審査落ちして借りることができない…サラ金ならどこでもいいけど…

切羽詰まった時は理性を失いがちです。そんなときこそ冷静に…

お金が欲しいと思ったら

お金が必要なら、まずは銀行カードローンなど銀行からお金を借りることを考える人が多いと思います。
それでも多くの人が銀行はお金を貸してくれないと考えています。
それはどうしてでしょうか。

一般的に銀行はお金を貸してくれるところなのですが、簡単にお金を貸してくれるわけではありません
ある程度信用のある人にしかお金を貸さないのです。
もっとも、銀行ですから、給与振込みをしているような口座をすでに開設してあるような場合はお金を借りやすいということも言えます。

しかし、正社員であり安定した収入のある人でも銀行からお金を借りるとなると、審査が必要になるのです。
この審査内容は公表されてはいませんが、信用情報機関に照会するなどして、与信情報や他社借入れなども入念に審査されます。
銀行が嫌がるのは他社借入れがある場合です。

返済のために借金の申し込みをするのは銀行だけではなく、消費者金融会社も嫌うところです。
特に銀行の場合は他社借入れが複数ある場合、新たに銀行カードローンの申込みをしても審査落ちしてしまうでしょう。
また、どのようなローンでも「安定した収入のある人」という文言が付いてくるのですが、銀行はそれを忠実に守っていると言えます。


言うなれば、パートアルバイトの人でしたら、銀行からお金を借りることは難しいでしょう。
正社員であり、他社借入れがないという場合でしたら、審査の上借りることができるのですが、職業がパートアルバイトでしたら、銀行では安定した収入とは見てもらえないことが多いのです。
それでも他社借入れがないこと、長年のつきあいのある人でしたら、信用力もあるので職業がパートアルバイトであっても、銀行カードローンなどから借入れができるかもしれません。

いずれにしても銀行などの金融機関、さらには消費者金融会社などの貸金業者を通じて、銀行がもっともお金を借りるのは難しいところかもしれません。
そうなると頼りにしたいのが消費者金融会社です。
消費者金融会社は、いまだにサラ金のイメージが強いと感じている人もいるかもしれません。

しかし、実際にはどうでしょうか。
サラ金と呼ばれていた時代から名前が変わらずに残っている消費者金融会社の多くは、その会社形態が当時とはまったく違っています。
多くは、都市銀行などのメガバンクやネット銀行などのグループの傘下に入っています。

利息制限法などの改正でグレーゾーンが廃止され、上限金利が確定したこと、総量規制や過払い請求などの消費者金融会社への縛りなどもあって、お金を借りる側にとってはかなり好都合な状況となっているのです。
消費者金融会社自体も会社の仕組み自体が大きく変わっているので、サラ金のイメージそのままの厳しい取り立てというのは現在はまったくないと考えていいでしょう。
銀行でお金を借りるのが難しいと感じたら、消費者金融会社を頼るようにしたいですね。

消費者金融会社はどう?

お金を借りたい…しかし銀行からは審査落ちばかりでお金を借りることができない…。
となると、頼みの綱は消費者金融会社のカードローンということになります。
消費者金融カードローンでしたら、審査に通ったらすぐにでもキャッシングすることができるので、急ぎでお金が必要だというときにはかなり便利です。

それでも、消費者金融会社といえどもお金を借りるときには審査が必要になります。
この審査ですが、銀行ほど厳しくはないということなのですが、消費者金融会社でも大手と呼ばれる貸金業者になると、かなり審査が厳しくなるのです。
それでも消費者金融会社お金を借りるとなると。

大手消費者金融会社のカードローンからお金を借りるのが一番です。
それは、全国各地に支店があること、そして、急ぎの場合でも、これも全国各地に無人契約機があるので、24時間365日いつでも契約が可能となっているのです。
もちろん日曜祭日も大丈夫です。

契約ができるということは、審査に通ればその場でキャッシングが可能ということになります。
WEBなどでカードローンの申し込みができるので、家に居ながらにして契約も可能ですが、スピード重視の場合は無人契約機が一番でしょう。
もっとも、近くに大手消費者金融会社の店舗があるようでしたら、実際に店舗に出向いたほうが、さらに審査に通りやすいようです。

