どうしてもお金が必要だ。

そんな危急なときはどうしたらいい?

お金を調達する方法

すぐにでもお金が欲しいときはどうしたらいいでしょうか。
3万円程度のお金が必要なときは、友人知人に頼るのも悪くはありません。
3万円程度でしたら、財布に入っている現金といったものが多く、文字通りポケットマネーとして友人知人も快く融通してくれるでしょう。

それは、長年のつきあいからお互いの信頼関係ができているからです。
友人が困っていたら助けるという暗黙の了解なのです。
もっともお金の融通はポケットマネーに限られます。

ですから、融通しても3万円が限度でしょう。
財布の中にある現金しか頼りにしてはいけません。
ATMで引き出してもらうような、お金を借りるようなことをするのはマナー違反と考えていいでしょう。

それをしてもらうなら、銀行か消費者金融会社から借りるなりして、自分だけの責任でリスクを背負うようにします。
自分にまったくお金がなくて友人知人に頼るのですから、友人も返済してくれるのか一抹の不安を感じるものです。
もっとも、頼めばできるだけ力になってくれるはずですが、友人との関係ではポケットマネーでの融資に限るようにしましょう。


お金を借りる際は、借りる側で借用書を用意します。
普通でしたら、貸す側が借用書を用意するのですが、友人ですから気が引けて用意できないのです。
ですから、そこは気を利かして借りる側で借用書を用意するのです。

そうすると、水くさいとか言われそうですが、何かあったときに借用書があると便利ですし、友人もホッとすることでしょう。
お金のことで長年の友人関係が壊れてしまうことも少なくありません。
ですから、借用書はしっかりと用意するようにしましょう。

また、借用書には次の給料日の翌日に一括で返済する旨を一筆したためておきます。
間違っても分割で支払うといったことをしてはいけません。

友人がすぐにポケットマネーで用立てしてくれたお金ですから、最優先でしかも一括で支払うのがこれもマナーなのです。
何よりも早く友人にお金を返すようにしましょう。
そうすることで、少額のお金が必要になったときは、これからもずっと、困ったときはお互い様の関係が続いていくのです。

必要なお金が3万円程度でしたら、自分で働いて稼ぐという方法もあります。
給料日まで日にちがあり、すぐにでも3万円のお金が必要というのでしたら、日払いのバイトで稼ぐのです。
日払いのバイトも求人情報誌などに掲載されています。

男性の場合は肉体労働、つまりガテン系のバイトが多いので、体力に自信のない人は止めておいたほうがいいかもしれません。
それでも一回で1万円の稼ぎにはなるので、3回がんばって働けば3万円の収入にはなるでしょう。
ただし、慣れない仕事での肉体労働ですから、ケガが心配です。

雇い主は、労働者に労災保険をかけなくてはいけないのですが、日雇いの労働者に労災保険をかけているのか確認しておいたほうがいいです。
ですから、仕事に入る前に労災保険加入の有無をしっかりと聞いておきましょう。

労災保険に入ってなく、ケガをした場合の治療費は自腹になります。
完治まで長引けばかなりの出費にもなりますし、稼ぎたいのに負担のほうが多くなるなんてことにもなりかねません。
ガテン系の仕事で働くときは、特に労災保険に加入しているのかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

また、自宅にある不要品などを買い取り業者に買い取りしてもらうという方法があります。
不要品ですから買取値も低く抑えられることでしょう。
しかし、家にある不要品を処分できるのですから、それに買値が付くのは一石二鳥と考えると気が楽になります。

不要品ですから、買値が付かない場合も買い取り業者によっては、無料で引き取ってくれるのでそれも事前に確認しておくとよいでしょう。
それでも、家にある不要品をかき集めて買い取ってもらうと1万円か2万円くらいにはなります

さらに、家にある書籍やコミックなども買い取ってもらいましょう。
人気コミックの全巻セットでもあればかなりの買い取り値となりますし、書籍もベストセラーよりもレア本のほうが高価買い取りにつながります。

書籍やコミックを多く買い取ってもらうことで、目標金額に到達することでしょう。
書籍やコミックの買い取りは書籍の価値の分かる古本屋に買い取りしてもらうほうがより高い買い取り値になると思います。

