新型コロナに対する危機感を全米に広めた“告白”でした。

3月11日、米俳優トム・ハンクス(63)と妻で女優のリタ・ウィルソン(63)が新型コロナに感染したことを明らかにしたのです。

インスタグラムで発信

〈妻と私は風邪をひいたように少しだるく、身体に痛みを感じた〉(本人のインスタグラムより)

ハンクス夫妻は、エルビス・プレスリーを題材にした映画の撮影でオーストラリア北東部のクイーンズランド州に滞在していました。

撮影は、ハンクスのコロナ感染を受け休止となったのです。

「ゴールドコーストの病院に入院中のハンクスは糖尿病であることを公表していますが容体は安定している。夫妻はオーストラリアへ出入国を繰り返していたようですが、感染経路は分かっていません」(現地記者)

新型コロナをめぐっては、トランプ大統領が「民主党による新しいデマだ」とコメントするなど、共和党と民主党の支持層によって危機感の認識が大きく異なっていました。

しかし、トム・ハンクスの“告白”によって米社会のウイルスへの理解は一気に深まったといわれています。

「アトランティック」誌は、1991年のNBAのマジック・ジョンソンによるエイズ告白にたとえ、その影響力の大きさを伝えているのです。

実際、ハンクスの告白直後にはNBAが決定した無観客試合について一転、中断を発表。ハリウッドにおけるスタジオ撮影が無観客で行われることなども次々と決定されました。

「最も慕われる俳優」トム・ハンクスのもう一つの顔とは?

3月11日を境に米国民のコロナに対する切実感が増したことは間違いありません。

そして「最も慕われる俳優」というトム・ハンクスにもう一つの顔があることは、日本であまり知られていません。

それは、作家としての顔なのです。

2014年、デビュー作「Alan Bean Plus Four」はなんと米高級誌「ニューヨーカー」に掲載されました。

「メグ・ライアンと共演した映画『めぐり逢えたら』の監督兼脚本家のノーラ・エフロン氏などから助言をもらっていたようです」(ジャーナリスト)

17年には同作を含む短編集「変わったタイプ」が上梓され、翌年には邦訳(新潮クレスト・ブックス)もされているのです。

「単行本の担当編集者はデビュー作品で彼の能力に惚れ込み、出版しようとハンクスに持ち掛けたといいます。いずれの作品も俳優業の経験が活かされており、アメリカの古き良き時代がユーモアを込めて描かれている。『タイプ』とはタイプライターのこと。彼は年代物のコレクターで各作品に登場します」(同前)

「コロナ感染」という特異な体験は俳優と小説のどちらにも生かされるはずです。

パンデミック宣言

新型コロナウイルスの感染者が世界中で激増し11万人を超えるなか、やっとWHO(世界保健機関)がパンデミック(感染症の世界的流行)宣言を行いました。
※3月20日の時点で世界全体で25万人超の感染者数となっています。

その矢先、トム・ハンクスと妻のリタ・ウィルソンが、新型コロナウイルスに感染したことが明らかになり、セレブたちにも大きな衝撃を与えることになしました。

渡豪した時期は明らかになっていないが、トムが自身のツイッターで、「リタと私はオーストラリアに滞在している間に風邪のような症状になり、熱が出て少し身体の痛みがあったので検査を受けたところ、陽性反応だった」と説明しています。

アメリカでは西海岸を拠点に感染者が急増しており、感染した映画関係者がオーストラリア入りして発症した可能性も否定できません。

オーストラリアでは、現地時間の3月11日朝11時時点で感染者が112人、うち3人が死亡しています。

米トランプ大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大防止措置として、英国を除く欧州から米国への入国を13日から30日間停止すると発表。

機内でマスクをしているセレブたちも増えています。

今回の例は、大陸を横断しての感染拡大がセレブにとっても例外ではないことを再認識させられることとなり、改めてパンデミックの恐ろしさが浮き彫りになりました。

新型コロナウイルスの流行はすでに世界経済に大打撃を与えていますが、今回の1件でプロモーションの自粛のみならず、今後の映画製作にも大きな影を落としそうです。

ネットの反応

「彼の発言が大きくとりあげられるのは、やはり説得力ある演技から感じる人柄ゆえでしょう。」

「早く元気になってほしいね。因みに『めぐり逢えたら』で2人がデートしてたのがスターバックス。かなりの宣伝効果だったとか…。」

「有名人も、一般人も感染するっていうこと。そして、それを発表する事がマイナスでも何でもなく、人々の興味をひき、個人の意識を高める事になる。他の映画の撮影をストップさせる良いきっかけになったと思います。」

世界的な大スターが感染…ということでショッキングだったのですが、これからはこういうことも普通に起こっていくでしょう。

おすすめの記事