も多く、それはいうなればお金に困った被災者目当ての貸金業者が横行しているということですが、闇金ではなくてお金を貸してくれるのでしたら、そういった貸金業者に頼るしかありません。
零細な街金のような消費者金融会社でしたら、貸付限度額も少ないところが多いのですが、中には50万円以上貸してくれる街金もあるかもしれません。

基本的にはブラックOKといった審査基準の低い消費者金融会社を探すようにしたほうがいいでしょう。
被災者向けの優遇措置もなくなり、これから返済が始まるというときに返済のあてがない、資金繰りが苦しいという人は、できるだけ早く返済資金の確保に取り組むようにしましょう。

おすすめの記事