シャープ面白すぎやろ!巷で流行っている『友永構文』バチェラー3を見返したくなるかも!?

バチェラー3の衝撃の結末に胸くそ悪さを感じている人も多いと思います。

しかし、男と女のドロドロな関係だと思えば納得…いかないか…。

結末は置いといて、流行っているのが『友永構文』なんです。

先陣を切ってシャープがやってくれてます。

バチェラー3の結末に荒んだ心が癒やされること間違いなし!?

シャープのツイート

10月31日、企業公式アカウント「SHARP シャープ株式会社(@SHARP_JP)」が「炊飯器発売のお知らせ」を投稿しています。

読みにくい文章だなあ…

そう思った人も多いと思います。

このまどろっこしい文章構成…大企業の広告にしては不思議だなと思いますよね。

それでも、バチェラー3を見てきた人にはピンとくるんです。

このツイート、衝撃のラストが話題となった、バチェラー・友永真也氏の特徴的な喋り方を真似たものなんです。

他にもありますよ

次はこれ

もう勘弁してあげて…

悪ふざけがすぎたのか謝罪文もツイートしています…

巷では友永構文が大人気

「世界に一点だけのものオーダーしてきました」
「夫婦になる人は一緒に歩いて行って一緒に未来をつくりあげるイメージなんですね」
「ちゃんと運命の人探し出したいと思ってます」

など…。

どこか自分語りっぽさのある友永氏の言葉。

助詞である「てにをは」を抜きがちなしゃべり方ですね。

Wordで書き起こすと青い波線ばかりになるパターンです。

その独特な言葉の区切り方や語尾のパターンを挙げてみます。

・ほんまに~(ありがとう、嬉しいなどポジティブな言葉)
・正直、~でした
・真剣に考えました
・めちゃくちゃ考えました
・包み隠さず全て話します
・そこに関して何の嘘もないです
・~の強さがどこから来たのか……
・感謝しかないですね

はっきり言い切らず一度切ったうえで「そう思います」「~なんですね」と付け加えています。

こうしてみると、良いことを言っているようで焦れったさを感じます。

単に「ご飯がおいしい」という感想も、

「ご飯ってほんまおいしいですよね、そう思います」

とすると友永構文のできあがり。

関西弁なら、より雰囲気が増すようです。

友永構文を創作してみた

「デザートでふとプリンを食べたくなった気持ち」を友永構文で表現すると…

『さっき、コンビニ向かってたんですね。正直めちゃくちゃ悩みました。ミルクプリンか、焼プリンか。でも気付きました。今真剣に求めてるのは、カラメルのほろ苦さなんですね。そしたら、デザート棚空やったんです。売り切れたんやなって。そう思いました。

プリーン! プリーン!』

視聴者になんとも言えない複雑な心境を残したバチェラーシーズン3。

しかし、友永構文が流行りだしたことで「見返したくなった」というバチェラー視聴者が続出してるんです。

確かにファイナルの後味の悪さと、小気味いい「#友永構文」があいまって、楽しく見返せそうです。

この友永構文を使った「バチェラー3ゲーム」もファンによって考案されています。

#友永構文」も、Twitterで検索すると面白い投稿がザクザク見つかりますよ。

秋の夜長に友永構文で遊ぶのもいいかも??

ネットの声

「シャープに一生ついて行きたくなった。シャープ製品しか買わないよ!」

「ほんまめちゃくちゃ悩みました。僕も炊飯器と真剣に向き合わないといけないなって…。今回はそんな僕の心を揺さぶってくれた炊飯器にしゃもじを渡します。」

「そんなんじゃしゃもじ渡されへん。こんな炊飯器は作り直しや!」

シャープさんホント好き。

おすすめの記事