中国の科学者が暴露「新型コロナ、武漢ウイルス研究所で作られたという科学的な証拠を発表する」

香港のウイルス学者が英国のトークショーに出演し、「新型コロナウイルスは中国の武漢ウイルス研究所から出た」と暴露したのです。

科学的な証拠を発表予定

香港大学の公衆保健学部でウイルス学と免疫学を専攻したイェン・リーモン(Limeng Yan)博士。

9月11日(現地時間)に公開された英国メディアITVのトークショー『ルーズウーマン』とのインタビューで

「ウイルスが武漢の水産物市場ではなく、武漢ウイルス研究所で作られたという科学的な証拠を発表する予定だ」

と明らかにしました。

イェン博士は

「遺伝子の塩基配列は人間の指紋のように識別が可能だ。私は中国でこのウイルスがどのように出たのか、なぜ彼らがこのウイルスの創造者なのかに関する証拠をつかんでいる」

と強調したのです。

私たちが知らなければならない

イェン博士は「ウイルスの根源は私たちが知らなければならない重要なもの」だとし、

「私たちがこれを知らなければ克服することは出来ないだろう。このウイルスは全ての人々の生命を脅かすだろう」

と警告したのです。

そして、香港大学での勤務中に身辺に危険を感じ、米国へ亡命している状態です。

イェン博士は「武漢研究所は中国政府が統制している」とし、

「恐怖心から中国から出たが、公の場で暴露を決意した理由は、真実の通り話さなければ後悔することになるから」

と告白したのです。

これに先立ち、イェン博士は中国本土に派遣され、新型コロナの集団感染の事例を調査したということです。

当時に関しては「新型コロナの発病初期にも人間間の伝染証拠を発見し、上司にすぐ報告したが、黙殺された」と主張しています。

中国政府は知っていた

そして、「米国に居住するとある有名なユーチューバーの助けで、中国政府はコロナウイルスの人間間伝染についてすでに知っていた」と暴露。

イェン博士はまた「フォックスニュース」とのインタビューでも「新型コロナに対する真実を明らかにするために米国に来た」とし、

「もし中国でこの事実を暴露したら、私は殺害されただろう」と話しました。

されに「私は彼らが内部告発者にどのように接するのか知っている」とし、

「夫は私が米国に逃避したことで非常に腹を立てている」と付け加えたのです。

イェン博士が勤務していた香港大学はイェン博士に関する情報をすべて削除し、電子メールやポータルへのアクセスをすべて中断させました。

香港大学の代弁人は「イェン博士はこれ以上、学校の職員ではない」と明らかにしています。

中国当局は今まで新型コロナの“武漢研究所起源説”を否認し、ウイルスが自然に発生したと主張してきました。

ネットの声

「亡命しないと身の危険が保証されない。中国の怖い部分ですね。
しかし、当局は100%認めない。暴露するなら全て暴露して欲しい。」

「夏場でもこれだけの感染力があるんだから普通のウイルスじゃないのは分かってた。野生動物なんて東南アジアでも食べられてるから、とっくに自然発生しててもおかしくない。前に起きたSARSも自然発生かどうか怪しいけどな。」

「亡命先のアメリカは、この科学者の身の安全を一生保証して欲しい。
おそらく彼女は今後、死ぬまで、中国政府から命を狙われる人生だから。
そのリスクを冒してまで、覚悟をもって発言するのだから。」

研究所でウイルスが作られた…早い段階で指摘されていました。

内部暴露は動かぬ証拠となりそうですが、中国は絶対に認めないでしょう。

おすすめの記事