消費者金融会社も客相手の商売ですから、本人との対面での契約がもっとも大切だからです。
契約前に大事な本人確認もスムーズに済みますし、職場への在籍確認も簡単です。
大手消費者金融会社は、消費者金融会社の中でも大手であるだけに審査基準が厳しく、銀行ほどではないのですが、審査落ちする人も少なくありません。

そうした状況を鑑みて、少しでも審査に通るようにするには実際の店舗に出向いてのカードローンの申込みがいいでしょう。
対面が苦手という人でしたら、WEBからの申し込み、あるいは無人契約機でも大丈夫です。
大手消費者金融会社のカードローンのメリットは、全国のATMが利用可能というところです。

それはコンビニでも銀行でもATMのあるところでしたら、利用できる可能性が高いので、全国どこにいてもローンカードを利用して借入れができるのは大きなメリットと言ってもいいでしょう。
大手消費者金融会社のカードローンの使い勝手の良さは、銀行カードローンを凌駕していると言ってもいいです。
そこは、長年貸金業と営んできた大手消費者金融会社に一日の長があるといってもいいでしょう。

消費者金融ではブラックでも借りることできる?

俗にブラックと言われていますが、任意整理中あるいは自己破産をした人を指す俗語です。
個人信用情報機関には事故情報として記載されています
そのような人をブラックと呼んでいるのですが、この状態では信用度が著しく下がっているのはいうまでもありません。

そして、ブラックの人はお金を借りることができるのかということですが、これはお金を貸す側の裁量によるとしか答えることができません。
法律でブラック状態にある人にお金を貸してはいけないという決まりはないのです。
ブラックになるとお金を借りることができないというのは、ある意味社会的制裁という金融機関や貸金業者の間の暗黙の了解ということでしょう。

自己破産の場合は借金を踏み倒されたわけですから、任意整理でも金利が低くなったり、かなり債務者側有利の返済条件になるのですから、それを割引いた上での社会的制裁というのは当然のことでしょう。
ブラックになるとクレジットカードを作ることができないのはよく知られていることですが、クレジットカード会社は特に信用度についてはうるさくなっています。
自己破産の場合はある程度、債務者側も出血を強いられます。

財産の差し押さえが始まりますし、土地建物などは手放さなければいけなくなるでしょう。
これは社会的制裁というよりも財産の差し押さえは法律に則って行われます。
それでは、ブラックになると絶対にお金を借りることはできないのかということですが、銀行や大手消費者金融会社からの融資は期待できないでしょう。

しかし、消費者金融会社の中でも、中小消費者金融会社やもっと小規模な消費者金融会社である街金では、その限りではありません。
ネットの口コミサイトなどでは、ブラックでも融資を受けることができたという消費者金融会社の会社名が公表されています
どこまで信憑性があるかということですが、ブラック状態の人でもどうしてもお金を借りたいというのでしたら、口コミサイトのこういった体験談を重視して、融資の申し込みをするといいでしょう。

金融事故を起こしてブラック状態になった人や、それ以外で多重債務者となった利用者で、どこからもお金を借りることができないという人も、中小消費者金融会社の中では、審査基準がとても緩い貸金業者があります。
ローンの申込者の中には様々な属性を持つ人がたくさんいます。
一人として、同じ属性の人はいないので、横並びで判断することはできないのですが、それでも自分に似たような属性を持つ人の口コミはかなり信憑性があり、その人がお金を借りることができたというのは大きな拠り所になるのは間違いないでしょう。

審査落ちしないためにも

ブラックになってしまったら、探せばお金を貸してくれるところもあるかもしれませんが、それも並大抵のことではないでしょう。
ブラック状態になる以前に、返済に対して滞納をしていた人がほとんどだと思います。
銀行などの金融機関、さらには消費者金融会社などの貸金業者は、滞納についてかなり敏感です。


というよりも、滞納は契約を交わしてお金を貸し借りをした中で重大な契約違反になることは間違いありません。
うっかりしていて、口座にお金を入れ忘れていたということは理由にはなりません。
一度や二度の滞納であれば、すぐさま任意整理になるということはありません。

しかし、滞納期間が長引くとローンカードの利用停止、新たなキャッシングの禁止などは措置として当然考えられるでしょう。
企業間でも借金が返済不能になると、不渡りを経て倒産ということになります。
それは、個人でもまったく同じことが言えるのです。

