シャープのマスクに落とし穴…入試会場で使えない??

シャープのマスクは使えない? 思わぬ落とし穴に混乱するも…

2021年1月16~17日、初の『大学入試共通テスト』が行われます。

これまで『大学入試センター試験』(通称、センター試験)でしたが、新たに『大学入試共通テスト』として2020年度から始まりました。

大学入試共通テストで気を付けたいのは、センター試験同様、文字の入ったものの着用です。

今回はマスクの着用が必須

特に2021年は、新型コロナウイルス感染症の感染対策としてマスクの着用が必須となっています。

フェイスシールドや、マウスシールドの着用のみでは受験ができません。

そこで、家電メーカー『シャープ』はTwitterで自社製品のマスクについて注意喚起をしました。

特に2021年は、新型コロナウイルス感染症の感染対策としてマスクの着用が必須となっています。

フェイスシールドや、マウスシールドの着用のみでは受験ができません。

シャープTwitterの中の人は

そこで、家電メーカー『シャープ』はTwitterで自社製品のマスクについて注意喚起をしました。

マスクに『SHARP』の文字が入っているため「会場では使えない」と投稿したのです。

その後使用できると連絡が

この投稿の数時間後、『シャープ』のもとに大学入試センターから「シャープのマスクは差し支えなく使用できる」と連絡が届いたといいます。

大学入試センターのウェブサイトには、「英文字や地図などがプリントされているものは、着用しないでください」と記載されているも、企業名のマスクは着用していいようです。

手作りマスクについては、口と鼻がしっかり覆われていて、顔にできるだけ密着していて、洗濯等で清潔にしているものであれば着用しても差し支えありません。

また、英文字や地図等がプリントされているマスク等は着用しないでください。

なお、英文字や地図等がプリントされているマスク等を着用している場合は、試験場で用意している予備のマスクを着用してもらうことがあります。

また、音が出る等、他の受験者へ影響を及ぼす機能のついたマスク(空気清浄機能付きマスク等)は着用しないでください。

他の受験者へ影響を及ぼす機能のついたマスクを着用している場合は、試験場で用意している予備のマスクを着用してもらいます。

新型コロナウイルス感染症対策Q&A|大学入試センター ーより引用

前例のない事態に、想像できないこともあるでしょう。

投稿には「さすが厳しいですね!」「これで安心!」「受験生頑張れ」といった声が寄せられていました。

受験の前はいろいろなことが心配になりがち。

マスク着用が必須という、今までになかった状況下でも、これまでの勉強の成果が発揮できるといいですね。

マスクのサブスク【GALLIDO SANITARY MEMBER 】

おすすめの記事