少額融資を希望しても銀行は難色を示します。

5万円あれば…そんなときに頼りになるのが消費者金融なのです。

まずは、相談してみるといいでしょう。きっと力になってくれますよ。

なんとかしてお金を調達したい

なんとかしてお金を調達したいときは、まずは友人知人に頼るのもいいでしょう。
こういうときの友人知人は、とても頼りになります。
なによりも長年のつきあいですから、友人が困っているとすぐにお金を用立てしてくれることでしょう。

それでも、友人知人に頼るお金は、少額に限るようにしなくてはいけません。
少額というと具体的にどのくらいの額かというと、いいところ3万円くらいでしょう。
そのくらいの金額でしたら、財布の中に入っているお金ですから、用立てしてもらうには十分ですし、すぐにでも用立てできる金額だからです。


逆にATMで引き出してもらうようにしてはいけません。
あくまでも、財布の中にあるお金で用立てしてもらうようにしてもらうのが原則です。
このくらいの金額でしたら、友人知人も月の小遣いの範囲で、自由になるお金ですから、それほどダメージにもならないのです。

借りるには、迷惑をかけるにしても、最小限の金額といっていいでしょう。
また、借りる側が今回は、借用書を用意するようにしましょう。
通常でしたら、貸す側が借用書を用意するものですが、友人も借用書を用意するもの気が引けるものでしょう。

その気持ちを察して借りる側で、借用書を用意するのです。
借用書を用意すると何を水くさいと言われそうですが、それでも、友人知人も借用書があると安心と思うのは当然です。
借用書には、次の給料日に一括で返済する旨を一筆書いておきましょう。

間違っても分割払いといったことをしてはいけません。
友人知人が小遣いからスッと出してくれたのですから、最短かつ最優先で一括で返済するようにしましょう。

お金がすぐにでも必要な場合は、家にある不要品などを買い取り業者に買い取りしてもらう方法があります。
不要品の買い取りですから、それほどの買取値になることもなく、買取値が付かない不要品もあります。
そのときでも、引き取ってくれる買い取り業者がほとんどですから、無料で処分できると思って、どんどん不要品の買い取りをしてもらうようにします。

数多く出すことで、買取値の合計が1万円や2万円にもなると思います。
それでも必要金額に足りないときは、家にある書籍やコミックなども、買い取りしてもらうようにします。
人気のコミックの全巻セットがあるようでしたら、かなりの高価買い取りとなるので、そういったコミックが2セット3セットあるだけで、目標金額にすぐに達することでしょう。

書籍にしてもベストセラーよりも、レア本のほうが高く売れます。
いずれにしても、普通の買い取り業者よりも、書籍やコミックの価値の分かる古本屋に買い取りしてもらうといいでしょう。

また、自分の力でバイトをしてお金を稼ぐ方法もあります。
必要なお金が3万円程度でしたら、自分で働いてお金を稼ぐほうが誰にも迷惑をかけません。
しかし、すぐにお金が必要だというときは、日払いのバイトをするしかありません。

その場合、男性でしたら、ガテン系のバイトをするしかないのです。
ガテン系ですから、もちろん肉体労働となり、体力に自信のない人はつらいかもしれません。
もっとも、1回のバイトで1万円くらいにはなりますから、3回程度がんばってバイトをすれば、必要なお金をゲットすることができるのです。

そこで、気をつけなければいけないのが、労災保険の加入です。
これは、雇い主が労働者一人一人に労災保険をかけることが義務づけられているのですが、日払いのバイトの場合、労災保険をかけていないことがあるのです。
ですから、事前に労災保険の加入の有無をしっかりと聞いておくようにしましょう。

労災保険に入っていないまま、バイト中にケガなどをして治療を受けると、自費での治療となってしまいます。
お金が必要で稼ぎにいったのに、逆にお金を使ったということになりかねません。
慣れないガテン系のバイトをすると、思わぬ事故に巻き込まれてしまうこともあるので、十分に注意しましょう。

手っ取り早く、3万円を獲得したいのなら、クレジットカードのキャッシングをすることも有効です。
クレジットカードを持っている時点で、審査には通っているので、すぐにお金を借りることができます。
もちろん、利用可能額の範囲内なのですが、3万円程度なら全く問題ないでしょう。

もっとも、人によっては毎月のショッピング枠ぎりぎりまでクレジットカードを利用している人でしたら、3万円のキャッシングをしてしまうと、翌月のショッピング払いの引き落としが出来なくなってしまう可能性もあります。
これも、立派な延滞となってしまうので、金融事故として信用情報機関に記録されることもあります。

ですから、そういったことも十分に考えて、クレジットカードのキャッシングを利用するようにします。
普段から使わないクレジットカードでしたら、どの銀行からの引き落としになるのかもしっかりチェックしておきます。
いずれにしても、クレジットカードのキャッシングは緊急時にのみ、利用するようにしたほうがいいでしょう。

銀行と消費者金融会社で借りる

ある程度まとまったお金が必要になったときは、銀行か消費者金融会社でお金を借りることになります。
両者を比較すると、やはり金利の低い銀行から借りるのが常套手段でしょう。
消費者金融会社で借りるのは、昔のサラ金をイメージして、アレルギーを感じる人も少なくないでしょう。

サラ金と呼ばれていた時代は、バブル期の前後となるのですが、当時の消費者金融会社の借金の返済に対する取り立ては、とても厳しいものがあったのです。
その取り立ての厳しさから、一家離散や夜逃げ、さらには一家心中といった事件も後を絶ちませんでした。
日本では昔から借金は悪で、返済に苦しむのも自業自得とされてきました。