ですから、まずお金を借りているのでしたら、滞納だけには気をつけましょう
一度の滞納でも信用度を著しく落としてしまうことにもなりかねません。
だからこそ債務者は返済日が近づくと多かれ少なかれみんな金策に走ることになるのです。

審査落ちしないための第一条件としては、滞納を絶対にしないということですね。
また、債務の件数が多いと、いわゆる多重債務になるとどこからもお金を借りにくくなります。
そういった場合は、大手消費者金融会社などが用意しているおまとめローンに頼るのもいいでしょう。

消費者金融会社では総量規制といって、利用限度額の総額が収入の3分の1までしかお金を借りることができません。
しかし、多重債務になると借金の返済に苦しんでも新たな借金ができなければ、いずれは返済不能となってしまうことでしょう。
その大きな助けとなるのがおまとめローンなのです。

プロミスやアコム、アイフルなどの大手消費者金融会社などでは、おまとめローンといった金融商品を用意しているので、できるだけ利用して多重債務状態から脱出するようにしたいものです。
おまとめローンは総量規制の対象外ですから、借りやすいという点も大きいでしょう。
借金の中には銀行系カードローンも含まれていても、残債の総額を借り入れすることができます。

おまとめローンは申し込み者を救済する措置としては、最大のものであることは間違いありません。
金額が大きくなるので、消費者金融業者の中でも大手のほうがいいでしょう。
金額が大きいだけに審査に通る可能性は低くなる場合もありますが、これも延滞履歴がなければ審査に通る確率も上がるでしょう。

様々な金融商品の中から最適なものを選びたい

消費者金融会社は貸金業者ですから、様々な金融商品を用意しています。
そういった金融情報を日頃からできるだけ多く持っていると、急な資金繰りが必要になった場合も臨機応変に対応できるでしょう。
急な資金繰りという面では、利用限度額の増枠申請という方法もあります。

これは、現在100万円が利用可能限度額となっているのでしたら、その融資の増枠を申請するのです。
100万円の限度額を150万円にすることも可能です。
新規でカードローンの申し込みをすると新たな審査を受けなければいけません。

増枠申請にも審査が必要になりますが、すでに利用実績のあるローンの増枠申請ですから、通常の審査よりも審査基準が低く借りやすくなっているのは間違いありません。
新しい消費者金融会社で新たな融資を受けるよりも、既存の消費者金融会社のカードローンの増枠申請をするほうが遙かに簡単にお金の工面ができるのです。
また、一般的に大手消費者金融会社のほうが、中小消費者金融会社や街金のローンよりも金利が低く利用できます。

ですから、まずは大手消費者金融会社からお金を借りるようにするのが鉄則です。
キャッシング業者の中には闇金と呼ばれる違法業者もいるので気をつけましょう
上限金利が法律で決められているので、どのような借金であっても金利が20%を越えることがあれば間違いなくヤミ金です。

この20%の金利というのは年利です。
同じ20%でも月利となるとそれもヤミ金ですから間違いのないようにしましょう。
借金を繰り返していると、どうしても返済能力が落ちてきます。

さらに債務は膨らんでいくので、お金はどんどん借りにくくなってしまうのです。
そうならないためにも、きちんと返済して新たな借金はなくしていかなければいけません。
カードローンはその性質から返済していけば、利用可能額が増えていきます。

そうなるとまたお金を借入れできると考えてキャッシングを重ねていくこともできるのです。
いつまでたっても返済が終わりません。
そうならないように、カードローンではなく返済のみのローンにするほうがよいでしょう。

ちょっとした少額の借入れはクレジットカードのキャッシング機能を利用するようのするのも一つの方法です。

ネットの声

「カードローンへの心理的抵抗感はある。消費者金融というと、それはちょっととなる。銀行カードローンというと、それならまぁとなる。利率が違うだけで、実際大きな差はない。考え方・捉え方次第。」

「初期費用50万借りる際に自分は消費者金融で借りてやっていると言ってきます。そもそもお金を借りて投資をやると言うのはおかしいことに気づいてください。」

「簡単に借りれる→返しづらい。少額なら良いですが、大きなお金(50万円?)を借りるとすると返済が終わりません。」

そうなんです。簡単に借りれるものについては返しづらくなるんですよ。

おすすめの記事