緊急事態宣言の発令で、新型コロナウイルスに対する“恐怖”は、一段と増した感があります。

目下、1ヵ月間は外出自粛などを求められることになりますが、その「出口」はいつになるのでしょうか。

終息はいつ?

デイリー新潮は3月30日に『新型コロナ、4月終息説は本当か ウイルスを衰えさせる「湿度」と「紫外線」』という記事を配信しました(週刊新潮4月2日号記事の転載)。

ここで紹介しているのは、長野保健医療大学特任教授の北村義浩氏による以下の見立てです。

「4月の紫外線はまだ弱く、ウイルスを死滅させるには日光を1時間以上当てないといけません。しかし、6月になれば紫外線量が飛躍的に増え、実験室で使う紫外線と似た効果が期待できる。本格的に終息しはじめるのは5月末から6月頭だと思います」

紫外線が人類を救う――。とはいっても、世界からは日々、戦慄を覚えるような数字が届けられています。


欧米での感染拡大状況を見るかぎり、日本にも欧米並みのロックダウンが必要だ、という声がもっともらしく聞こえてくるのです。

湿度が関係している?

ある医師は“楽観的な見通しが立つと考えても、外れたときにどんな非難を浴びるかわからないから”と匿名を条件に、次のように語りました。

「感染者が爆発的に増えた国、人口当たりの死者数が多い国は、これまでの季節、気温が低く乾燥していた欧米諸国ばかりなのです。一方、台湾や香港のほかタイ、ベトナムなど温暖で湿潤な東南アジア諸国は、当初は欧米諸国より感染者が多かったし、衛生環境も欧米よりよいと言えないのに、感染者の増え方は鈍い。日本もこれらの国や地域と同じ傾向と思われます」

として、湿度や紫外線の効果に言及するのです。

「いまの世界の感染状況を見るかぎり、信憑性があると思わざるをえません」(同)

6月終息説が現実的

「緊急事態宣言後、国民一人一人が徹底的に自粛できれば、最も早くてGW明けごろに新規の感染者ゼロもありえます。また、紫外線を30分当てると、コロナウイルスを無害化できることがわかっているので、紫外線の量が増える5月末から、感染者数が落ち着く可能性はあります」

もちろん、これから冬を迎える南半球は予断を許さない状況です。


過度な楽観は禁物ですが、日本に限れば、恐怖を煽る論調に流される必要もないのではないでしょうか。

4月9日発売の週刊新潮では、新型コロナウイルス特集「『緊急事態宣言』を生きる」を14頁にわたり掲載しています。

ネットの反応

「わらをも掴む今の状況では紫外線でもBCGでもアビガンでも何でもいいから期待したい。コロナワクチンが出来るまで待っていられない。」

「ブラジルやオーストラリアは南半球では秋の3月になって初めて死者が発生した。夏の間に感染者もいたけれど、北半球の国々と比べたら極端に死者数も感染者数も少なかった。この記事の予測が確実に的中するとは思わない。でも、可能性がゼロとも思わない」

「仕事でベトナムとインドネシアに計10年住んだことがあるが、毎年8月に休暇で日本に帰ってくると、日本の方が東南アジアより遥かに暑いと何度も実感した。今年ほど日本の梅雨と夏が待ち遠しいと思ったことはない。」

梅雨になると収束するのかなという楽観的な意見が多いです。

しかし、今回のウイルスの爆発的な広がりは収束するのは不安になりますね。

おすすめの記事