これは知りたい!初心者のランニングシューズの選び方

初心者でも迷わないランニングシューズの選び方

ランニングに欠かせないランニングシューズ。普通のスニーカーでも走れないわけではありませんが、

ケガなどのリスクを考えると専用のシューズを準備したほうがよいでしょう。

しかし、いろいろな種類がありすぎて、どれを選べばいいのかわからなくなりますよね。

そこで、初心者でも迷わないシューズの選び方をご紹介します。

まずは自分の足のタイプを知りましょう

人によって足の形は異なりますのでシューズを選ぶ前に、まず自分の足の形を知ることが大切です。

大きく分けて3種類があります。どのタイプに当てはまるか確認してみましょう。

エジプト型

親指が最も長く、小指にかけて斜めのラインを描くタイプです。

日本人のおよそ70%がエジプト型といわれています。

親指が外に向いて外反母趾になりやすい傾向があるので、つま先に余裕(捨て寸)のあるシューズを選ぶといいでしょう。

ギリシャ型

人差し指が最も長く、親指と小指にかけて山のような形のラインを描く足の形をギリシャ型と呼びます。

欧米人に多い足の形で、日本人の約20%がこのタイプです。

どんなランニングシューズにもなじみやすいとされています。

スクエア型

親指から小指までほぼ同じ長さで、足先が四角い形をしているタイプです。

一般的なシューズの場合、つま先が狭くなっているので、スクエア型の足には窮屈に感じるかもしれません。

横幅が広めで小指が圧迫されないシューズが適しています。

ランニングシューズを選ぶポイント

今はインターネットでお店よりも安く商品を購入できる時代ですが、

ランニングシューズは実際に履いてみて、歩いたり走ったりしてみないと自分の足に合うかどうかわかりません。

実店舗に出向いて試し履きをし、フィット感を確かめてみましょう。以下にチェックすべきポイントをお伝えします。

かかとがしっかりフィットしているか

かかとがゆるいと、着地するたびに浮いてしまって危険です。ホールド感のあるものを選ぶとよいでしょう。

つま先に1cmくらいの余裕があるか

足の指を自由に動かすためには、つま先に1cmほどの余裕が必要です。

実際に履いてみて足先を楽に動かせるか確認してみてください。

アーチ部分が土踏まずにフィットしているか

アーチクッションの位置が土踏まずとズレがあると、ランニングが不安定になり、疲れやすくなります。

特に、扁平足の人はアーチ部分が崩れている状態なので、アーチクッションの位置に注意しましょう。

ソールの厚さが筋力に合っているか

一流のランナーが履いているような軽量のシューズは、スピード重視の設計になっているため、底が薄くなっています。

ランニングを始めたばかりで筋力が弱い人の場合、このようなシューズを履くとケガをする恐れがあります。

初心者ランナーはソールの厚い、クッション性に優れたシューズがおすすめです。

おすすめの記事