どこも貸してくれないときはどうしたらいい?

やっぱり頼りになるのは消費者金融会社。

消費者金融会社と一口にいってもさまざまな貸金屋があるんです。

銀行や消費者金融会社からお金を借りる

まとまったお金がすぐにでも必要となると、頼りにしたいのが銀行と消費者金融会社です。
金利が低いほうが返済利息も少なくて済むので、借りるならまずは銀行カードローンなどが優先度は高いでしょう。
また、消費者金融会社をいまだにサラ金のイメージを持つ人も少なくありません。

特に中高年世代の人は、バブル期前後のサラ金の強引な借金の取り立てをまぶたに焼き付けている人も少なくないでしょう。
強引な取り立ては、しばしば一家離散や夜逃げ、さらには無理心中などの事件を引き起こしていた時代です。
もともと、日本では借金をするほうが悪い、借金をしても返済すれば問題ないが、返済不能になるのはもっと悪いという風潮があります。

ですから、サラ金の厳しい取り立てがあっても自業自得とする風潮が強かったのです。
ですから、サラ金の強引な取り立てが悪いと感じながらも、さしたる取り締まりもないまま時が過ぎてゆきました。
それでも、「内蔵を売ってでも金を作れ」という事件が起きたときには、さすがに消費者金融会社に対してのバッシングが始まったのです。


それ以降、夜間の電話や訪問での取り立てが規制されることにつながりました。
また、大きな転機となったのが、グレーゾーン金利の撤廃です。
それまで、出資法と利息制限法という二つの法律の間で、上限金利が違っていてその金利差がグレーゾーンと呼ばれていたのです。

より高い金利設定ができる出資法に則って、サラ金は融資を続けていたのです。
それが高金利の原因となっていたので、行政がクレーゾーン金利の撤廃をして、上限金利をより低い金利設定の利息制限法の金利に合わせました。
それが現在につながる上限金利20%なのです。

金利が低く抑えられることになったサラ金にとっては痛手なのですが、さらに痛手となったのが過払い請求です。
過去に遡って、新しい金利で返済利息を計算し直し、払いすぎた利息について債務者が過払い請求できるようにしたのです。
これによって、これまで取り立てる側だったサラ金が、反対に取り立てられる側になったのです。

暴利をむさぼっていたサラ金ほど、過払い請求がかさんでしまって、経営破綻を起こし廃業していきました。
往時は消費者金融会社の数は、3万社を超えていたのですが、現在の消費者金融会社の数は2千社に満たないところまで激減しています。

如何に激しく淘汰されたのかがわかるというものです。

銀行カードローンに話を戻すと、金利が低いので、誰でも銀行カードローンからお金を借りたいと思うものですが、誰でも気軽に借りることはできません。
というのも、銀行カードローンの審査基準が厳しいからです。
銀行カードローンを借りるにも、ある程度の属性の高さが求められます。

この属性というのは、信用度や返済能力、お金の借りやすさを計る指標です。
属性が高いとお金が借りやすく、属性が低いとお金が借りにくいのです。
属性は様々な項目で成り立っていて、複雑に絡み合って属性の高さを決定します。

それでも属性の高さを決める項目として、大きなウエイトを占めているのが雇用形態です。
雇用形態は、正規雇用と非正規雇用の2つに分けられます。
正規雇用はいわゆる正社員のことです。

もういっぽうの非正規雇用は、パートアルバイトや派遣社員、契約社員のことです。
これだけでも、正規雇用の人のほうが属性が高いのはわかるのですが、それは収入が多いとか少ないといったものではありません。
雇用形態で重要なのは、会社が雇用を保証している期間です。

正規雇用の人は会社に入社してから、雇用契約を会社と結ぶのですが、それは定年まで有効です。
つまり、定年まで長い人でしたら、40年以上になるのですが、その期間は会社から雇用が保証されているのです。
終身雇用が崩壊したとされて久しいのですが、それは、働く側に問題があり、一つの会社にとどまらずに転職を繰り返す人が多くなったからです。

それが非正規雇用をたくさん生んでいる要因ともなっているのです。
転職を繰り返していると、いつのまにか正規雇用として雇ってもらえなくなるということですね。
一方の非正規雇用の人の雇用契約は、有期契約になります。

期間は、3ヵ月6ヵ月あるいは1年といった短期間になります。
この期間は、雇用が保証されているのですが、更新時に会社が雇用契約を更新しなければ、即退職ということになります。
これを銀行からみると、安定した収入を得ているとは見られないのです。

それが属性の低さに直結していると考えていいでしょう。
銀行カードローンの審査基準が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者から預かった預金ということが大きいのです。
大切な預かり金をカードローンの原資にしているのですから、審査基準をあげて貸し出す人を厳選しているのです。

また、さらなるリスク回避として、銀行は保証会社と提携しています。
これによって、銀行カードローンに融資の申し込みをすると銀行だけではなく、保証会社の審査も受けなくてはいけません。
当然ですが、保証会社の審査に通らなければ、銀行カードローンの融資を受けることはできないのです。

保証会社の役割は、銀行カードローン利用者が銀行に対して返済不能となった場合、残りの債務の全額を保証会社がカードローン利用者に代わって、銀行に支払います。
そして、改めて立て替えたお金を保証会社がカードローン利用者(債務者)に請求するのです。

その時点ですでに債務整理に入っているので、保証会社は債権回収会社として、債務者と任意整理の交渉に入るのです。
銀行としては、ノーリスクに見えるのですが、返済不能になった以降の返済利息という収益がなくなったわけですから、まったくのノーリスクというわけではありません。

