10月から消費税が10%に!今回は軽減税率が導入されて食料品と新聞が8%に据え置きされます。それ以外にも消費税がアップされないものがあるんです。

お店で食べたら10%!テイクアウトは8%

今回の消費税増税では軽減税率(8%にすえ置き)が導入されます。その対象は、「食料品」と「定期購読の新聞」ということです。さらに軽減税率対象外のものもあります。

食料品の中でも、お酒と外食は対象外となるので消費税が10%かかります。一番負担感の強い子育て世代がよく利用するものを見てみましょう。

粉ミルクやベビーフードは『食料品』なので8%のまま。おもちゃ付きのお菓子は、価格のお菓子割合が2/3以上なら8%、おもちゃ割合が1/3以上なら10%になります。

みりんも、アルコール1度以上の『本みりん』はお酒と同じで、10%の対象となるのです。

また、外食より家で食べるほうがおトクになります。


ピザの宅配などの出前や食材の宅配サービスは8%のまますえ置かれます。

ちなみに、ファーストフードのテイクアウトは8%になるのですが、お店で食べたら外食になるので10%になるので覚えておきましょう。ここは大事なところです。

新聞も少しややこしいです。家庭で定期購読している新聞は8%ですが、駅で買う新聞は10%となります。

新聞は『一般社会的事実を掲載する週2回以上発行されているもの』という規定があるので、かわいいペットの情報満載の『わんにゃん新聞』や、アニメ情報満載の『アニメ新聞』などを仮に定期購読していたとしても、軽減税率の対象外となります。

家賃や保育料、学校の授業料などは??

消費税率がアップしても、もとから消費税がかかっていないものもあります。

日常生活では、認可保育園の保育料、学校の授業料、生命保険料、商品券、ギフト券は非課税となります。

住居関連では、マイホームを買うときの土地代、売主が個人の中古の家、個人が借りる賃貸物件の家賃も非課税です。

切手には消費税はかかりませんが、10月からハガキが63円、定形郵便は84円に値上げされます。

※認可外保育園でも、都道府県知事等から「認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書」が交付されていれば、保育料が非課税となります。

医療費は非課税…しかし診療報酬がアップ!

医療費は、保険診療は非課税です。しかし、治療に使う医療機器などは消費税がかかるので、病院の支出は増えます。そのため10月から診療報酬が一部上がります。

妊婦健診も非課税です。費用の一部を自治体が助成してくれているので、原則14回分は無料で健診が受けられます。

15回目以降の健診費も非課税ですが、検査によっては消費税がかかるものもあります。当然そこは増税の対象となります。
※自治体によって助成金額や内容は異なります。


自由診療のインフルエンザ予防接種や人間ドックは、消費税の対象なので10%になります。いっぽう、赤ちゃんの予防接種では、『定期接種』は公費で受けられるので変わりません。

しかし『任意接種』は自由診療なので、消費税が10%になります。

実際の負担はどうなる?

子育て家庭を例にとると、10月の消費税増税で、ひと月2,000円から3,000円の支出アップとなるでしょう。

節約ややりくりには限界があるので、収入アップにつながるような自己投資やお金を増やす積み立て投資などに目を向けるほうが得策です。

ネットの声

「大学や専門学校の時に思いっきりカネがかかるのに、幼児教育だけ無償化。これは、子育て支援の重点の置き方が大きく間違ってる。」

かっぱ寿司、10月1日から 自分で詰めた寿司は消費税10% スタッフが詰めてテイクアウトにした寿司は消費税8% になる と書いてあって、この税制のクソさを思い知る

「消費税上げても年配は自民党いれるんだよな。だって年金維持になるからね。若者のことなんか考えてないよ。」

子育て世代の目線で消費増税を見てみましたが、世代間で負担の割合が違ってきそうですね。

おすすめの記事