3万円程度でしたら、クレジットカードのキャッシングを利用する方法もあります。
クレジットカードのキャッシングを日常的に利用している人でしたら、3万円が必要というときはすぐにカードキャッシングを利用すると思いますが、カードキャッシングを利用したことのない人は、いざ使う段になると躊躇するものです。

一度キャッシングを利用しておくと、いざというときに便利なので一度でもキャッシングはしておいたほうがいいでしょう。
もっともクレジットカードのキャッシングはショッピングと違って翌月一括払いでも、キャッシングの翌日からしっかりと金利手数料の計算がはじまります。

翌月一括払いなら、金利手数料がかからないショッピングとは違うのでその点には注意が必要です。
クレジットカードのキャッシングは、キャッシング機能がある、くらいにとどめておいたほうがいいかもしれません。

銀行と消費者金融会社で借りる

ある程度まとまったお金が必要な場合は、銀行や消費者金融会社からお金を借りるようにします。
両者を比べると金利の低いのは銀行ですから、できるだけ銀行からお金を借りた方が返済利息も少なくて済むので安心です。

それでも。審査基準は消費者金融会社よりも銀行のほうが厳しく、誰でも気軽にお金を銀行から借りることはできません。
というのも、銀行カードローンの審査に通るにもある程度の属性の高さが必要となるのです。
この属性というのは、お金の借りやすさや返済能力、信用度を測る指標のようなものです。

属性は、どういったもので決まるのかというと、さまざまな項目で成り立っているのです。
それは、居住形態も持ち家か借家といったことでも違ってきますし、固定電話があるのかないのかでも違ってきます。

さらには雇用形態が、正規雇用か非正規雇用かといったことでも属性は大きく違ってきます。
また、正規雇用でも勤続年数の長さによっても属性が違ってくるのです。

このように多くの項目で属性は決められて、さらに組み合わせなどもあって複雑になっているのが実情なのです。
そのため、各項目を数値化しポイント制にすることで属性を数字で表すようにしているのです。

これをスコアリングと読んでいて、このスコアリングがある程度の点数以上だと、審査に通るあるいは通らないといったようにしているのです。

銀行は、そのスコアリングのボーダーラインを高めに設定しているということですね。
銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者からの預かり金ということが大きいです。
預金ですから、いつでも引き出しに応じなければいけないので、カードローンが貸し倒れになることは避けなくてはいけません。

そのためのリスク回避として、銀行は保証会社と提携しています。
銀行カードローンに融資の申し込みをする人は銀行だけではなく、保証会社の審査にも通らなくてはいけないのです。

保証会社の役割は、カードローン利用者が銀行に対して返済不能となったときに、保証会社がカードローン利用者に代わって、残りの債務の全額を銀行に支払います。

そして、改めて立て替えた金額をカードローン利用者(債務者)に請求するのです。
すでに債務整理に入っている状況ですから、ここから保証会社は債権回収業者となって、債務者と任意整理の交渉に入るのです。

消費者金融会社のカードローンを借りる

銀行カードローンの審査に通らなかったときは、消費者金融会社のカードローンに頼るしかありません。
ただし、銀行カードローンの審査に落ちてすぐに大手消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをすると審査に落ちる場合が多いです。

これを申し込みブラックと呼んでいて、信用情報機関に銀行カードローンの審査に落ちたということが金融事故情報として記録されているからです。
基本的に、金融事故を照会するとその時点で審査NGとなります。

審査落ちの場合は、6ヵ月で記録が削除されるということなので、審査落ちをした場合は新規のローンの申し込みは6ヵ月待たないといけないということです。

そうなると、すぐにお金が欲しいのに借りることができないので死活問題となるでしょう。
ですから、なるべく審査落ちしないように、しなくてはいけません。

対策としては、事前に店頭窓口などで仮審査をしてもらって審査に通るかどうかを擬似的にしてもらうのです。
大手消費者金融会社のカードローンの特徴はその多彩な申し込み方法にあります。
WEBや店頭での申し込みはもちろんなのですが、電話での申し込みができるのも大きな特徴といっていいでしょう。

WEBでの申し込みは、WEB完結という申し込み方法も加わりました。
これは、自宅に郵送物が一切とどかないもので、これまでも郵送物は送り主がわからないようにしていたのですが、却ってそれが怪しまれる原因にもなっていました。

