シフトロックボタン…使ったことがない人が大半…ということは使うときは大変??

「使われないクルマ」と「使ったことない人」が大半! ATシフトレバー横の「シフトロック」ボタンの使い道とは?

エンジンをかけられないときに使う緊急用のボタン

万が一に備えて自分の愛車のシフトロック解除ボタンの使い方を覚えておきましょう。

AT車のシフトゲートの脇にあるシフトロックの解除ボタン(ボタンではなく、キーを差し込むタイプのものもある)。

基本的に普段使うものではなく、あまりにも出番がなさ過ぎて、存在自体を忘れている人も少なくないでしょう。

そんなシフトロックの解除ボタン、そもそも何のためについているのでしょうか。

結論から言うと、

バッテリー上がり
ガス欠
エンジントラブル

以上の状態で、エンジンをかけられないときに、

ギヤをニュートラルに入れて、クルマをロープで牽引したり、手で押したりして動かすためです。

トラブルが起きたときに

しかし、上記のようにトラブルが生じた場合、レッカーを呼ぶにしてもギアがPの位置のままでは故障車を動かすことができません。

そのため、緊急時にエンジンを始動させなくても、シフトレバーを動かせるように、このシフトロック解除ボタンが用意されているというわけです。

実際のシフトロック解除ボタンの使い方は、まずサイドブレーキをかけて、それからフットブレーキを踏みながら、

シフトロック解除ボタンを押し、そのボタンを押したままシフトレバーをPからNに動かせばOK。

細かな部分は、車種によって微妙に違うので、取扱説明書で確認しておくことが肝要です。

サイドブレーキも

また停車していた位置に、少しでも傾斜がついていると、シフトレバーをPからNに動かしただけでクルマが動き出す可能性があります。

そこで、サイドブレーキをかけたまま操作した方が安全です。

滅多に使うことはないのですが、万が一に備えて、自分の愛車のシフトロック解除ボタンの使い方を頭に入れておくといいでしょう。

ネットの声

「カーナビを取り付けるときにシフトレバーが邪魔になる車があるので意外に使います。」

「知り合いのトヨタディーラーの整備士から聞いたんだけど、初期型のアクアとかはシフトロック解除ボタンがあったけど、途中のサービスキャンペーンでシフトロック解除ボタンに蓋がつけられた。理由はシフトロック解除ボタンを誤った使い方して事故したやつがいたかららしい。そんなやつは車の運転するなよ。」

「どちらかと言うとオーディオとか付けるためにインパネとかコンソール外す時に操作する方が頻度から言ったらメインな気がする。」

車によってはシフトロックを解除する鍵穴自体にカバーがかかっているので、そのカバーを解除できる工具を積んどいた方がいいですね。

おすすめの記事