セブンのエコバッグ、便利では?

一気に折り畳めて、肩への負担も少ないよ!

レジ袋有料化に伴い、今後はコンビニに行く際も「エコバッグ」が必要になってきました。

全国のセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート各店では、6L・20L・40Lの3サイズのエコバッグを販売しています。

エコバッグそのものにもリサイクル素材を使用

エコバッグが必須の時代へ

2020年3月2日より順次発売されている「セブンプレミアム ライフスタイル シュパット コンパクトバッグ」。

セブン&アイ・ホールディングスと、生活雑貨メーカー「マーナ」が共同開発した商品です。

7月からセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンの大手コンビニでは、レジ袋が1枚あたり3円(※一部サイズ除く)で有料化されます。

有料化を前に、ここ最近ツイッターではセブン&アイグループで販売されているエコバッグが「便利そう」「優秀そう」だと注目されています。

このエコバッグは、マーナの簡単に折りたためるエコバッグ「シュパット」をベースに、使いやすさを追求したもの。

素材には「シュパット」では初となる、使用済ペットボトル等の廃プラスチックを主原料とする、再生ポリエステルの生地を採用しています。

エコバッグそのものにもリサイクル素材を使用することで、より一層の環境負荷低減につながっているのです。

使い勝手良好

両端を引っ張ると一気にたためて、付属のゴムバンドでコンパクトにまとめられる、シュパットおなじみの仕様です。

また、風呂敷のように底マチサイズが変わり、袋口が大きく開きます。

お弁当やケーキ箱など底広なものも入れやすくなっています。

持ち手が幅広(6Lは約3cm、20Lと40Lは約4cm)のため、手や肩にくい込みにくくなっています。

洗濯機で洗うこともできます。新型コロナウイルスへの配慮が必要な現在、洗って衛生的に使用したいですね。

6L(1078円)、20L(2178円)、40L(2728円)の3サイズがあり、それぞれネイビー(無地)とレッド(ドット柄)のデザインがあります。

各サイズの特長は?

各サイズの特徴はどういったものでしょうか。

状況に応じて使い分けたくなるのですが、とりあえず最適なサイズを探しましょう。

左から6L(1078円)、20L(2178円)、40L(2728円)

6Lイメージ

6Lサイズ(1078円)は、弁当がすっぽり収まるサイズ。

600mlのペットボトルまで入れられる「ドリンクハンモック」を内側につけることで、温めたお弁当と冷たいドリンクをバッグ内で分けて持ち運べます。

通勤用のサブバックや、ランチバッグとしても便利。

耐荷重は3kgで、バッグ使用時のサイズは約30×23cm、折りたたみ時は約6×9×4cmになります。

20Lイメージ

20Lサイズ(2178円)は、コンビニでたっぷり買う際やスーパーでの毎日のお買い物に使いやすいサイズです。

耐荷重は5kgで、バッグ使用時のサイズは約42×35cm、折りたたみ時は約9×10×4cmになります。

40Lイメージ

40L(2728円)は、まとめ買いに便利な大容量サイズで、買い物かごに掛けられます。

荷物が増える旅行のサブバックとしてもよさそう。

耐荷重は15kgで、バッグ使用時のサイズは約54×42cm、折りたたみ時は約10×12×4cmになります。

エコバッグ選びの参考にしてみてください!


(クリックするとAmazonのサイトへジャンプします。こちらはシュパットの製品ですがセブンのエコバッグとまったく同じものです。)

おすすめの記事