年収1000万円超のアラフォー夫婦の生活実態

世帯年収1000万超のアラフォー夫婦「1000万円する外車所有。外食はもっぱら丸亀製麺です」

30代の年収1000~1200万円世帯は、どのような暮らしぶりなのでしょうか。

金融・保険系の企業に勤務する千葉県の30代女性は夫も同世代で、0歳と3歳の子どもがいます。

「4人家族で2LDK。家賃は10万円ちょっとです。日々の生活には余裕があり、大抵のものは欲しい時にすぐ買えます。平日は子どもと水筒持参で公園や児童館に出かけ、週末はショッピングモールをブラブラ。旅行は近場で、2か月に1回くらいのペース。でもそれが楽しみです。ママ友とのランチも2000円程度なら気兼ねなく行けます」

という声を寄せています。

これまでの海外旅行費は夫婦で500万円「でも貯金は1200万円ほどあります」

引き続き30代で年収1000~1200万円世帯の投稿を紹介します。

IT・通信系勤務の神奈川県の女性は夫婦2馬力で、子どもはいません。

「支出にメリハリをつけているので生活に余裕はあります」といいます。

2LDKの賃貸住宅に暮らしており、家賃は駐車場込みで10万円。

「所有車はコンパクトカー。固定費にはお金をかけません」と生活状況について続けます。

「夫婦の趣味なので、海外旅行にはお金をかけています。昨年は3回行きました。今年は新型コロナウイルスの影響で行けていませんが、その分を株の運用に回しています。これまで夫婦での海外旅行費は、500万円ほど使いました。また、結婚式も人並みに開きました」

それでも女性いわく「貯金は1200万円ほどあります」と明かします。

ただ将来的な住居購入費や子どもの教育費を考えると「これからは旅行する回数も減ってくるかもしれません……」と述べているのです。

「誕生日や記念日には10万円以上使います」

福祉・介護系の会社で働く女性は「フルタイムの共働きで、子どもはいません」。

夫婦ともにあまり派手な生活を好まないことから、「職場にはお弁当と飲み物を持参しています」と日常について明かします。

「外食は丸亀製麺によく行っています。ちなみに車は1000万円超の外車です。高級車でなければ、少しは生活に余裕もできそうなところでしょうが」

余裕はないというが…

女性は「過去にマイホーム購入を検討した際、世帯年収を見越して5000万円以上もする家をめちゃくちゃ勧められました」と住宅販売業者に対する不満も募らせます。

「アラフォー夫婦なので定年まであと少し。そんなに長い期間は稼げないのに。今は世帯年収1000万円超でも、それほど余裕のある生活は送れません」

とコメントしています。

「庭付きの戸建てに住んでいて、家事代行を頼んでいる。家族旅行は2か月に1回、輸入車を所有。今のところ何も不満はない」(女性/医療関係)
「普通のスーパーであれば、値段を見ることもありません。欲しいものは普通に買えていますし、誕生日や記念日には10万円以上使います」(女性/流通・小売系)

といった声も寄せられていました。

おすすめの記事