大手とそれ以外では雲泥の差があると思いがち。しかし地域密着型の消費者金融会社のほうが便利な場合もあるんです。

お金を借りようと思ったら

たいていお金を借りようと思ったときは、すぐにでもお金を借りたいときでしょう。
切羽詰まっていないと、なかなかお金を借りようという気持ちにはならないからです。
それでは、お金を借りようと思ったらどうしたらいいのでしょうか。

多くの人は、銀行からお金を借りたらいいと考えることでしょう。
確かにそうなのですが、そこにはちょっとしたハードルがあるのです。
それは銀行からお金を借りるのは、なかなか難しいということです。

お金を貸すのが銀行の本業ではないのか…と考える気持ちはもっともです。
お金を貸すことの返済利息によって、銀行は潤っているのですから当然ですね。
しかし、銀行の収益源はそれだけではないのです。

預金者からお金を集めることで集中的に運用し、その運用益も大きな収益源となっているのです。
ですから、銀行はお金を貸さないでも他に収益源があるということですね。
だからこそ、銀行はお金を貸すことに慎重になっているともいえます。


と言うのも、貸し出し金利も低く設定していますから、利息によってそれほど大きな収益を得ることができないのです。
そのような様々な理由があって、銀行カードローンなどは審査基準が厳しく、多くの人が銀行からお金を借りようと思ってもそこには高いハードルが待ち構えているということになります。
もっとも、誰にとっても高いハードルというわけではありません。

会社勤めをしていて安定した収入があり、他社借入れがないという人でしたら、問題なく銀行カードローンの審査には通ることでしょう。
銀行カードローンでしたら、オリックス銀行カードローンや三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンなどが人気です。
反対に銀行カードローンの審査基準のハードルが高いと感じる人は、パートアルバイトといったように安定して収入を得ることができない人たちです。

パートアルバイトでも、安定して収入を稼いでいるという人もいると思います。
しかし、そこは正社員とパートアルバイトといった、勤務形態の違いを銀行はよく見ているということですね。
正社員は、多少休んでも月々の給料が変わることはありません。

しかし、パートアルバイトの人は休めば給料はありません。
ですから、用事があってたくさん休んだ月は休んだ分だけ稼げていないということになります。
銀行はそのあたりをかなり重視しているのです。

それが信用度に大きく影響してきます。
銀行は信用度の高い人、これを属性と呼んでいるのですが、ある程度高い属性の人にしかお金を貸さないのです。
ですから、他社借入れがあったり、勤務形態がパートアルバイトといった人は銀行はあきらめて、消費者金融会社のカードローンに申し込むほうがいいでしょう。

すぐにお金が欲しいときは?

すぐにお金が欲しいといった緊急を有する場合もあるでしょう。
そのようなときは銀行カードローンでは、それほど大きな役に立たないかもしれません。
前述したように属性の良い人でしたら、すぐに融資ということもしてもらえるかもしれませんが、銀行の場合は平日の9時から昼の15時までしか営業していません。

それ以外は文字通り営業時間外ですから、融資の申し込みをしても受付や審査は翌営業日となってしまうのです。
それが金曜日だったら週明けの月曜日に受付となりますから、すぐにお金が必要というときにまったく役にたたないのです。
そうなるとどうしたらいいのかというと、消費者金融会社に頼らざるをえなくなるのです。

消費者金融会社は、実店舗の営業時間というのは決まっていますが、24時間WEBでの申し込みが可能となっています。
これは銀行でもWEBでの申し込みは可能ですが、申し込みが可能ということであって受付は銀行の営業時間内となるのです。
その点消費者金融会社のカードローンの申し込みなどは、24時間いつでも受け付けてくれます

実際にその場で審査をしてくれる消費者金融会社も多いですから、すぐに融資が可能となるのです。
それでも消費者金融会社も、会社の業容によって大手消費者金融会社、中小消費者金融会社、そして街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社に分けることができます。
多くの人は、アイフルやプロミス、アコムやレイクといった消費者金融会社を連想することでしょう。

これらは消費者金融会社の中でも、大手の貸金業者となります。
大手消費者金融会社の数は、たくさんある消費者金融会社の中でもほんの数社です。
それ以外は中堅消費者金融会社となっているのです。

