【吉本ドタバタ劇場番外編!】清水圭参戦してすぐに降板する小者感!

いつ果てるとも続く吉本ドタバタ劇場…普段聞かないような名前まで出てきてしまって…清水圭ってまだいたんだ…なんて人まで参戦してます。しかし、清水圭は相変わらずポンコツだった!?

清水圭の告白??

吉本興業所属のお笑いタレント・清水圭(58)が7月22日、自身の公式サイト内のブログを更新しました。

その中で、一連の“闇営業騒動”について会見した同社の岡本昭彦社長(53)から、18年前に恫喝されていたことを明かしたのです。

清水圭はブログの中で、

「忘れもしません。私は18年前の2001年、ドラマ『明日があるさ』第1話において、準備稿に書かれていた私のセリフと出番が、決定稿では半分ほどになり、さらに自分で一番の見せ場だと思っていたシーンが跡形もなくカットされていることを見て、正直憤りました」

と回想しています。


当時のマネジャーに

「なんでこうなったのかの説明がなかったら俺出られへんわ」

と訴えると、後日それまでほとんど面識のなかった岡本氏が突然控え室に現れたというのです。

「マネージャーを楽屋の外に出し、ふたりきりになってから、私の説明を聞くこともなく『なにが文句あるんですか?言うときますけど、テレビ局もスポンサーも清水圭は要らんと言うてるんです。それを吉本がお願いして出られるようにしてあげてるんです。会社のやり方に文句があるなら、いつ辞めてもらってもいいんですよ』と恫喝されました」

と告白したのです。さらに、

「私は『おまえ、所属タレントに向かってそんなひどいことよう言うなぁ。わかった。ドラマには出るけど、もう出て行ってくれ』と言って、帰ってもらいました」

と振り返っています。

「あれから18年。社長になっても岡本氏はなにも変わっていませんでした。まず人払いをして、話を聞かずいきなり恫喝する。このパターンは私の時と全く同じです。以上のことから考えても、宮迫の言葉は信じるに値します」

と断言。

「今日の会見においても岡本氏は何度も『コンプライアンス』と口にしました。ひとを平気で恫喝する人間が芸人のコンプライアンスの話をするってどの口が言うとんねん!」

と怒りをぶちまけたのです。

鼻息は荒かったが…

所属する吉本興業の岡本昭彦社長を批判するブログを投稿し波紋を呼んだタレント清水圭。

しかし、25日までに当該ブログを削除したのです。

岡本社長の記者会見の内容に憤慨し、自身の体験を元にして吉本芸人の中でも一段と批判のトーンが大きかった清水圭

しかし、25日には、当該ブログが消え、最新は24日の投稿、直前が23日で、さらにその前が昨年9月20日の投稿となっているのです。

22日の投稿が多くの方面から波紋を呼び、23日の投稿では

「いっぱいコメントが来てて まぁ、あんなこと書いたらいろんな意見が来ますわなぁは。ひとそれぞれ、いろんな考え方があって当然ええんちゃうかな みんなが同じこと言うてたら、かえってきもちわるい」

などと記しています。

サバンナ高橋が疑義コメント

吉本興業所属のお笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄(43)が23日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に生出演しました。

番組ではこの清水圭ブログを紹介し、高橋にコメントを求めました。

高橋は、少し目を泳がせながらも

「今回のお話と18年前、って時代も空気も違いますし、お仕事も全然違うケースなんで、それを同列にして、岡本さんのことを言うのは、ちょっと違うんじゃないかな、と僕は思いますけどね」

としっかり発言。

「これ(岡本社長の恫喝発言)があったから、常にこれをやってる人、という判断をするのは、何かちょっと…。18年前の話と今の話を同じようにするのは危険な気がします」

と冷静にコメントしたのです。

ブログ削除の経緯を説明

清水圭が7月28日までに自身のブログを更新しています。

吉本の批判記事が“消えた”経緯を説明したのです。


26日に投稿した記事で

「どうしたもんかねぇ 昨日25日のネットのニュースで7月22日のブログを『削除した』という記事が出たのよ どんな内容でも2日間で消えるシステムなのはたったふたつ前のブログを読んでもらえば書いてあるのになぁ」

と説明しています。

清水圭は20日の時点で「おしらせ」として投稿し、

「今日までの分は残しておきますが、ちょっとばかり思うところがありまして、明日からは「今日と昨日の分」しか見られないシステムになります 今まで通りに戻すかどうかは、気分次第でまったくわかりませんが(笑)なにとぞよしなにぃ~」

と説明していたのです。

ネットの声

「芸人云々よりも清水がどういう人間かが分かる出来事でしたね」

「たった2日で消えるシステムだとしても、貴方の人間性を知るには充分な時間でした。今までお疲れ様でした。芸能界はゆっくりお休みください。」

「清水圭さん。便乗失敗。世論を見誤りました。」

批判しかなかったブログでの告発でしたからね。「反応を見て消す」というのは「いけません中のいけません」でした。

本当に小者感しか出てこない。

おすすめの記事