夏場が特に紫外線が強いということではないらしいのですが、それでも日差しの強さからくる日焼けには十分に注意したいものです。それでも夏だからといっても外を歩かないわけにはいきませんし、逆に一日に30分は日の光を浴びるようにしたほうがいいという考え方もあるようです。肝心なのは日の光を必要以上に浴びすぎないということになるのかもしれません。
ここでは食べ物で紫外線からのダメージを抑制する方法を考えてみます。

紫外線対策~浴び続けるとどうなるのか

夏の暑い盛りに外に出るには、帽子や日傘、サングラスそして日焼け止めクリームなどの紫外線対策をバッチリにして出かけたら大丈夫と思われがちですが、それでもじわっと効いてくるのが紫外線なのです。

肌が紫外線を浴びると、毒性のある活性酵素が発生してしまいます。体内ではこの活性酵素に対抗する形でメラニンが作られてそれが結果的に黒ずみやシミといったものになってしまうのです。

体の中から紫外線対策をする

日々の生活の中で紫外線を浴びないとか紫外線の侵入を防ぐというのは難しく、ほとんど不可能といってもいいでしょう。

そのような中、紫外線を浴びることで体内にできた活性酵素を暴れさせないために食品で対策を取るようにします。

もっと具体的に言うと、抗酸化作用のある食品、活性酵素の毒を中和する栄養素であるビタミンCやビタミンBを含む食品です。

紫外線のダメージを抑制する食べ物

抗酸化作用のある食べ物、食材は数多く存在します。ですから、これだけを食べればいいというものではなく全体のバランスを考えて食べるようにしたいものです。

女性にとってシミやそばかすといったものは天敵です。それがあるだけで老化してしまったような気になってしまいますので、アンチエイジングを心がける意味でも抗酸化作用のある食べ物や食材はとても大切なものとなるのです。

夏の定番と言えばスイカではなくトマトと答えたい

スイカもおいしいけれどトマトも捨てがたい。夏が旬の食べ物であるトマトは毎日食べてもいいくらいです。

トマトに含まれるリコピンはビタミンB、Cの数百倍の抗酸化作用があると言われていて、メラニンの生成を助ける活性酵素を体の中から除去する働きがあります。


トマトを食べるのは無理、という人は少し効果が落ちますがトマトジュースでも大丈夫です。このときできれば無塩のトマトジュースがいいですよ。そして裏技ではないのですが、トマトケチャップを舐めるだけでも摂取しないよりはマシなようです。

これも今日はトマト食べなかったというときはトマトケチャップでも可です。

バナナも夏の定番

今では一年中食べることのできるバナナですが、元々は夏の食材です。甘いのにカロリーは控えめで、カリウムが豊富でこれはむくみに効果があります。

ダイエットにもぴったりのバナナですが、このバナナも抗酸化作用のある食材なのです。ビタミンの中でもビタミンBは摂取が難しい栄養素といわれていますが、バナナにはたくさんのビタミンBが含まれています。

皮を剥いただけで食べることができるバナナはまさにビタミンBの宝庫なのです。

森のバターと呼ばれるアボガドも抗酸化力が強い

栄養価の高いアボガドです。美容成分がたっぷりでさらに抗酸化作用まであるといった優れものなのです。ビタミンCがたっぷりですから、熱を通さずにできるだけ生で食べるといいでしょう。


さらにアボガドの代名詞ともなっているのがコエンザイムQ10は美容関係で良く聞く名前です。老化を防ぎ若さを維持するという点でもシミやソバカスといった紫外線の影響を排除するのにおおいに役立ってくれるのです。

アボガドとバナナのジュースがとても粋でちょっとしゃれたカフェの定番メニューとなっていることもあります。バナナとアボガドをミキサーにかけるだけですから自宅でも簡単に作ることができますよ。

他にもいろいろな食材が

イチゴ、キウイ、レモンはビタミンCが豊富ですし、これらは通常生で食べるものですから、そのままビタミンCを吸収することができます。

もっともビタミンCは体内に滞留するものではなくて常に補給しなくてはいけません。ですから、フルーツ類などは毎日の摂取か、さらにはサプリなどで補充するといいでしょう。

とにかく活性酵素をやっつける

帽子をかぶっても日傘を差しても活性酵素の侵入を防ぐことはできません。

そうしたら万事休すなのかというとそうでもなく、若い人であれば新陳代謝が活発なので日焼けしてもそれほど影響はありません。女性の場合は20歳代半ばからお肌の曲がり角、そんなときは新陳代謝も衰えがちです。

体の中に入ってくる活性酵素をやっつけるには上に上げた食材が大きな効果を上げてくれるはずです。毎日取りにくいというときはサプリで補いましょう。

活性酵素が発生することで、肌の細胞を破壊し、それが元で肌の老化を招くこととなります。

抗酸化作用の強い食べ物はなんといってもバナナです。

アボガドとバナナのジュースがとても粋でちょっとしゃれたカフェの定番メニューとなっていることもあります。

バナナとアボガドをミキサーにかけるだけですから自宅でも簡単に作ることができますよ。

おすすめの記事