坂上忍が小室文書を痛烈批判…「頭のいい人って…」

坂上忍、小室圭さんの金銭トラブル“解決法”を皮肉たっぷり痛烈批判! 「頭のいい人ってやる事すごいなって」

秋篠宮家の長女・眞子様との婚約が内定している小室圭さんが8日、母親とその元婚約者との間にあったとされる「金銭トラブル」について、これまでの経緯を説明する文書を公表。

4月9日放送のフジテレビ『バイキングMORE』で、MCの坂上忍はこれを「最も下手くそな解決の道」と痛烈に批判しました。

やる事がすごい

小室さんが発表した文書はA4用紙28枚にもなる長文で、その中で、返金不要を裏付ける録音データの存在が明らかとなったのです。

2012年の9月に、小室さんの母親の元婚約者が婚約の解除を申し入れた際、小室さんが同席して録音したもので、「返してもらうつもりはなかったんだ」(元婚約者)「そんなのってある」(母親)などの会話が書き起こされています。

この件に坂上は、「僕がびっくりしたのは、録音しといた方がいいって、そこですぐ録音するんだ」と、とっさに録音した小室さんに不信感を抱いたよう。

フジテレビの伊藤利尋アナウンサーが、すかさず「この空気感ちょっとわからないですよね。ただ婚約解消って流れですから、かなり緊張感のあるやり取りだったのかな」とフォローを入れていました。

すると坂上は、「今のご時世考えたら録音しといた方がいいんだろうけど、賢いんだろうけど……」と前置きはしたのですが「なんか頭のいい人ってやる事すごいなって思っちゃって」と皮肉ったのです。

理解を示す声も

また、この録音データから坂上は「返さなくていい証拠は持ってるという主張。ただ同時に返すべきものだと思っていたけど、返さずに済ませたんだということも告白してるのも同じなんだよね」と読み解いたのです。

法的には返済義務はありませんが、結婚するにあたり整理するべき問題としていました。

一方、清原博弁護士は、一般人である母親が週刊誌や世間に叩かれることになり、守るために戦おうとしたのではないかと小室さんの心境を推察。

「いい方向に捉える国民ばかりだったら(解決金を支払えば)それでいい、でも中にはどうしても小室さんに対して……」と、すぐに解決金を支払っても世間は納得せず、借金の返済と誤解されることを避けたかったという小室さんの言い分に理解を示していました。

坂上が一喝

これに対して坂上は「あのね! 一部の文句言う人たちのことをずっと気にしてたら、何にも前にすすまない」と一喝。

眞子様と婚約した時点で批判の対象になることはわかっていることなので、自身が矢面に立つべきだと苦言を呈し、

「この28ページ読んだって、相手の方のプライバシーが云々とか言いながら自分が間違ってないんだって延々書き連ねてるんだよ!」

と、身振り手振りで熱弁をふるったのです。

「逆に言ったらこんなの解決にもなんにもならないよ!最も下手くそな解決の道をたどっちゃったんだろうなって」

と声を荒らげ、怒りをあらわにしていました。

その後も坂上は終始文章の内容には納得いかない様子。

最終的には、「早急に会見を開くべき」とまとめていましたが、坂上が二人の結婚を祝福する日は遠そうです。

ネットの声

「長文で理屈で押し通せば何とかなる問題ではない。日本国民にとって皇室は最も尊い存在なのだから、その一員になる思いや覚悟が必要だ。言った言わない論では支援してくれた元婚約者への感謝の思いも伝わらないし、母の名誉なんて正直どうでもいい。この長文文書でますます国民の理解がなくなったと言わざるを得ない。」

「橋下さんも言っていたけど、皇族にとって一番大事な素質は「自分のことより国民を考えてくれる」…そうあり続ける姿勢ってところ。自分のことより他者に尽くす…という。ホント理想なんだけど人としてそうありたいと願う、そういう国民でありたいと願う象徴が現在の天皇制にあると思います。」

「自己保身に終始する文書。名誉にかかわるなら、もっと他の問題や疑惑を説明しろよ。不愉快になって破談あるのみ。」

録音の件について…ただただ怖いです。



おすすめの記事