食パンの袋止め…捨てるのはもったいない…けっこう使える便利グッズだよ!

食パンの袋止め、“あの悩み”を解決する超便利グッズだった。

食パンを買うと付いている袋止め。正式名称を「バッグクロージャー」と言います。おそらく食パンを食べ切ったら、すぐに捨ててしまっているのではないでしょうか。

でも、バッグクロージャーには意外な使い道があるのです。

食パンの袋止めを有効活用しよう

そこで今回は、食パンの袋止め「バッグクロージャー」の再利用アイデアをご紹介します。

電源コードのタグに

コンセントに刺さっている電源コードを抜くとき、どのコードを抜くか迷ったことはありませんか?

バッグクロージャーにコード元の名前を書いておけば、別のコードを抜いてしまう心配がありません。

輪ゴムやヘアゴムをまとめる

絡みやすくて、使いたいモノだけを取り出しにくい輪ゴムやヘアゴム。

バッグクロージャーでまとめておくと、選びやすくなります。

イヤホンをまとめる

クルッと結んでおいたイヤホンをほどいたとき、絡まってイラッとした経験はありませんか?

そんな絡まりがちなイヤホンもバッグクロージャーでまとめるとスッキリします。

袋と一緒に生ゴミ入れにも!

食パンの袋は厚めの素材でしっかりしており、ニオイが漏れにくくなっているので、生ゴミを入れておくのに便利です。

入れ口をバッグクロージャーで留めておけば、イヤなニオイが防げます。

袋もバッグクロージャーも有効活用でき、ゴミ袋の節約にもなるのでとってもエコです。

テープ類の目印に

セロテープやマスキングテープの切り口が見つからなかったり、うまく取れなかったりしてイライラすること、よくありますよね。

そんなプチストレスは、バッグクロージャーを切り口に貼っておくだけで解消できます。

ポイッと捨てずに、もうひと仕事!

食パンを使い切ると同時に捨ててしまいがちなバッグクロージャーにも、たくさんの活用方法があります。

環境問題が深刻化しつつある現代社会で、再利用を考えるのはとても大切なこと。

活用アイデアを参考にして、バッグクロージャーには捨てる前にもうひと仕事してもらいましょう。

おすすめの記事