どうしてもお金が必要なとき、自分の力でなんとかする?それともお金を借りる?

すぐにお金が必要なときはどうしてる?

すぐにお金が必要なときはどうしていますか?3万円程度の金額が必要なとき、それも今すぐあるいは数日のうちに必要というのでしたら、対応も変わってくるでしょう。
お金が必要なときはいつ来るかわかりません。

だから、そういったときのためにお金は貯めておかなければいけないのです。
しかし、お金を貯めている人ばかりではなく、借金癖があって、財産は借金しかないという人もいることでしょう。
そういった人は手持ち資金がありませんから、急な出費となると途端に困ってしまうのです。

必要な額が3万円程度であっても困ってしまうことでしょう。
そうなるとどうしたらいいのかというと、まずは自力で稼ぐことを考えます。

基本的に、給料日までまだ日にちがあるというときに手持ち資金がまったくないという悲惨な状況では、なんとかして自分の力でお金を調達するしかないのです。

そのためにも、まずは、自分の力でお金を稼ぐ方法を考えましょう
まずは、働くことなんですが、日払いのバイトが基本となるので、求人情報誌なども日払いのカテゴリーから探すことになります。

一般的に日払いの仕事となると、男性向けはガテン系のバイトしかありません。
ですから、体力勝負となるので、体力に自信のない人は止めておいたほうがいいでしょう。
肉体労働となるので体調不良の人も、自分の体調と相談して仕事をするかどうか決めたほうがいいです。


ガテン系の仕事は建築現場が主となるので、慣れていないとケガがつきものです。
そのため雇い主は、労働者に労災保険をかけることが義務づけられているのですが、日払いのバイトでしたら、かけていないこともあります。

そのため、日払いのバイトをする前に雇い主に労災保険はかけているのかといったことを問いただしておいたほうがいいでしょう。

慣れない肉体労働ではケガをする確率が高いです。
労災保険に入ってなくてケガをした場合は、治療費は自腹となるので、働いた以上の出費を強いられることにもなりかねません。

ですから、労災保険の加入の有無の確認は必須と考えたほうがいいです。
日払いのバイトも一回で1万円になることもあるので、3万円が必要でしたら、3回がんばって仕事をこなしたら目標金額達成ということになります。

また、手っ取り早く3万円を獲得したいのでしたら、クレジットカードのキャッシングを利用するのがもっとも手軽です。
すでにクレジットカードを持っている人でしたら、キャッシングの利用可能額が何十万円か決められていると思います。
希に利用可能額が0円という人がいます。

それは、クレジットカード会社からキャッシングが止められているか、自ら申し込み時に審査に通りやすくするために、キャッシング利用可能額を0円に設定したのかのどちらかです。

いずれにしても、キャッシングを普段利用しない人は、利用可能かどうか、利用可能だったら利用可能額はどれくらいかを聞いておいたほうがいいでしょう。

クレジットカード会社はどこもサポートデスクを用意しているので、専用の電話番号に電話して、番号案内から利用可能額を問い合わせることができます。

ただし、クレジットカードのキャッシングは金利手数料がかかります。
これは当然なのですが、ショッピングの翌月一括払いには金利手数料がかからないので、キャッシングも同様と思っている人が少なくありません。

キャッシングの金利手数料は、キャッシングした翌日からしっかりと金利手数料がかかるようになっているので注意が必要です。
もっとも、3万円のキャッシングの金利手数料ですから、千円にも満たないものなので、それほど影響はないでしょう。

金利手数料がかかるのが嫌だというのでしたら、他の方法を考えなくてはいけません。

お金を借りるとなると、他には友人知人に頼るという方法があります。
3万円程度でしたら、普通でしたら財布の中に常に入っていてもおかしくない金額です。

というよりも普通の人でしたら、財布の中にそのくらいのお金は入っているものです。
友人知人でしたらすぐにそのお金を貸してくれることでしょう。

また、銀行にお金を引き出しに行ってまでお金を用立てしてもらうことはないようにしなくてはいけません。
あくまでも財布の中にあるお金である、ポケットマネーで用立てしてもらうようにします。

友人知人もなんの迷いもなくお金を貸してくれることでしょう。
望めばそれ以上のお金も貸してくれると思いますが、多くても3万円程度、財布の中に入っているお金でまかなってもらうようにします。

