レジ袋有料化で困ったこと…生ゴミの処理袋には食品の袋が効果的

いつも捨ててるアレが生ゴミの臭い対策に!?わざわざ袋を買わないくていいゴミ袋の代用品

7月から全国でレジ袋が有料化になりましたね。全国で有料化となったので、エコバッグを利用される方が増えたのでは?と思っています。

レジ袋有料化に伴い、少し困るのがゴミ袋ではないでしょうか。

レジ袋にゴミを入れてから市の指定袋に入れてゴミを捨てていたという人は多いことでしょう。

そこで、ゴミ袋の代用にもなり生ゴミの臭い・コバエ対策にもなる物を紹介します。

役立つ便利な物とは…

タイトルの「その袋捨てないで!」は、そう!日々でる空き袋。

食パンの袋、お菓子の袋、冷凍食品、ラーメンなどの食品やお菓子の袋です。

小さい袋から大きい袋までサイズは問いません!

とにかく空き袋が出たら保管しましょう。

なぜ食品の袋?

多くの食品の袋にはpp(ポリプロピレン素材)が使われてます。

このppはレジ袋と違い臭いを通しにくいので、生ゴミやおむつなどの嫌な臭いに効果的です!

確かに、ポテトチップスなど開ける前に匂いは全くしないですよね!

一方でスーパーのレジ袋やポリ袋はPE(ポリエチレン素材)が使われてます。

使い方は?

使い方は食品やお菓子の空き袋にゴミを入れていくだけです!

ゴミを入れたら袋をねじり、輪ゴムで留めます。

輪ゴムが無い時は、ねじった所にガムテープを巻きつけるのもおすすめです。

たったこれだけで、ゴミ捨ての際のレジ袋の使用頻度を減らすことができます。

食品やお菓子の袋でないトイレットペーパーやおむつの袋などは、臭いがしないゴミを入れて再利用するといいでしょう。

生ゴミの臭い コバエ対策にも

食品やお菓子の袋はかなり臭いを閉じ込めてくれると実感してます。

特にゴミ箱を開けたときの臭いが、食品などの空き袋を使う前と使った後では臭いに差がありました。

臭いが漏れにくいのでコバエ対策にも抜群です!

また、生ゴミだけでなく子どものおむつ処理にも同様に使えます。

地域によっては食品やお菓子の袋、おむつなどが燃えるゴミで出せなかったりと分別方法が異なります。

各自治体の指定に沿ってゴミを分別してくださいね。

食品やお菓子の袋、生ゴミ、おむつなど 燃えるゴミで捨てれる地域の方はぜひ、試して頂ければ幸いです。

身近にあるものでレジ袋の使用を抑えることができ、生ゴミやコバエ対策にも効果的です。

レジ袋が有料化になり、ゴミ袋で使ってたのに!と思っていましたがこの方法で乗り切ることができます。

ゴミの分別には十分注意して、可能な方はぜひ試してみて下さいね。

おすすめの記事