小泉進次郎環境相は昨年の12月27日の閣議後会見で、週刊文春に報じられた、独身時代の不倫報道について問われ、

「個人の事柄と政治資金の事柄があると思うが、個人の事柄については、私からお話しすることはありません」と答えています。

妻ファーストの日々を

「年末には、夫婦そろって地元の挨拶回りに来るかと思ったのですが、叶わなかったようです。進次郎さんも帰ってきにくい状況なんでしょう」

小泉進次郎環境相(38才)の地元、神奈川県横須賀市の支援者は、言葉少なにこう語っています。

昨年8月に滝川クリステル(42才)との結婚。

妻の第一子妊娠を発表後、進次郎氏は“妻ファースト”の日々を送っていました。

進次郎氏は結婚後も東京・赤坂にある議員宿舎に住んでいます。

そして、夜な夜な滝川が独身時代から暮らすマンションへと帰宅するのです。

彼女は大型犬を飼っているのですが、宿舎は動物の飼育が禁止。

新婚生活を送るには妻の自宅しかありません。

また、滝川が「横須賀には住まない」と宣言しているため、地元に戻る機会も減っているようなのです。

そのスタイルは、年の瀬も変わりませんでした。

妊婦になっても生活スタイルは変わらない!?

12月27日の午後、滝川は自ら高級外車を運転。

会員制のスパ&フィットネスクラブへと向かったのです。

その後、友人宅で時間を潰してからディナー会場へ。

「東京・西麻布にある芸能人御用達の豚しゃぶ店です。女性の友達数人と食事を楽しんでいましたよ。この1月に出産予定で、お腹も大きくなっていたのに夜遅くまで出歩いていて、アクティブなかただと思いました」(居合わせた客)

自宅に帰ったのは夜の11時を回っていた。一方の進次郎氏は、そんな妻を優しく見守っているという。

「大臣になって初めての年越しだから、横須賀に帰るのかと思ったら、滝川さんの自宅で過ごしたようです。この日は彼女の家族が遊びにきていたので、そちらを優先したのでしょう。妻の家族に囲まれ、マスオさん状態の大晦日(笑い)。ある意味で妻のご機嫌取りのように見えますが、彼はそうするしかなかった」(滝川の知人)

交際前の不倫相手は滝クリの友人だった

帰省しない理由は、この年末に『週刊文春』が報じた進次郎氏と既婚者の女性実業家A子さんとの不倫疑惑にあるというのです。

もっとも、不倫関係にあったのは2015年頃で、滝川との交際前ですが…。

「実はそのA子さん、滝川さんの友人なんです。8月の結婚会見後、A子さんは滝川さんとの2ショットをSNSに公開し、お祝いメッセージを彼女に送っていた。不倫報道後、投稿を削除していますが、本当に祝福する気があったのか…ふたりの関係を知らなかった滝川さんはひどく困惑したそうです。釈明に追われた進次郎さんは、妻に頭が上がらない状態です」(前出・滝クリの知人)

大臣就任後、言葉に重みがないといわれ続けている進次郎氏。

それは妻も痛感しているのかもしれません。

「A子さんのツイッターは今、荒れまくっています。ツイッター上にリンクしてあるコラムには“娘が6歳になりました”などと子煩悩アピールをしていたのですが、“母親の不倫で両親が離婚したと聞いたら、娘はどんなに傷つくか”“不倫に国民の税金とは…”などとツイッターに書き込まれ大炎上。中には滝川クリステルの有名な“おもてなし”の写真が貼られ“ろ・く・で・な・し”とバッシングされている始末です」(前出・スポーツ紙記者)

A子さんはジュエリーブランドや経営コンサルなどもしていて、日経ウーマン・オブ・ザ・イヤーを受賞したことも。

まさに“超やり手”経営者なのです。

「あの報道からはツイッターもコラムも一切更新できず、ビジネスにもかなり影響が出ているように感じられます。そもそも不倫して家族を捨てた人間が作ったジュエリーを自分の大切な人に贈ろうと思う人がいるでしょうか。彼女は『エシカルなものづくり』を謳っているのですが、エシカルとは“倫理的”とか“社会的な模範”という意味。夫や子どもをないがしろにして不倫していたとしたら、まさに顧客を裏切っていることになりかねないでしょう。所属事務所もクリーンなイメージで売っているタレントばかりなので、時期を見て契約を解消する可能性もありますよ」(同・スポーツ紙記者)

一方、小泉環境相は週刊誌報道を受け、会見で

「個人の事柄と政治資金の事柄があると思うが、個人の事柄については、私からお話しすることはありません」

と答えています。

さらに

「政治資金の使用はないと理解しています。事務所にも確認し、法令に従って適正に処理していると認識している」

と、用意された紙を読みながら潔白を主張しました。

英紙タイムズは1月2日、今年注目するべき世界の20人に小泉環境相を選んでいます。

今後は恥ずべきことで注目されなければいいのですが…。

ネットの反応

「言葉だけでなく人格も中身のない男だったという気がする。クリステルさんがお気の毒に思う。ただ国民にとってはこの男の中身のなさが早期に発見できたのは幸いでしょう。」

「ショックというよりわかっていた上で付き合ったのかもしれない。夫婦の事は夫婦にしかわからない。」

「困惑してる振りだと思う。その実業家の不倫相手は周りに付き合ってる事を自慢してたらしいし、結果振られて、クリステルが妻の座を掴んだし。ただ今更の報道に困惑していると思う。プライド的に。」

結婚してから変わったのではなく結婚で進次郎氏の素や力量が見えた感じですね。

おすすめの記事