趣味を仕事に…変わった仕事だから価値がある副業5選

副業といえばプログラミングやせどり、デザイン関連といった少し特殊なものが多いイメージです。

しかし中にはもっと変わった副業があり、多くの方に知られないものも多いです。

「一風変わった副業ってどんなもの?」
「実際収入は?」

ここでは、あまり聞かない副業を収入例も合わせてご紹介します。

1.モーニングコール代行の副業

モーニングコール代行は、指定された時間に電話をかけて時刻の伝達とご挨拶をする仕事です。

1件50~100円の歩合制がほとんどで、一度にかけられる本数に限りがあるため大きな稼ぎは期待できません。

しかし都市部や一人暮らしの方を中心に人気が高く、オプションで指定のセリフやシチュエーションの設定で大きく稼ぐ方もいます。

始め方はモーニングコールを運営しているサイトにアクセスし、代行スタッフ募集から登録を行う流れです。

2.プラモデル制作代行

プラモデルの制作が好きな方や、手先が器用な方はプラモデルの制作代行がぴったりです。

技術やレベルにより価格が大きく変動します。

例えばココナラで制作代行やサポートを行っている方は、1件500~1万円と幅が広いです。

ほかにもガンプラ製作代行の会社へ、スタッフとして入ることできます。

3.ゲーム攻略情報

最近ではスマートフォンのアプリゲームが流行っており、やり方次第では大きく稼げる副業です。

  • 自分でブログや情報を発信
  • 攻略情報をサイトに載せて買い取ってもらう

などの方法があります。

初心者の場合は自分でブログを運営するよりも、記事として納品したほうが経験も積めて良いでしょう。

例えば記事として納品する場合、1文字1円だとすれば3,000文字書いて3,000円といった流れです。

攻略サイトの求人に募集するか、クラウドソーシングサービスの記事作成で募集している案件から開始できます。

4.ゲームテスター

ゲームテスターは、配信・発売前のゲームが正常に動くかどうかをテストするものです。

バグや不具合を見抜く必要があり、集中力を要します。

内容次第では単純作業を繰り返さなくてはならないため、精神的にきついと思う方も多いです。

副業サイトの求人では、時給1,000~1,100円あたりが相場ですが、特別なスキルは必要ないので、ゲームが好きでやりこみたい人に向いています。

5.パズル作家

隙間時間を使って行える職業で、パズルは一定の需要があるため非常に人気が高いです。

1つの作品に対し収入は500~1万円と幅が広めで、難易度やジャンルによっても大きく変化します。

クラウドソーシングサービスではほとんど募集がなく、過去にあったもののすぐに終了しているほどです。

専門誌にコネクションを持つか、アルバイト・クラウドソーシングサービスでの募集がないか常にチェックしなくてはなりません。

需要があれば仕事になるのは魅力

実際に副業で稼ごうと取り組まれる方のほか、趣味が転じて副業になることも多いです。

また本業の傍らとして取り組む副業は、つまらないものだと続けるものさえ苦労してしまいます。

副業選びに悩んだら、自分に合った楽しい副業を探してみるのも一つの手段かもしれません。

おすすめの記事