郵送物が一切届かないWEB完結でしたら、家人に怪しまれることは絶対にない申し込み方法なのです。
また、大手消費者金融会社の中にはメガバンクと提携していているところもあります。

メガバンク行内の自動契約機で、大手消費者金融会社のカードローンの申し込みができるのです。
これは何気に便利ですので、是非とも申し込みの際には利用したいものです。

そして、大手消費者金融会社のカードローンのもっとも大きな特徴となるのが、全国各地に設置してある無人契約機です。
24時間365日稼働している優れものです。


いつでも申し込みができるのがメリットですし、即日融資にも対応していて、その日の22時までに申し込み手続きを済ませて審査に通ればすぐにローンカードが発行されます。
そして、最寄りのコンビニATMでキャッシングができるのです。

最近はカードレスのカードローンサービスも始まっています。
スマホが必須となりますが、スマホで入出金できるので、ローンカードがないことでますますバレにくくなったサービスともいえます。

中小消費者金融会社と街金で借りる

消費者金融会社の中でも、大手消費者金融会社は審査が厳しいです。
延滞歴のある人でしたら、カードローンの審査には通らないでしょう。
そういった人たちの受け皿的な存在となるのが、中小消費者金融会社と街金なのです。

審査基準も緩く、属性の低い人でも十分に借りることができるでしょう。
もっとも返済能力の有無はしっかりと審査するので、働いていることが絶対条件となります。

中小消費者金融会社には、大手にはない特徴をもった貸金業者が多くあります。
おまとめローンに特化し他貸金業者や、法人向けの事業者ローン専門のところ、住宅ローンを扱っている中小消費者金融会社もあります。

それぞれが、特色を持って大手にはない隙間を狙ったような金融商品を扱っているのです。
街金は、地域に特化した貸金業を営んでいて、外部に宣伝する必要もないので、ホームページを持たないところがほとんどです。
融資も少額融資専門となっていて、審査基準がとてもゆるくなっているのが特徴です。

ブラックでも借りれる?

属性が低い人、あるいはブラックの人はお金を借りることができないとあきらめている人が多いと思います。
属性が低いと確かに審査に通らないのが一般的なのですが、ネットの口コミサイトなどを見ると、ブラックでも借りることができたという投稿を見ることができます。
これはガセではなく本当のことです。

審査方法は、信用情報機関を通さない独自審査で行います。
現在の属性のみを重視する方法で、電話による在籍確認と収入証明書の提出ができれば審査OKというものです。
もっとも、それでブラックでも必ず借りることができるというわけではありません。

まず、働いていることが大前提となるのです。
かなり審査通過率は高いのですが、融資額は少額で10万円程度が相場となります。
総量規制にかかっている人でも、このくらいの金額でしたら、月々の入出金の範囲で借りることができるでしょう。

消費者金融会社で借りることができない場合は、ネットの個人間融資掲示板に頼ることになります。
審査もなく、交渉次第ですぐに融資を受けることができるので、どうしてもお金を借りたい時の最後の砦と考えてもいいでしょう。

ネットの声

「『お金貸して』何どしたん
『2万でいいんだ』そんなんで生きてけんの?
『次の給料日に絶対返すから』わかった
?給料日当日?反応無し
(なんでこっちからのアクションなの貸した金返せよとか言いづらいわ)
よく人にお金を借りる方、返せる返せないは抜きにして、お願いですからちゃんと電話下さい。」

「お金を借りる時に気をつけるべきは最初の約束、ルールは守ること。貸してる方はプロセスどうでもよくて結果論でしか物事みてません。○○だから払えません。○○のとこどうでもいいです。結果、払うの?払わないの?それだけです。特にルールや約束破って開き直る人間は色んな処罰があります」

「お金の話をすると日本人は『いやらしい』という。そんな日本人が唯一お金の話をする場面がある。それはお金を借りる時。お金が無くってからお金の話をしても遅い。お金がある時にお金の話をするのが重要なんだよ。金が全てとは言わないが、金で解決出来ることが多いのは事実。」

お金を借りるのって奥が深いです。それでもシンプルにただ返せばいいだけなのですが。

おすすめの記事