シャープはまだまだマスクを販売するよ!今度はサブスクで30枚1650円!!

シャープは1日、同社の電子商取引(EC)サイトで抽選販売している不織布マスクを毎月1回、定期的に届ける「マスク定期便サービス」を始めました。

同日からECサイトで申し込みを受け付けており、12月下旬から順次発送します。

30枚入りで1650円

同社のマスクを毎月1箱30枚入り1650円(税込み・送料無料)で販売し、申込者の住所の郵便受けに投函(とうかん)します。

「ふつうサイズ」と「小さめサイズ」の2種から選べ、それぞれ1月あたり最大10箱まで購入できます。

従来のマスクは出荷枚数が1億枚

同社のECサイト「ココロストア」では今年4月以降に毎週1回、マスクを1人につき1箱50枚入り(税・送料込み3938円)で抽選販売しています。

これまでの応募総数は約934万人。

11月には出荷枚数が1億枚を突破し、マウスシールドも発売しています。

生産を増強

同社は1日あたりのマスクの生産態勢を当初の約15万枚から約70万枚まで増強。

12月2日から抽選販売分も1人につき2箱まで購入できるようにしました。

同社広報は「購入者からマスクを『必要な時期に安定的に入手したい』との要望があり、定期便サービスを始めた」としています。

ネットの声

「メール来て確認しました。1650円税込みで配送は佐川660円から郵政になり送料無料。今まで50枚で3938円税込みより単価が安いし定期コース1回利用して解約しても解約金ないから全然当たらないとか言ってた人マスク買ってね。」

「今はどこでもマスクは売っている。高価なシャープマスクを買うメリットは無くなったと思う。」

「いろいろ言ってた人ら買ってやれよな。」

マスクが少なかったときの救世主的な存在でした。これからも販売してくれるのは嬉しいですね。

おすすめの記事