新型コロナウイルス感染拡大の経済対策として、1人あたり10万円の特別定額給付金が支給され始めました。

コロナで収入が減った人たちだけでなく、申請すればすべての国民に支給されるものです。

しかし、中には申請してよいものかどうか、悩んでいる人もいるようです。

「私なんかが申請してもいいのですかね?」

こう語るのは、東京都下に住む74歳女性・Aさん。

長く専業主婦生活をしており、今は夫婦で年金生活をしています。

同年齢の夫は定年後も3年前まで仕事をしており、年間数百万円の収入があったというのです。

マイホームのローンも終わっており、住むところには困りません。

さらに貯金もあるということです。

年金があれば十分に生活できる状況で、夫婦合わせて20万円をもらうことに対しては“罪悪感”があるのだそう。

「多分、私たち夫婦は、生活保護を受けることなく生涯を終えることができると思います。年金もありますし、夫も最近まで仕事をしていたから貯金もあります。今では別にお金をたくさん使う機会もないですし、贅沢もしようとは思いません。今回の“10万円”って本来は苦しい人に渡すべきものですよね? 正直、私たち夫婦は苦しくありません。それなのにもらっていいのでしょうか? 申請するのを今、ためらっているのです」(Aさん・以下同)

収入の増減はたしかにないが…

この夫婦が申請をすれば20万円がもらえます。

この20万円があれば、コロナ禍が終わった後にたとえば台湾やタイへの4泊5日旅行などもできるかもしれません。

夫婦で高級寿司店やレストランに何度も行くことができるでしょう。

もちろんAさんだって、お金があった方がありがたいのは事実。

「なんとか息子・娘、そして孫に財産は遺してあげたい」と思っているからこそ、普段から贅沢をしない節約生活を送っているのです。

そんな最中に出てきた定額給付金。

石橋を叩いて渡るような老後を過ごしてきたAさん夫婦も、最初は「20万円もらえる」と思って喜んだそうです。

しかし、すぐに「私たちは生活に困窮していないし、コロナの影響も受けていないよね」と思い至ったのです。

辞退も考えた

Aさん夫婦は

「これからも様々な給付金の話が出てくるかもしれないけど、もし私たちが1人あたり10万円を辞退すれば、本当に困っている人に20万円を渡してもらえるのだろうか」

と、結論の出ない話し合いを続けているというのです。

Aさんが、この悩みを離れて暮らす40代の息子に相談したところ、

「給付金をもらわなかったとしても、それはただの自己満足。むしろ父さん、母さんの2人で20万円もらってそれを使い切って経済を回す方が、世の中のためになるのでは?」

と言われたというのです。

とはいっても、昭和20年、終戦の年に生まれたAさん夫婦の感覚からすれば

「贅沢をするのは苦しんでいる人に申し訳ない」という思いもあり、

申請書は手許に届いたものの、まだ申請するには至っていないようです。

かくして「一律10万円給付」は受給対象の人々に様々な逡巡をもたらしています。

「もらえるものはもらっておこう」と考えるか、

「もらえるけど、辞退すべきではないか」と考えるか、

コロナで収入に影響を受けなかった年金生活者ならではの悩みがあるようです。

ネットの声

「辞退してもそれは困っている人にはいかないので、生活に余裕があり受給をためらっている人は給付金をいもらいそれを寄付すればいいと思います。繁盛してなさそうなお店で買い物をしてもいいと思います。その方が人を助けるということになると思います。」

「貰った上で、寄付もしくは消費!受け取りしないという選択をしても誰も潤わないし、官僚が好きに出来る余剰予算を与えるだけ!ちゃんと納税もされてきたことでしょうし、当然の権利、貰って清々しく使って欲しいですね!!」

「賛同できる団体に寄付するのもありかと思いますが。地元でコロナ禍で売上げが落ち込んでいる飲食店の売上に貢献するってあたりが無難じゃないでしょうか。」

ひとそれぞれです。自分で使うのが正解。

いずれ増税で取り返しにきますからね。

おすすめの記事