お金を借りる際は、借りる側から借用書を用意しましょう。
通常でしたら、お金を貸す側が借用書を用意するものですが、友人ですから借用書を用意するのも気が引けるのです。

そこは気を利かして借りる側のほうで借用書を用意します。
水くさいとか言われそうですが、借用書があるかないかでは大きく違いますし、貸す側の安心感につながるのは間違いありません。

また、借用書には次の給料日に一括で返済する旨をしっかりと書いておきましょう。
間違っても分割で支払うといった書き方をしてはいけません。

友人知人との貸し借りはできるだけ早く最優先で返済しなくてはいけません。
それがなんの迷いもなくお金をすぐに貸してくれた友人に対するマナーだからです。

他には、家にある不要品を買い取り業者に買い取りしてもらう方法もあります。
不要品の買い取りですから買取値もそれほどの額にはならないでしょう。

中には買取値が0円というのも少なくないはずです。
それでも数多く買い取りしてもらうことで、多少でも買取値を増やしていくことができるでしょう。

それでも、1万円2万円ということでしたら、まだまだ必要額には到達しそうもありません。
そのようなときはどうしたらいいのかというと、家にある書籍とコミックの買い取りをしてもらうのです。

特に人気コミックの全巻セットがあればかなりの高額買い取りとなるでしょう。
書籍もベストセラーよりもレア本のほうが高値で買い取りしてもらえます。

書籍やコミックを数多く買い取りしてもらうことで、目標金額を調達することができるでしょう。
もっとも、買い取りをお願いするのは通常の買い取り業者よりも古本屋のほうが書籍やコミックの価値がわかるので高価買い取りにつながることが多いようです。

銀行と消費者金融会社でお金を借りる

ある程度まとまったお金が必要なときは、銀行か消費者金融会社に頼るしかありません。
両者を比べた場合、銀行からお金を借りるほうが金利が低いので返済利息も安く済みます。

消費者金融会社は昔ながらのサラ金のイメージが根強くて、消費者金融会社からお金を借りるのにアレルギーを感じる人も少なくありません。

もっとも、背に腹が変えられない場合は消費者金融会社から借りるしかないのですが、まずは銀行からお金を借りるほうがいいでしょう。

銀行からお金を借りる場合でも誰でも気軽にお金を借りるというわけにはいきません。
というのもある程度の属性が高くないと、銀行カードローンに融資のお願いをしても審査に通らないのです。

審査に通るためには属性が高くないといけません。
属性というのは、信用度や返済能力、お金の借りやすさなどを表す指標のようなものです。

属性の高さを決めるのは、さまざまな項目によって成り立っています。
たとえば、居住形態にしても持ち家のほうが借家よりも属性が高くなりますし、雇用形態も正規雇用の人のほうが非正規雇用の人よりも属性が高いです。

正規雇用の人でも、勤続年数によって属性の高さは変わってきます。
このように、さまざまな項目から総合的に属性の高さは判断されるのです。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者から預かった預金という面が大きいです。
大切な預かり金で返済しなくてはいけないものですから、貸し倒れなどを起こさないようにしなくてはいけないのです。

そういったリスクを回避するために銀行は、保証会社と提携しています。
これによって銀行カードローンに融資の申し込みをした際には銀行の他に保証会社の審査にも通らないといけないのです。

保証会社の役割は、カードローン利用者が銀行に対して返済不能となったときに、保証会社はカードローン利用者に代わって残りの債務の全額を銀行に支払います。

その後で改めて立て替えた金額を保証会社は、カードローン利用者(債務者)に請求するのです。
すでに、債務整理に入っている状況ですから、ここから保証会社と債務者の間で任意整理の交渉に入ることになります。

銀行カードローンは、こうみるとノーリスクのように感じますが、返済不能以降の返済利息の収益がなくなるのでまったくのノーリスクというわけにもいかないのです。

消費者金融会社で借りる

銀行カードローンの審査に通らなかった、あるいは属性が不安で銀行カードローンから借りるのをあきらめた人は、消費者金融会社に頼るしかありません。

消費者金融会社といって、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社しか知らない人も多いと思いますが、消費者金融会社は大手消費者金融会社の他に業容の小さな中小消費者金融会社、さらに小規模な消費者金融会社である街金に分けられます。


パターンでいくと、大手消費者金融会社のカードローンを利用するのが常套手段です。
それは、消費者金融会社の中では大手消費者金融会社のカードローンが金利が低く借りやすいローンとなっているからです。