その数は、銀行などの金融機関よりも多いかもしれませんね。
消費者金融会社のカードローンのネックとなっているのは高い金利ですが、大手消費者金融会社のカードローンの金利は銀行カードローンの金利よりは高いですが、消費者金融会社全般の中では低く設定されているので、消費者金融会社で借りるなら大手消費者金融会社のカードローンがいいでしょう。


また、大手消費者金融会社は銀行よりも審査基準は低いのですが、消費者金融会社の中では金利とは逆に審査基準は高くなっています。
他社借入れなどがある人の場合は、状況によっては借りにくい場面も出てくるでしょう。

大手消費者金融会社のカードローンのメリット

お金を借りるなら、大手消費者金融会社が使い勝手など総合的に考えて一番借りやすい、使いやすいということになるでしょう。
借りたい場合の利用限度額も高いですから、たくさんキャッシングすることができます。
カードローンの契約も実店舗やWEB経由でのやりとりの他に無人契約機があるので、そこで24時間365日契約することができるのです。

もちろん契約完了後は速やかにキャッシングすることができます。
ですから、大手消費者金融会社は即日融資に完全対応しているということになるのです。
デメリットとしては銀行カードローンよりも金利が高いということでしょう。

その点を重視する人にとってはどうしようもないのですが、他社借入れがあるとか、パートアルバイトで仕事をしている人でしたら、銀行からお金を借りるのは難しい面もあります。
金利が高いから消費者金融会社からお金を借りるのはいやだと言っても、その人が銀行からお金を借りることができなかったらどうしたらいいのでしょうか。
お金を借りないという選択肢もありますが、現実としてお金が必要でその期限が目の前に迫っているのでしたら、借入れできるところからお金を借りるしかないのは当然のことですね。

そうなった場合銀行カードローンの金利の低さに魅力を感じているのですから、消費者金融会社の中でも大手の消費者金融業者のカードローンでお金を借りるほうがいいでしょう。
大手消費者金融会社は、消費者金融ランキングなどでも上位を占めています。
これは、全国のATMが利用できること、無人契約機があること、さらに長年の実績から多くの人が大手消費者金融会社のカードローンを利用していることなどです。

使い勝手だけを考えれば、銀行カードローンを凌駕しているといってもいいでしょう。
大手消費者金融会社は昔のサラ金と呼ばれていた時代は、厳しい取り立てなどが指摘されてそれがいまだにイメージと残っている人もいるでしょう。
当時の消費者金融会社と現在の消費者金融会社は、大手は特に様変わりして別会社になったと考えていいです。

法律も整備されていますし、なによりも上限金利がきちんと設定されている点が大きいです。
そのためできることなら、消費者金融会社の中でも大手消費者金融会社のカードローンを利用するのが一番と言えます。

大手消費者金融会社で借りることができない場合

大手消費者金融会社は消費者金融会社全体の中では、審査基準の厳しい貸金業者となります。
消費者金融会社全体をピラミッドに例えると、頂点に君臨しているのが少数の大手消費者金融会社です。
たくさんの人がまずは大手消費者金融会社からお金を借りようとしているので、そういった人の中から属性の低い人などはふるいをかけるように審査落ちをしているのです。

もちろんこれは大手消費者金融会社が悪いわけではなく、属性を低くしている人の借金状況などに問題があるからです。
それでは、大手以外でお金を借りようと思ったらどうしたらいいのでしょうか。
それも即日融資でなければ困るという人も多いことでしょう。

そうなると、どこで借りたらいいのかというと中堅消費者金融会社や街金となります。
街金は稀にヤミ金では?と勘違いする人もいるようですが、街金とヤミ金は全く違います。
ただし、ヤミ金ですと宣言するヤミ金はいませんから、街金とヤミ金をしっかり区別しておかなければいけません。

目安になるのは、貸金業者は貸金業協会の会員となっていますから、会員証があります。
これは、店舗などでは見えやすいところに提示しておかなければいけないので、それを確認したらいいでしょう。
また、営業には都道府県知事の許可が必要ですから、許可証なども提示されていると思います。

