千鳥・大悟、志村けんの愛車購入にファン感慨 「この世で1番カッコいい」

新型コロナウイルスによる肺炎で3月29日に70歳で亡くなった志村けん。

最後の愛弟子”である、お笑いコンビ・千鳥の大悟が、志村けんの愛車である「キャデラック・エスカレード」を購入したことが明らかになりました。

ファンはこの事実を感慨深く感じているようです。

「ファントム」はファンに

5月17日、志村けんの愛車だったイギリスの高級車「ロールス・ロイス」の中でも最高級な「ファントム」。

これは志村けんのファンが購入しました。

存在自体が強烈なため、ファントムがいるだけで、志村けんが飲んでるなということがわかったといういわく付きの車です。

「キャデラック」は大悟に

志村けんは2台の愛車があったのですすが、「キャデラック・エスカレード」の方は大悟が購入したことが明らかになりました。

売り出された2台のうち、「ファントム」をファンが買ったことがきっかけになったようで、「それなら自分が買おう」ということになったようです。

購入価格は約500万円。

大悟は免許を持っていませんが、奥さんが使うかもしれないとのこと。

“最後の愛弟子”の手に渡ったことで、どこか嬉しいような感慨深い思いを抱く人も多いのではないでしょうか。

「本当に仲が良かったんだな」

ファンからは、

「誰かすごい人が死ぬと、ここぞとテレビで泣くか、こんなに仲良しですとツーショットあげるか、そうゆう輩は沢山いるけど、こんなにも静かに志村けんを弔う大悟って、この世で1番カッコいいかも知れない」

「大悟に渡るなら誰も文句は言わんね。志村けんも納得だと思うよ」

「本当に仲が良かったんだな」

と納得の反応が続々と寄せられました。

大悟が免許を持っていないということで、相方のノブさんになりきってツッコミを楽しむ人も続出したのです。

どちらの車も、志村けんのことを強く思っている人の手に渡り何より。

結果として、とても喜ばしいものになりました。

ネットの声

「どこぞの転売屋に買われるより、こうやって関わりのある人が引き取った方がはるかにいい。
きっと大悟なら大事にしてくれる。」

「きっと志村けんも歓んでいるだろうね
免許なくても車を引き取りたいって奥さんからしたらキャデラックなんて運転したくないだろうけど笑
素敵な師弟愛だと思う」

「大事にしてあげてくださいね。志村さんも、ファンの方と大吾が乗ってくれたら嬉しいはず。後ろの席に座ったら、志村さんはここから街を見てたんだ。と不思議な気持ちになるかもですね。
いちいち言いふらさない大吾は好感が持てます。」

志村けんは絶対に喜んでいることでしょう。

早くに都会に出たから免許持ってないのか…地方では考えられません。

おすすめの記事