大手消費者金融会社は、多彩なサービスで貸金業界をリードしていると行っていいでしょう。
最近ではWEB完結という郵送物が一切届かない申し込みサービスを開始しています。

そして、大手消費者金融会社の最大の特徴となっているのが、全国各地に設置されている無人契約機の存在です。
24時間365日稼働している優れもので、いつでも融資の申し込みができるのが大きなメリットなのです。

即日融資にも対応しているので、その日の22時までに申し込み手続きを終えて審査に通ればすぐにローンカードが発行されるので、それをもってコンビニATMでキャッシングすることができます。

中小消費者金融会社と街金で借りる

消費者金融会社は、大手消費者金融会社だけではありません。
アコムやプロミスといった大手消費者金融会社は数社しかなく、2,000社近くあるとされる消費者金融会社の多くは中小消費者金融会社と街金なのです。

大手の陰に隠れているだけに、特色を持った中小消費者金融会社も多く、おまとめローンに特化した中小消費者金融会社もあれば、法人向けの貸金業に特化した中小消費者金融会社もあります。

徹底的にコストカットして店頭での申し込みは受けずにWEBのみでの申し込みという中小消費者金融会社もあります。
街金は、業容を拡大せずに地域に根ざした貸金業を営んでいるので、ホームページを開設していないところがほとんどです。
そういった特色のある中小消費者金融会社は、大手消費者金融会社よりも審査基準が緩く、大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ちた人の受け皿的な存在になっているといっていいでしょう。

消費者金融会社ならほぼ借りれる?

消費者金融会社の審査基準を考えてみます。
消費者金融会社では、大手、中小、街金の順に審査基準が緩くなっています

逆に金利は高くなっていくと考えていいでしょう。
これは銀行と大手消費者金融会社の関係にも似ています。
大手消費者金融会社の審査基準は、銀行よりも緩いのですが、それでも過去に延滞歴のある人は消費者金融カードローンに通ることは難しいでしょう。

融資希望額を限りなく少なくする以外、審査に通ることは難しいですし、延滞しても支払えば、損害金を支払って済むということではなく、延滞すること自体が重大に契約不履行ですし、返済不能になる入り口となるのが延滞ですから、金融機関や貸金業者はそこに神経を集中しているのです。

中小消費者金融会社も業容の大きなところでは、ほぼ大手消費者金融会社の審査基準は変わりません。
大きなお金を扱うところも多く、若干審査基準は緩くなっていますが、それでもしっかりと審査は行われ、大手と同じように延滞歴のある人には審査は厳しいと考えていいでしょう。

いっぽうで、一部の中小消費者金融会社や街金では独自審査を行っています。
これは信用情報機関を通さない審査方法で、電話による在籍確認、収入が分かる書類の提出さえできれば、審査OKというものです。
働いていれば大丈夫ということですね。

ネットの口コミでブラックでも借りることができたというのは、たいていこういった貸金業者からの融資です。
かといって、ブラックでも必ず借りることができるというわけではありません。

特に働いているかどうか、収入があるかどうかは必ずチェックされるので注意しましょう。
ネットの個人間掲示板などを利用する人もいますが、消費者金融会社でしたら、少額融資でしたら、借りる術はあります。

総量規制の問題についても、おまとめローンを上手に活用することが大切です。
また、総量規制でも街金のように10万円の融資が相場でしたら、収入の3分の1の借り入れでも、毎月の入出金の中で誤差の範囲もあるので、10万円程度でしたら、十分に借りれるでしょう。

ネットの声

「少し前まで年収が400未満で役職手当もつきつい最近年収450万円になりました。しかし、楽天やその他中小もかなり否決食らってます。これって収入証明書新しく出せば審査通ったりとかはあるんですかね?」

「地元の金融で10万可決でた…散々色んなとこ玉砕したが、穴場があったとは…」

「本人確認の電話がきた。申し込み書の内容確認みたいな感じで勤務先とか家族構成とか聞かれたよ。その場では可決否決の話しは出ない。俺の場合は電話から2時間くらいしてメールきて必要書類の画像をスマホで送った。その後融資OKのメール。電話で話したのは最初だけ」

審査方法は極秘なので推測するしかありませんが、ひょんなところで可決することもあるんですよ。

おすすめの記事