春風亭昇太の愛車は“トヨタ・パブリカ”1967年製でも壊れない

春風亭昇太、1967年式の愛車トヨタ・パブリカ紹介「買って24年、まったく壊れない」

4月26日発売の雑誌「ENGINE」に“昭和”のものが大好きだという落語家・春風亭昇太が、愛車とともに登場し、“クルマ愛”を語り尽くします。

“憧れ”のパブリカを手に入れたのは24年前

昇太の愛車は、1967年式のトヨタ・パブリカ。

排気量は800ccで、トランスミッションは2段AT。

「買ってから24年、まったく壊れないです」と語る昇太にとっての一番の息抜きは、パブリカで休日に街をぶらりとドライブすること。

クルマ遍歴から、昭和好きの理由まで、クルマと昭和をめぐる、ちょっと幸せな話を、雑誌「ENGINE」6月号(4月26日発売)で披露しています。

1959年生まれの昇太にとって、クルマとは憧れのものだったそう。

当時の大人たちが、頑張ってギリギリ買えるクルマがトヨタ・パブリカだったのです。

昇太はクルマに限らず、その時代のものをこよなく愛しているそう。

自宅にはレトロなものが勢揃い

自宅の部屋には、真空管ラジオや真空管アンプのアナログ・ステレオなどがあり、それらを昭和レトロの電燈から漏れる光が照らしているのだとか。

そんな昇太が“憧れ”のパブリカを手に入れたのは24年前。

以来、休みの日に街をぶらりとドライブするのが、愛車との過ごし方だそうです。

気持ちが完全にオフになれる

「パブリカに乗っているときは完全にオフになれる。カーラジオから流れてくる昭和歌謡なんか聞きながら、運転するとうっとりします」

と語る昇太にとって、クルマは幸せな子どもの頃にタイムスリップするタイムマシンのような存在なのです。

ネットの声

「「パブリカに乗っているときは完全にオフになれる。カーラジオから流れてくる昭和歌謡なんか聞きながら、運転するとうっとりします」と語る昇太にとって、クルマは幸せな子どもの頃にタイムスリップするタイムマシンのような存在であるらしい。」

「旧車好きってお洒落でしょー、な昨今の芸人とは全く違う真の旧車好きさん!昇太さんは車だけではなく周り全てが昭和なところが憧れであり尊敬できます。」

「パブリカはトヨタ版国民車で開発当初から質実剛健シンプルイズベストを地で行く考え方で作られた車で質素過ぎて販売は苦戦したんだよね。どんなに面倒でも定期点検毎のメンテであれば壊れないとも聞く。樹脂だとかゴムだとかの系統による部品が供給できるかが維持のカギなんでしょうね。昇太師匠のパブリカはおぎやはぎの愛車遍歴でも紹介されていた気がするから所有歴も長いし好感が持てますね。」

おすすめの記事