ガソリンスタンドで自動給油停止後に少しずつ追加給油するのは危険な行為って知ってた?

価格が安いセルフのガソリンスタンドを見つけると、つい目一杯ガソリンを入れようとします。

自動給油停止後にちょっとずつガソリンを入れてしまう人は要注意。

これって、非常に危険な行為なのです。

ここではガソリンの追加給油がなぜダメなのかご説明します。

ガソリンの自動給油後の追加給油は非常に危険!

ガソリンの価格は地域によって大きく違います。

1L=10円安いと40Lの給油で400円も値段が違ってくるのです。

そのため、安いセルフガソリンスタンドを見つけると少しでも多く給油しようとして、自動給油が停止したあとに、ちょっとずつガソリンを入れてしまう人は少なくないでしょう。

この追加給油は非常に危険な行為なのです。

セルフガソリンスタンドでは「ノズルが満了停止した時の追加給油はしないでください」などと表示されています。

自動給油停止後の追加給油は禁止されているということですね。

その理由は、

  • ガソリンが溢れて吹きこぼれると引火する危険があるため
  • ボディの塗装を痛めることがあるから

以上の2つです。

もし、ガソリンがこぼれたら、すぐに拭き取るようにしましょう。

ガソリンタンクは膨張を考慮して設計されている

価格が安いガソリンスタンドで目一杯給油したい気持ちはわかります。

しかし、ガソリンの追加給油が危険な理由はほかにもあるのです。

ガソリンは揮発性が高いので、気温が上昇すると容積も増えてしまうのです。

そこで、車のガソリンタンクは熱によるガソリンの膨張を考慮して10%程度の余裕を持たせてあります。

つまり、給油中に給油ノズルのセンサーが感知して自動停止したということは、すでにガソリンタンクの設計上の満タンになっているということです。

それ以上ガソリンを入れてはいけないのです。

とくに気温が高い猛暑のときに追加給油するのは絶対に止めるようにしましょう。

正しい満タンを

カタログに書いてあるそのクルマのガソリンタンクの容量は、実際のタンク容積の約90%の数字。

タンク内の油面が給油口に差し込んだ給油ノズルのセンサー触れて、オートストップが働いたということは、すでにタンクは満タンで、一部がインレットパイプにまで逆流してきている状態だということを意味しています。

ガソリン計量器メーカーの大手タツノによると、「オートストップ=満タン」であり、各計量機が誤差の範囲(検定公差)は0.5%以内と計量法で定められているので、非常に正確で信頼できるとのこと。

というわけで、「ふきこぼれ対策」をまとめると以下の通り。

  • 1.給油ノズルを奥に止まるまで確実に差し込む
  • 2.給油ノズルのレバーが止まるまで確実に引く
  • 3.自動的に止まったらそれ以上の給油はしない(絶対に継ぎ足しを行わない)
  • 4.給油後は給油ノズルを確実に元の位置に戻す(ノズルの先端にオートストップのセンサーがついているので、ノズルを地面などに落下させるとセンターが壊れる可能性がある)

以上を守って、正しい「満タン」、安全な給油を心がけるようにしましょう。

ネットの声

「これもやってはいけないが、この間くわえタバコで給油している年配者がいた。流石に注意したが大丈夫と言われそのまま給油し続けたため、私は給油しないでその場を立ち去った。勘弁して欲しい。」

「セルフのガソリンスタンドでバイクに給油していた時、給油機の反対側で車に給油していた女子大生が豪快に吹きこぼしていたなぁ。2-3Lくらい?どうやったら、そんなにこぼせるの?4人組だったから、キャーキャー騒いでいたけれど、事の重大さを解ってないのだろうね。」

「免許歴30年になるけど継ぎ足し給油がNGなんて知らなかった。そもそも、スタンドの人も継ぎ足ししてるし。本当にダメなのなら、自動車教習所で教えるべきだし、オートストップした後は給油出来ない給油ノズルを設置すれば良い。」

じわじわ給油するのもセンサーなどで給油できないようにすればいいのでは…と思ってしまいます。

フルサービスのスタンドでは従業員もじわじわ給油をしています。

あれは、数字を丸める意味があるのだと思いますが、セルフの場合は素人がやりますから、状況も違うのでしょうね。

おすすめの記事