【コロナ禍】世界からの批判は渋谷健司が仕掛け人?一体何者??

「政府の対応、海外が疑問視」「政府のコロナ対応、海外から批判続出」(朝日新聞)と言う記事が、波紋を呼んでいます。

イギリスのガーディアン紙とBBC 放送および韓国のハンギョレ新聞が、日本のPCR検査数の少なさを理由にして批判をしているという記事です。

特にイギリスは世界2位の3万人の死者と、20万人以上の感染者を出しているので、日本を批判している場合か、という反応が巻き起こったのです。

肩書きを変えて日本批判を繰り返す渋谷氏

よく見てみると、事情はいくぶん微妙なのです。

記事がとりあげている4月30日のBBCの記事でお馴染みの日本批判をしているのは、毎度毎度のあの渋谷健司氏。

日本のメディアでは「WHO事務局長上級顧問」の肩書で各種メディアで日本批判を繰り返している渋谷氏なのです。

海外のメディアに登場する際には決して「WHO事務局長上級顧問」の肩書を使いません。

海外の英語メディアでは、大学の肩書でなければ、「元WHO職員」と名乗っています。

それで目立たなくなるのかもしれませんが、要するに同じ人物ですね。

同じ渋谷氏が、違うメディアに異なる肩書で何度も登場し、お馴染みの日本批判を繰り返しているだけなのです。

めまぐるしく意見が変わる…

新型コロナ問題の「専門家」を自称する産婦人科医の渋谷氏の肩書の不透明性については、これまでも何度か指摘されています。

WHO側に渋谷氏の肩書を証明する根拠がないのです。

しかし日本のメディアは好んで渋谷氏を「WHO事務局長上級顧問」と紹介し続けています。

一部の日本のメディアと比べれば、BBCの記事の方がましです。

色々な意見を紹介する趣旨の記事の中で、一大日本批判キャンペーン展開中の産婦人科医・渋谷健司氏を取り上げているに過ぎないのです。

後に朝日新聞が「海外から批判続出」の記事の根拠にするとは、夢にも思っていなかったでしょう。

それにしても渋谷氏は、怪しい肩書のほかに、何かすごいことを言っているのでしょうか。

渋谷氏は、何週間か前には、日本ではすでに「感染爆発」が起こっている、というセンセーショナルな主張を繰り返していました。

最近になって、「ピークはこれからだ」といった話に、主張を変えています。

今や「とにかく検査が少ないのだから、とにかくそれで日本はダメなのだ」という話にさらに主張を変化させている。

意見を変えてはいけないとは言いませんが、それならせめてどうして意見を変えたのか、責任を持って説明するのが研究者としての最低限の良心であるはず。

こんなことなら意見を言う際には「なお私の意見は私の気まぐれで変更して言わなかったことにする可能性がありますので、ご注意ください」と但し書きを入れるべきでしょう。

まずは自分が住んでいる英国を心配したら?

検査の数は、大きな議論の対象です。

たとえばイギリスのインペリアル・カレッジは、PCR検査を無症状の人にまでむやみに実施しても感染拡大効果が上がるわけでいと言っています。

日本のように症状のある感染者、濃厚接触者、医療関係者らに限定して使うことが有効だとする報告書を出しているのです。

「WHO事務局長上級顧問」という日本人にだけ用いる肩書を使われると、日本人は「ただ産婦人科医・渋谷氏の意見だけを信じる!」と叫ばなければいけないというのは、あまりに馬鹿げているといっていいでしょう。

渋谷氏は、なぜ3万人の死者が出ている自らの居住国のイギリスのことを全く心配しようとはしないのか…。

新型コロナ「専門家」のスーパー産婦人科医なら、まず自らの知見をイギリス社会に貢献するために使うべきではないのか…。

渋谷氏は、日本を批判して説教をするために、異なる肩書を多彩に駆使してまで各種メディアに登場しまくっています。

その前に、まず目の前のイギリスのことを心配するべきですね。

ネットの反応

「こんな人物の言うことをさも重要かの如く報じるマスコミが問題。この渋谷某はまもなく日本は感染爆発して死者何千何万になると予言したが完全に外した。取材するならなんでそのことを追及せえへんねんマスコミ。」

「岡田と言い、渋谷と言い、自分の売名しか目的にしていない。逆に言えば、普段は世間から見向きもされていなかったので、この機会を最大限に利用しようとしているだけ。でも、その思惑は全く逆の結果になるだろうことは、その主張が悉く否定されている今の現実に照らせば、火を見るよりも明らかだ。」

「WHO自体、誰も信じてないですから。よくこの人ノコノコと出てきたもんですね。プロフィール見たら、私は引きますけど。」

雅子皇后の元義弟…経歴は立派なのですが、ネットでの評判がすこぶる悪いのです。

おすすめの記事