それらがなければヤミ金と考えていいでしょう。
上限金利は20%と決められています。
それ以上の金利設定の場合もヤミ金と考えていいです。

上限金利は年利ですから、月利で20%とヤミ金は言ってくる場合もあります。
年利と月利を間違えないように気をつけましょう。
消費者金融会社の中には、ブラックの人にも貸し出しをする場合があります。

貸し出しをするのはヤミ金では?と考える人もいるでしょう。
しかし、ブラックの人に融資をしてはいけないという決まりがあるわけでも、法律で定められているわけではないのです。
あくまでも、業界の規制事項のようなものですから、ブラックでもお金を貸してくれる消費者金融会社は探せばあるでしょう。

大手以外で即日融資ということでしたら、WEBでしか申し込みの受付をしないという消費者金融会社よりも実店舗での受付をしてくれる消費者金融会社がいいでしょう。
中小消費者金融会社の中にはWEBでの申し込み専用という会社があるかと思えば、店舗での申し込みしか受け付けていないというところもあります。

闇金融と間違えられることの多い街金などでは、WEBに対応していない零細な消費者金融会社なので、店舗受付のみというところがほとんどです。
ネットなどで調べてみると、金融事故を起こしたブラック歓迎という街金もあるみたいですから、それを参考にして行ってみるといいですね。

大手以外で即日融資

大手消費者金融会社以外で即日融資をしてもらいたいなら、中小消費者金融会社あるいは街金がおすすめです。
お金を借りるには他には信販系のローンもあるのですが、消費者金融系カードローンのほうがいいでしょう。
また、カードローンというのは、その名の通り、ローンカードが発行されます。

それによって、ATMでもキャッシングができるのですが、これはシステムが完備されていなければならず、中小消費者金融会社の中でもカードローンを扱っているのは少数です。
ですから、カードローンでお金を借りたいということになると、選択肢も限られてくるという点に注意したほうがいいでしょう。
大手と違って、無人契約機があるわけでもなく、WEBでの申し込みでは消費者金融会社の対応によっては、即日融資は望めない場合が多いです。

ですから、確実に即日融資を狙うなら店舗での申し込みが一番でしょう。
消費者金融会社側も、店舗に直接来てもらうほうが本人確認が容易ですから歓迎してくれることでしょう。
在籍確認も本人確認と同様に簡単にできるので、これも喜ばれることと思います。

消費者金融会社の審査ですが、中小消費者金融会社と街金では、中小のほうが審査は厳しいです。
街金の場合は働いていたらOKといった雰囲気もあります。
反対に無職の場合でしたら、いかなる場合でもお金を借りることはできないと考えたほうがいいです。

いくら審査が甘くて誰でも借りることができると言っても、働いていなければ返済能力がないということでお金を貸してくれないのは当然のことだからです。
即日融資がしたい場合でしたら、そういったことで自分の属性を少しでも上げる努力を日頃からしておくべきですね。
即日融資を受ける場合は店舗でしたら、現金で受け取ることができるほかに銀行振込みをしてくれるケースもあります。

銀行営業時間外でしたら、翌営業日になってしまうので少しでも早く欲しい場合は現金のほうがいいでしょう。
また、消費者金融会社でお金を借りる場合、気をつけたいのは総量規制の問題です。

年収の3分の1までしか借りることができないという規制ですが、他社借入れですでに総量規制に近い残債がある場合は、年収の3ぶんの1の差額までしか借りることができません。
その点には注意が必要です。

ネットの声

「消費者金融からお金を借りようとしているあなた!それ以上借金を増やして大丈夫ですか?お金をそれ以上借りると、地獄を味わうことになります。特に借金を返すための借金は最悪.....」

「こんだけみんな自殺してるなら、誰か1人ぐらい消費者金融からお金借りるだけ借りて俺にプレゼントしてくれんかな?」

「お金、返済期限とか金利とか気にして知人とかから借りようとする人が居るんだよなぁ。キャッシングや消費者金融は嫌だから知人に借りるとか何いってんのとしか思えない」

サラ金から借りるくらいなら知人から借りろ…という言葉と真逆の言葉があって、どっちがいいか悩んでしまいますよね。

おすすめの記事