ザ・ドリフターズのメンバーでタレントの志村けん(本名・志村康徳=しむら・やすのり)がコロナウイルスによる肺炎のため亡くなったことが30日、分かりました。

70歳でした。東京都東村山市出身。

25日に新型コロナウイルスへの感染を所属事務所が発表していましたた。

29日に亡くなっていた

志村けんは3月23日に新型コロナウイルス検査で陽性と判明。

都内の病院に入院していました。

所属事務所のイザワオフィスは同25日に報道各社に文書で発表していました。

関係者によると、志村けんは今年1月に定期健診で胃のポリープが発見され摘出手術のために6日ほど入院していたということです。

一方で、「基本的に通院するような持病もなく体調は良かった」そうです。

29日午後11時10分、都内の病院で死去。70歳。

死因は新型コロナウイルスによる肺炎。

葬儀は親族のみで行い、今後親族と相談しながらお別れの会をとりおこなうか検討するということです。

ドリフターズのメンバーとして

志村けんは1974年、ザ・ドリフターズに荒井注さんの脱退を機に加入。

TBS系「8時だョ!全員集合」の「少年少女合唱隊」のコーナーで地元の「東村山音頭」を歌ったことでブレーク。

加藤茶(77)とのコンビの「ヒゲダンス」、「カラスの勝手でしょ」、「志村、後ろ!」が大流行し、社会現象にもなりました。

さらに、「バカ殿様」は86年からフジテレビ系で特番化され現在まで続く名物番組となっていたのです。

85年に「全員集合」が終了後、加藤と「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」、87年からはフジテレビ系「志村けんのだいじょうぶだぁ」がスタートするなど、日本のお笑い界の代表的な存在でした。

私生活では独身を貫く一方で、プレイボーイとして、たびたび週刊誌などを賑わせていました。

現在も日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」、フジテレビ系「志村でナイト」の週2本のレギュラー番組に出演。

30日スタートのNHK連続テレビ小説「エール」にも未発表でしたが出演が決まっていたほか、20年12月公開予定の「キネマの神様」で映画初主演を飾ることも発表されていました。

往年の全員集合…最高に面白かった回です。

プロフィール

◆志村けん(しむら・けん)本名・志村康徳 1950年(昭25)2月20日、東京・東村山市生まれ。

ザ・ドリフターズの付き人を経て、74年、正式メンバーに。TBS系「8時だヨ!全員集合」で「東村山音頭」のギャグでブレーク。

加藤茶との「ひげダンス」、「カラスの勝手でしょ」「アイーン」など次々にギャグを生む。

主なキャラクターは「バカ殿様」「変なおじさん」「ひとみばあさん」など。166センチ、血液型A。

◆ザ・ドリフターズ 64年にいかりや長介さん(04年死去)をリーダーにしたコミックバンドとして誕生。

他のメンバーは加藤茶、荒井注さん(00年死去)、高木ブー、仲本工事。

66年にザ・ビートルズの日本武道館公演の前座を務めた。

74年に荒井さんが抜けて志村けんが加入。

69年にTBS系「8時だヨ!全員集合」が放送開始。

77年にフジテレビ系「ドリフの大爆笑」がスタートし、コントグループとしても国民的人気となった。

70年に「ドリフのズンドコ節」がミリオンヒット。

ほかに「いい湯だな」「ミヨちゃん」「誰かさんと誰かさん」などの代表曲がある。

ネットの声

「志村けんさんは国民に笑いと笑顔をもたらしてくれた偉大な方。かつては死亡説が出たりしたが、本当に亡くなってしまうとは・・・。
悲しすぎるし、ショックが大きすぎる。ご冥福をお祈りします。」

「信じられない。只々、信じられない。たくさんのお笑いを届けてくれて、すごく感謝しています。もう、観れないと思うと残念で仕方ない。」

「いかりやさんが亡くなった時もそうだったけど、これまたショックです。心からご冥福をお祈りいたします。これまでたくさんの笑いを届けていただきありがとうございました。」

新型コロナウイルスで亡くなってもみんな他人事だと思っていたかもしれません。さすがに有名人が亡くなれば危機感も出てくるでしょう。ご冥福お祈りいたします。

おすすめの記事