線路にワイヤレスイヤホンを落とす人が続出…JRの対策は??パナソニックと連携も

線路にワイヤレスイヤホン落とす人多過ぎ!パナソニックとJRが「イヤホン用掃除機」を開発

落とした人も駅員さんも辛い件…。

そこでJR東日本はパナソニックに依頼し「ホームの線路に落ちたワイヤレスイヤホン」専用掃除機を開発。

掃除機の先端を細くすることで砕石の間に紛れても回収しやすくイヤホンの形状に近いものだけを吸い取れるというもの。

現在JR池袋駅で試験運用中です。

マジックハンドでは難しい

マジックハンドだと、ワイヤレスイヤホンが小さすぎて砕石の間に紛れたりして、掴みづらくてすぐに拾うのが難しいそう。

駅員が終電後に捜索するなどして現場の負担になっていたことが課題になっていました。

この専用掃除機だとマジックハンドより効率的に回収できるとのことです。

3ヵ月間で950件

JR東日本の東京支社管内全78駅の線路へのワイヤレスイヤホンの落とし物は、7~9月の3ヶ月間で約950件も発生。

この数は同期間の線路への落とし物全体の4分の1を占めているそうです。

「怒涛の電車の乗降時、人とぶつかったりしてホームにうっかり落としたりとか全然ありえる…。」

「マスクをちょっと直そうとしてイヤホンが外れて落としちゃうとかもあるよ」

線路に落とすのもそうですが、混雑している電車内やホームで落としてしまうと、自分で拾うのが困難です。

最悪踏み潰されて壊れるという悲劇も容易に想像ができます。

JRではキャンペーンも

JR東日本東京支社は、11月4日から12月27日まで「線路に落とさ ないで!ワイヤレスイヤホン落とし物防止キャンペーン」を実施しています。

昨今、爆発的に普及しているワイヤレスイヤホン。

電車やホーム、線路にうっかり落としてしまうと、落とした人はもちろん、駅員も辛いので、気をつけましょう。

ネットの声

「自分も電車を降りる歳に、入口でどかない人と押し合いになり、ワイヤレスイヤホン片方を落としました。線路に落ちたのか、それとも電車の車内に落ちたのかはわかりません。
ひとまず片方だけでも使えるマイク内蔵イヤホンだったので、今はテレワークの時に使っています。」

「人混みの中ではワイヤレスイヤホンは使わないほうがいいですね。ちょっとした振動で落ちてしまいますから」

ワイヤレスイヤホンは駅では使いたいけど使いにくいんですよね。

おすすめの記事