消費者金融会社からお金を借りる

銀行カードローンのデメリットは、即日融資ができない点にあります。
一頃は、メガバンクを中心として、メガバンクのカードローンは即日融資の宣伝をばんばん行っていました。
それが最近ではまったくそのような宣伝を見ることはなくなったのです。

その理由は、警察庁のデータベースへのアクセスの義務化が挙げられます。
不正融資を防止する施策なのですが、銀行カードローンに融資の申し込みをすると、申し込み者の情報を警察庁のデータベースに照会します。
その照会情報を得られるのが早くても翌日以降ということですから、物理的に即日融資はできないということになったのです。

ですから、すぐにでもお金が必要なときは、銀行カードローンでは頼りにならないということです。
そのようなときは、消費者金融会社のカードローンが大きな助けとなってくれることでしょう。
大手消費者金融会社の特徴は、なんといっても多彩な申し込み方法にあります。


WEBや店頭での申し込みはもちろんなのですが、電話で申し込みができるのはポイントが高いです。
単に電話で申し込んで店頭に行く、というのではなくほとんどの手続きが電話で済ますことができるのです。
スタッフの高い対応力が求められるので、大手ならではの申し込み方法といえます。

また、メガバンクと提携している大手消費者金融会社でしたら、メガバンク行内の自動契約機から申し込みができます。
これは何気に便利な申し込み方法です。
そして、大手消費者金融会社ならではの申し込み方法が、全国各地に設置している無人契約機です。

24時間365日稼働しているので、いつでもカードローンの申し込みができます。
即日融資にも対応していて、当日の22時までに申し込み手続きを終えて、審査に通ればローンカードがすぐに発行されるので、それをもってコンビニATMでキャッシングできるのです。
最近では、カードレス対応になっていて、スマホで入出金が可能となっているので、大手消費者金融会社のカードローンはますます便利になってきているといっていいでしょう。

中小消費者金融会社と街金で借りる

消費者金融会社は、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社だけではありません。
というよりも、消費者金融会社の数は2,000社近くあるうちの、大手消費者金融会社は数社程度にしかすぎません。
消費者金融会社のほとんどは、中小消費者金融会社と街金で占められているのです。

中小消費者金融会社の業容は、大手並にカードローンを扱っている中小消費者金融会社もあるかと思えば、街金並みの中小消費者金融会社があるなど、その業容は幅広く、それぞれが特徴のある貸金業を営んでいます。
業容の大きな中小消費者金融会社は、審査基準も大手消費者金融会社に準じているので、審査は消費者金融会社の中では総じてそれなりに厳しいです。
ですから、延滞歴のあるような人は、多重債務に陥っている人でしたら、審査に通ることは難しいでしょう。

しかし、一部の中小消費者金融会社や街金でしたら、審査に通ることも難しくありません。
というのも、そういった消費者金融会社は、信用情報機関に照会しない、独自審査を行っているのです。
独自審査というのは、現在の属性のみで審査をする方法です。

電話による在籍確認と収入証明書が提出できればOKというものです。
こういった貸金業者でしたら、延滞歴や多重債務者だけではなく、ブラックになった人でも借り入れができたという、口コミサイトの投稿があります

街金はどういったところ?

街金は、ホームページを開設していないくらいの零細な貸金業者なのですが、地元に特化した貸金業を営んでいるので、対外的にホームページを持たなくてもいいという考え方もあるようです。
地域内での貸し出しを行っているから、というのがその理由です。
ですから、外部から街金に行こうと思えば、電話番号や住所を頼りに行くしかありません。

店頭での申し込みが基本ですし、WEBからの申し込みが不可能ですからどうしようもありません。
消費者金融会社の場合は、総量規制があり、それにかかるくらいの借り入れをしている人でしたら、それ以上の新規のローンを組むことができません。
しかし、街金の場合は10万円程度の少額融資が基本なので、総量規制にかかっていても、毎月の返済や誤差の範囲の中で借り入れが可能です。

少額融資でよければ、街金を頼るとなんとか借りることができるでしょう。

個人間融資掲示板を利用する

何らかの理由で消費者金融会社から借りたくない、あるいはどこも貸してくれないというときは、最後の砦として、ネットの個人間融資掲示板を利用しましょう。
個人での貸し借りになるので、基本的に審査はありません。
電話やメールなどの交渉で話がつけばすぐに融資をしてくれます。

少額融資が基本となるのでここでも、多くても10万円程度の融資となります。
リスクがありそうですが、貸す側の実績などから判断して融資を申し込むようにすると安心です。

特に多くの実績を持っている人は、安心して借りることができるでしょう。
むしろ借りる側のマナーのほうが問題視されるので、借りる側は誠意を持って対応しなくてはいけません。

ネットの声

「過去に別の会社からお金を借りて支払いを数ヵ月遅延したことがあります。それが審査に響いたのか審査に通りませんでした。電話口の方はとても淡々と礼儀正しかったので、一瞬審査に通ったと勘違いしてしまいました」

「主人に内緒で借入をしたくて相談しました。結果的に消費者金融会社の審査には通りましたが、審査期間や契約段階に進んだときには、電話対応や郵送物などでバレないか冷や冷やしました。」

「大手はキャッシングでも返済でもコンビニATMを利用して行えるのが便利です。僕は毎日忙しく働いていて平日は残業で夜遅くに帰宅することが多いです。もちろん毎月の返済日も同じように夜遅い帰宅になります。」

大手消費者金融会社は、やっぱり安心感が違いますね。

おすすめの記事