そのため、サラ金に対してもそれほど厳しい対策が取られずに、高利貸しという言葉がのさばっていたのです。
それが、借金の取り立てが高じて「内蔵を売ってでも金を作れ」という、誰でも知っているような事件が起きたのです。
特に中高年世代では知らない人は、いないといっていいでしょう。

そのような事件が起きて、やっと行政が消費者金融会社をとりしまるようになったのです。
具体的には法律の改正です。
夜間の取り立てができないようにしたことは、大きな進歩といっていいでしょう。

それと、悪名が高かったグレーゾーン金利の撤廃が行われたことは、かなり大きい出来事でした。
そこからさに、それまで取りすぎていた返済利息を、新しい金利で引き直したことで、過払い請求ができるようになったのです。
過去の返済について、過払い請求ができるのはかなり大きな出来ことで、それによって消費者金融会社の多くが経営破綻や廃業に追い込まれたのです。

銀行カードローンに話を戻します。
銀行カードローンは金利が低くて誰でも利用したいと思うのですが、だれでも気軽に借りるということができるわけではありません。
というのも、銀行カードローンの審査基準が厳しくて、ある程度の属性がないと審査に通らないのです。
属性というのはさまざまな項目で成り立っています。

中でも、雇用形態などが大きなウエイトを占めていて、正規雇用の人のほうが収入が安定しているので、銀行カードローンの審査に通りやすいのです。
いっぽうで、非正規雇用の人は、雇用が安定していないと見られて属性が低くなっているのです。

消費者金融会社で借りる

銀行カードローンで借りることができない場合は、消費者金融会社のカードローンで借りるしかありません。
大手消費者金融会社の特徴は、多彩な申し込み方法にあります。
WEBや店頭での申し込みは、もちろんなのですが、電話での申し込みができるのが大きいでしょう。

また、WEB完結という申し込み方法が話題となっています。
これは、郵送物が一切ない申し込み方法なのです。
これからの主流になるくらい、評判になっているといってもいいでしょう。

他には、メガバンクと提携している大手消費者金融会社でしたら、メガバンク行内の自動契約機からカードローンの申し込みができるようになっています。
そして、なんといっても、全国各地に設置されている無人契約機です。

24時間365日稼働していて、いつでもカードローンの申し込みができるのです。
即日融資にも対応していて、当日の22時までに申し込み手続きが終わって審査に通れば、すぐにローンカードが発行されるので、それを持ってコンビニATMでキャッシングすることができるのです。

消費者金融会社は大手消費者金融会社だけではありません。
というよりも、消費者金融会社は全国に2,000社近くあるのですが、数の上ではそのほとんどが中小消費者金融会社と街金で占められているのです。

大手消費者金融会社は、数社でしかないということですね。
そして、消費者金融会社の中では、大手消費者金融会社の陰に隠れている形になっていますが、中小消費者金融会社は業容が、幅広く特徴的な貸金業を営んでいるのです。

中小消費者金融会社の中には、大手並にカードローンを手がけている中小消費者金融会社もありますし、おまとめローンに特化した貸金業者、事業性ローンに特化した貸金業者など、大手にはない個性的な貸金業を営んでいるのです。
街金は地域に根ざした貸金業を営んでいて、特に外部に宣伝する必要も無いので、ホームページを開設していない街金が多いのが特徴です。

ブラックでも借りることができる?

返済不能に陥って債務整理となった人は、ブラックと呼ばれています。
金融事故情報が信用情報機関に記録されている人たちです。
ですから、信用情報機関に照会し、金融事故を起こした人には融資をすることはありません。

もっとも、それが法律で決まっているわけではなく、金融機関や貸金業者の間の不文律であり、一種の社会的制裁と考えていいでしょう。
債務整理は、どちらかというと債務者有利になっていて、貸した側である債権者の収益を圧迫するからです。
そのいっぽうでも、ブラックでも借りることができたという、ネットの口コミサイトに書き込みがされることがあります

これはどういったことかというと、信用情報機関を通さない独自審査を行っているところです。
信用情報機関に通さないのですから、金融事故情報に触れることはありません。
現在の属性のみで審査が行われるので、電話による在籍確認と、収入証明書などを提出できれば審査OKとなるのです。

もっとも、ブラックには貸してはいけないという決まりがあるわけでもないのですが、ブラックでも必ず借りることができるというわけではないので、その点には注意が必要です。
また、ブラックでも借りることができる金額は、10万円程度の少額となります。
少額融資といえば、街金の融資の相場金額も、10万円程度の少額融資となっています。

個人間融資掲示板で借りる

消費者金融会社で借りることができなければ万事休すかというと、そうでもありません。
ネットの個人間融資掲示板を利用するようにしましょう。
個人間での貸し借りとなるのでリスクはありますが、貸し付けする側のプロフィールなどが掲示板にも掲載されているので、実績の多い人から借りるようにするとリスクを低減することができます。


基本的に連絡が取れること、支払い条件などの交渉ごとが終わるとすぐに振り込みなどで貸し付けしてくれます。
金額も10万円程度の少額融資が基本となります。

ネットの声

「アルコシステムまじはやいなっ今日朝一申し込んで、昼一には振り込むてっよ」

「自分は特定調停して完済後2年後でアローが貸してくれたから感謝してるが、金が入ったらまとめて返すつもり。もう2度と繰り返さないために」

「増枠申請して源泉送ったけど枠内しか無理だったぜ。今までは追加書類送れとも言われずに不可だったから期待したのにぃぃ」

ブラックは厳しい…しかしところ変われば大丈夫なところもきっとあるはず。

おすすめの記事