国土交通省は8月4日、乗用車などの衝突被害軽減ブレーキの試験速度の要件強化。

バイクを他の交通からの被視認性向上に向けて、道路運送の保安基準を改正すると発表しました。

国際基準へ

国際連合欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラム(WP29)第180回会合にて、

「乗用車等の衝突被害軽減制動制御装置に係る協定規則」などが改訂されたことから、国内の法令に取り入れるというものです。

バイクは車幅灯と側方反射器

具体的には、乗用車の衝突被害軽減ブレーキの試験速度の要件を強化。

バイクへの昼間走行灯の備付けを可能とするほか、バイクには車幅灯と側方反射器を備えなければならないこととします。

最高速度20km/h未満の原動機付自転車は番号灯に関する基準を適用しないこととします。

2020年9月から

これら道路運送の保安基準などに関してパブリックコメントを実施した上で、2020年9月に公布・施行します。

ネットの声

「そんなことより、40キロぐらいで走ってる無免チャリダー共を取り締まってくれよ。あれ、免許制にしてよ。左折巻き込みそうになるし、平気で道路の真ん中を走る奴がいるし、田舎の峠で謎渋滞するし、やりたい放題だよ」

「二輪車を他の交通からの被視認性向上に向けてって、今でも昼間もライト点灯してるのに車幅灯は有効なのでしょうか?」

「バイクで変わるところは車幅灯と側面に反射材をつけなきゃいけなくなることかな。まあ安全性が高まるのは良いことだけど、違反しても大した罰則にはならないからなぁ。」

より安全になる法改正ですね。形状によってはバイクがかっこわるくなることも…

しかし、まだまだ他に取り締まってもらいたいバイク(クルマも)たくさんありますが…。

これから発売(生産される)バイクということですね。

おすすめの記事