穏やかな日常が戻るとき、それは新型コロナウイルスがしゅうそくしたとき、と言えるのではないでしょうか。

テレビやネットのニュースやツイッターなどのハッシュタグでも用いられている、コロナしゅうそく。コロナのしゅうそくは「収束」、「終息」、どちらを使うのが正しいのでしょうか。

これはいい大人としては間違えたくないところですね。

「収束」と「終息」の違い

「収束」・・・物事の混乱していた状態が、一旦落ち着くこと

今回のコロナ禍の中では、新薬が開発され、新型コロナウイルスによる混乱状態が落ち着いたという場合に使います。

「終息」・・・物事がひとまず完全に終わること

こちらは、例えば新薬に加え予防接種も開発され、新型コロナウイルスの新規発症がなくなったという場合に使います。

収束と終息の使い分けは?

「しゅうそく宣言」は正しくは「終息宣言」です。

「感染症などの流行がおさまって、被害拡大の心配がひとまずなくなったと判断された時に出す宣言」という意味ですね。

収束のあとに終息が来る

「収束」はコロナがひとまず落ち着く状態を指し、「終息」は新型コロナウイルスが完全になくなる状態を指します。

時系列順で考えると「収束」してから「終息」することになりますね。

ネットの反応

「収束が正しいと思っていた…」

「収束が来て終息か…終息宣言が正しいということがわかっただけでも大進歩!」

「本当の意味がわかると、テレビや新聞で使っているニュースがよくわかるようになったよ」

精神的に息苦しく感じることもありますが、自覚を持った行動をひとりひとりが心がけ、まずは1日も早い『収束』を迎えたいですね。

そして、みんなが笑顔で終息となりますように。

おすすめの記事