シャープ公式"中の人"、ついにシャープ製マスクの当選を報告 。

依然として100倍近い倍率。

マスク当選を報告

「シャープさん」の愛称で親しまれているシャープの公式ツイッターは7月10日、

アカウント運営者自身も同社製マスクの抽選販売に当選したことを報告しました。

応募開始当時はサーバーダウンも

この投稿には

「未だに落選が続いています」
「申し込み開始初日に申し込みましたがいまだに当たりません」

などと落選が続いている人からのリプライもみられ、「社員でも当たるんですか」と驚く人も。

応募総数は延べ851万 当選したのは8万6000人。

シャープは4月下旬から、自家製マスクの抽選販売を開始。

当初は、当選倍率が117倍に及ぶなど大きな反響を呼びました。

抽選は毎週水曜日に実施しており、落選した場合でも自動的に翌週の抽選対象になります。

マスク供給が落ち着いても人気

同社サイトによると、7月8日までに計11回の抽選販売を実施。

応募総数は延べ851万5139人にのぼり、うち8万6000人が当選したということです。

"シャープさん"の投稿には

「当選おめでとうございます」などと祝福する人の声があふれました。

中には

「まだ使ってない…」
「何年か後に凄いプレミア価格つきそう」

などとマスクの流通が回復していることもあって、そこまで必要としていない人が当選したケースもあるようです。

シャープ製マスクは、三重県多気工場のクリーンルームで生産。

立体三重構造で、ウイルス飛沫や花粉、PM2.5の侵入を防ぐ効果が期待できるという。50枚入りで税別2980円。

ネットの声

「第10回に当選しました。当選後すぐに手続きをして到着までは約1週間ほどでした。安価に入手できるマスクが増えてきたのは事実ですが、日本製であることはもちろん、この困難な時期に新たにマスクの生産を始めるということへの感謝の気持ちもあって購入させていただきました。もし複数回当選することがあればまた購入させていただくつもりです。ありがとうSHARP。」

「初回から申し込んでたけど9回めの抽選で当たりました。正直諦めてて忘れかけてましたので当選メールでビックリ。もうマスクも出回ってるし一瞬躊躇したけど母が重症化リスク高いため冬にむけての備蓄用に購入しました。シャープさんがマスク不足のために作ってくれたマスクなので有効活用します。」

「先日、10回目で当選。この時期、送料込み4000円は高く如何なものかと思ったが100倍の難関をせっかく通ったので購入しました。3日程使いましたが、確かに品質の良さは有りますね。軽く、大きめで、肌触りも良く息苦しさも無く、耳ゴムは細いのに耳が痛くならない、細かいとこですか鼻の針金も曲がりが良くしっかり形状されます。一般の中国製でも十分でしたが、比べてしまえば品質の違いは感じられます。拘らない方にはあまりオススメしませんが、品質は確かです。」

社員も応募するんだ…という声もありましたが、むしろ公明正大でいいのでは?

おすすめの記事