「シャープマスク」発売4か月後も倍率100倍超 「一生当たる気がしない」もう涙目。

シャープ(大阪府堺市)が販売しているマスクの第20回抽選が、2020年9月9日に実施されました。

今でも倍率100倍

20年4月末の初回販売開始以降、抽選はこれまでに19回実施されました。

当初はマスク不足が深刻で、抽選の度にその人気ぶりが話題になったのです。

あれから4か月以上が経ち、今ではマスクも薬局などで低価格で購入できるようになったのですが、それでも「シャープマスク」は倍率100倍以上です。

最近は回を追うごとに応募者3万人増

シャープマスクは1箱50枚入りの不織布マスクで、価格は2980円(税抜)。

抽選に1度応募した場合、当落に関係なく自動的に次回の抽選対象となります。

抽選の度に当選者にメールが届く仕組みです。

ツイッターには徐々に当選報告や、当たったが購入しなかったという書き込みが増えてきました。

「シャープマスク3回目当たったけど購入権放棄しました」

「旦那がシャープのマスク当選したんだけど買わなかったよね マスクストックめっちゃあるし」

「シャープのマスクの抽選やっと当たったけど、高くて買うの止めた」

ツイッターには嘆きの声も

実際に何度も当たっている人もいるようですが、倍率はいまだに高い。第19回のマスク抽選では、応募者は890万3821人。

販売予定数量は8万7000箱で、倍率約102倍でした。

その前の第18回抽選では応募者887万792人、第17回では883万9027人で、最近でも3万人単位で増えていることが分かります

あまりの人気ぶりに、ツイッターには嘆きの声も続出しているのです。

「SHARPのマスクは一向に当たらない。つーか、一生当たる気がしない」

「シャープのマスクがまだ当たらない」

「シャープマスク初回から申し込んでるのに全く当たらない。2回も当たったって人いるのに」

おすすめの記事