2019年8月にAIG全英女子オープンを制し、しぶこフィーバーを巻き起こした渋野日向子(21=RSK山陽放送)が、TBS系ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(8日午後11時)に登場しました。

そして、平均視聴率が6・9%(関東地区)だったことが9日ビデオリサーチの調べで分かったのです。

全英優勝で一変

全英女子優勝で、一夜にして激変した渋野の人生。

「スマイル・シンデレラ」とのニックネームも生まれました。

帰国後は、彼女が出場すれば多くのギャラリーが集まり追いかけたのです。

小学2年でゴルフを、同時にソフトボールも始めていた渋野日向子。

作陽高校2年の時、団体で高校日本一に輝きました。

高校卒業後の17年にプロテストを受験したが不合格。

その後、青木翔コーチに出会い、翌18年のプロテストで合格したのです。

今年、全英を制し、フィーバーに包まれる中でも、デサントレディース東海クラシックは8打差を逆転して劇的な逆転V。

勢いはとどまらず、鈴木愛らとの賞金女王争いも、今季女子ツアー最終戦リコー杯までもつれ込み女子ゴルフの人気をけん引しました。

情熱大陸に出演

番組では、活躍の裏で、プレッシャーと闘う渋野の内面にも迫っています。

渋野は

「全英オープン以来、パターで手が震えるようになった」

と明かしたのです。笑顔が少なくなったか?と聞かれれば

「私も人間だから毎日毎日ずっと笑っていられるわけじゃないです」

と明かしました。


渋野の苦悩とともに、青木コーチの証言も紹介。

同コーチは、彼女の強さについて「素直さ」と「継続力」だと発言しています。

プロテストに合格前から続けるパッティング練習は、どれだけ時間が遅くなっても、欠かさず、やり遂げてコースを後にします。

渋野自身は、これの理由を「不安だから」とも話しているのです。

急成長できた理由

旋風を起こした1年が終わろうとしています。

鈴木愛に約757万円差の1億5261万円の2位で賞金女王こそ逃しましたが、1年前は無名で獲得賞金はゼロ円。

ドラマのようなシンデレラ物語を支えたのは青木翔コーチ(36)です。

AIG全英女子オープンではキャディーとしてともに戦い、日本人として42年ぶり2人目のメジャー制覇という快挙に導きました。

今季躍進の裏には、二人三脚の血のにじむような努力と、青木コーチの指導哲学があったのです。

逆転賞金女王こそ逃したものの、ホールアウトした渋野の表情には笑顔が広がりました。

1年前は賞金女王など夢のかなた。

まさにシンデレラのように駆け上がった1年でした。

躍進を支えたのが青木コーチの存在です。

2人の出会いは2年前。

渋野は最初のプロテストで落ち、国内ツアー出場をかけた最終予選会を控えていました。

関係者から「何とかしてやってくれ」と託されたことが始まりだったのです。

「才能だけでやってて、うちに来たときはボロボロ。球を打っても当たらない状態だった」

と青木コーチ。


そこから二人三脚の戦いは始まりました。

オフの合宿ではサンドウエッジだけで1日600~700球。

10ヤードから5ヤードごとに50ヤードまでコーンを立て、それに全部球を当てるドリルを日暮れまで繰り返したのです。

その後はパター。

ウエッジの溝はすり減り、この1年だけでウエッジを7本替えたそうです。

「血のにじむような練習」(青木コーチ)

で、スイングの基礎をたたき込みました。

「半分ぐらい予選落ちして、何とかシード権を取れれば」

と臨んだプロ1年目で

「とんでもないことをやらかしてしまった」

と笑います。

それでも、全英から帰ってきてもゴルフ場の練習でやることは同じ。

青木コーチの課題のドリルを、日が暮れてもできるまで繰り返す渋野の姿がありました。

その中で

「彼女が自分のゴルフを見つけたのが大きい」

と成長を喜んだのです。

クラブのセッティングや選択はすべて青木コーチ任せで気にしない。

ボールを打つ前までキャディーとおしゃべりしていても、打つ直前から本気モードに切り替わる。

そんな渋野の素質と、基礎練習の継続が飛躍の要因となったのは間違いありません。

「自分の経験や失敗談を話しても、渋野の世代には理解できない」

多くを詰め込むような指導者も多いのですが、先回りして答えを教えず考えさせる。

09年にコーチを始め、育てたプロは5人。

シーズン終盤、渋野に対し、将来的な目標として「5大メジャー制覇」と伝えています。

「選手を成長させるには、コーチも成長しないと」

と渋野と同じように青木コーチも成長を続けているのです。

ネットの反応

「今年一年は本当に良く頑張ったと思います。あれだけ注目されても成績は安定していました。最高のルーキーイヤーだろう。
まだまだこれからの選手です。ファンもマスコミの方々も長い目で見てあげて頂きたい。」

「激動の1年。相当なメンタルの強さがないと耐えられなかったでしょう。でも試合以外のときは、普通の21歳の女の子の一面も見られて可愛かったですね。」

「昨年プロテスト受かってのルーキーイヤー。自身でも想像以上の今の状況に戸惑う事も多かったと思います。まだまだルーキー、彼女らしくその個性を失う事なく来期も頑張って欲しいですね。」

いっぽうで、渋野日向子をリスペクトしていないという声もありました。情熱大陸のあり方も問われていましたよ。

おすすめの記事