少額のお金でしたら、友人知人からお金を借りるようにしたらいいでしょう。
必要なお金が3万円程度でしたら、友人知人の財布の中から出してくれることでしょう。
友人関係ですから、昔から勝手知ったる仲です。

お金を調達したい

ですから、信頼関係ができているので、お金を貸してもすぐに返してくれるという安心感があるのです。
安心感というよりも特に何も感じずに、友人がお金を貸してほしいというから、お金を貸すという単純な感情の流れになっているということです。
ですから、お金に困ってる、お金が必要だというだけで、なんとかしてお金を貸してくれることでしょう。

もっとも、友人知人のお金の貸し借りもポケットマネーの範囲内に押さえておくべきでしょう。
というよりもそれも、友人知人の間ではわかっていて、貸し借りできるお金も財布の中にあるお金に収まることでしょう。
すなわち、3万円程度が友人知人との貸し借りの相場であり、それ以上となると、身内や銀行、あるいは消費者金融会社から借りるようにしたほうがいいでしょう。

友人からお金を借りるときは、借りる側が借用書を用意するようにしましょう。
普通でしたら、お金を貸す方が借用書を用意するものですが、友人関係ですから、借用書を用意するのもはばかられるでしょう。
ですから、その気持ちを察して借りる側が借用書を用意するのです。

友人も水くさいとか言いそうですが、親しき仲にも礼儀ありで、借用書は友人関係でも必須で用意したほうがいいです。
お金のことでこじれると友人といえども関係が気まずくなることがあるのです。
ですから、借用書があるだけで、はっきりと責任の所在がわかるので、借用書があるおかげで気まずくなることはないでしょう。

3万円程度のお金が必要でしたら、自宅にある不要品の買い取りをしてもらうのがいいでしょう。
出張買い取りをしてくれる買い取り業者に頼んで家に来てもらうようにすると、持ち運ぶ手間が必要ないので効率的です。
不要品ですから、買い取り額も低くなりがちですが、数多くだすようにすれば、1万円や2万円くらいの買い取り額にはなることでしょう。

それでも必要額の3万円には届かなかったら、家にある書籍やコミックなどを買い取りしてもらうようにしましょう。
人気コミックの全巻シリーズがあればかなりの高額買い取りになります。
また、書籍もベストセラーよりも普通の本のほうが高値になりやすいです。

書籍の場合は必ず掘り出し物があるものですから、数冊でも高値がつくと総額でかなりの高値になります。
書籍やコミックの買い取りについては価値のわかる古本屋に買い取りしてもらうといいでしょう。

他には、数日くらい必要なお金を調達するのに期間があるようでしたら、日払いのバイトをするというのも一つの方法でしょう。
しかし、日払いのバイトというのはそれほど多くはありません。

求人情報誌などでは日払いのバイトもそれほど多くはないですし、期間限定であったりするので、平日に働けるのでしたら、ハローワークに朝早く行って並んでみるといいでしょう。
たいていは、送迎バスがやってきて、ガテン系の仕事の現場に連れて行ってくれます。
そういった情報もあらかじめハローワークに出向いて調べておくといいでしょう。

ネットの情報よりもより確実性があります。
ガテン系のバイトですから、1日働くと1万円くらいにはなるでしょう。
3日働くと3万円になるので目標達成ということになります。

もっとも、ガテン系のバイトですから、肉体労働になります。
体力に自信のない人は不安のある人は、怪我の元となるので止めておいたほうがいいでしょう。
いずれにしても、大丈夫だと思うのですが、雇い主に労災に入っているかどうか聞いておくといいでしょう。

ガテン系ですから、怪我はつきものです。
怪我をしたときに労災保険に入っていないと、治療費を自腹でまかなわなければいけなくなるので、その点には注意しなくてはいけません。

銀行と消費者金融会社で借りる

まとまったお金が必要な場合でしたら、銀行か消費者金融会社でお金を借りるしかないでしょう。
銀行と消費者金融会社を比べると、金利の低い銀行のほうが返済利息が少なくて済むので返済も楽になります。
すなわち、お金を借りるなら、銀行カードローンがいいでしょう。

それでも誰でも簡単に銀行カードローンを借りることができるとはかぎらないのです。
それは、銀行カードローンの審査が厳しいからです。
ですから、ある程度の属性の高さがないと銀行カードローンの審査に通ることはできません。

この属性というのは、信用度や返済能力の高さを示す指標となるものです。
属性は様々な項目から成り立っているのですが、属性に高さを決定づける大きな役割を果たす項目に雇用形態があります。
雇用形態というのは正規雇用と非正規雇用の二つに分けられます。

正規雇用というのはいわゆる正社員ということです。
いっぽうの非正規雇用はパートアルバイト、派遣社員に契約社員ということになります。

こうみると正規雇用の人のほうが属性が高いのはわかるのですが、収入が高い低いということではなく、正規雇用の人の属性が高いのは雇用が会社から保証されている点にあります。
これは正社員の人が入社時に交わす雇用契約を考えるとわかりやすいです。
正社員がいったん雇用契約を会社と結ぶと、それは定年退職するまで有効なのです。

いうなれば、無期限といってもいいでしょう。
終身雇用やリストラといった問題がありますが、自分から辞めると宣言しなければいいので、雇用契約は自分から破らない限り会社も懲戒解雇以外簡単にクビにはできないのです。
いっぽうの非正規雇用の人ですが、こちらにも雇用契約があります。

しかし、それは有期契約なのです。
期間は3ヶ月あるいは6ヶ月、1年というものです。
ですから、その都度雇用契約の更新が必要なのですが、更新の決定権は労使双方にあり、非正規雇用の人が更新を望んでも会社が更新しなければそこで退職ということになります。

これを最近の言葉で雇い止めと呼んでいるのです。
ですから、非正規雇用の人の場合も雇用契約を結んでいる間は雇用が保障されているのですが、その期間がとても短いということです。
この部分を銀行から見ると、非正規雇用の人は収入が安定していないと見られるのです。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、銀行カードローンの原資が、口座開設者からの預かり金ということが大きいです。
大切な預かり金ですし、必要があればすぐに引き出されるものです。
ですから、そういった預かり金を銀行カードローンで貸し出す時には、相応の審査をして貸し倒れを極力避けなければいけません。

さらにリスク回避のために保証会社とも提携して、保証会社の審査も受けるようになっているのです。
つまり、銀行カードローンに融資の申し込みをした場合は、銀行と保証会社の2者から審査を受けなくてはいけません。
どちらかいっぽうでも審査落ちとなると、銀行カードローンを借りることはできないのです。

保証会社の役割はどういったものかというと、銀行カードローン利用者が返済不能になったときに残りの債務をカードローン利用者に代わって保証会社が銀行に支払うのです。
建て替えた債務は、保証会社がカードローン利用者(債務者)に請求します。
それによってそこから、保証会社と債務者の間で任意整理が始まるということです。

銀行にとってはノーリスクのように見えるのですが、返済不能になって以降は、返済利息による収益が途絶えるので、銀行にとってもノーリスクとはいえないのです。
銀行カードローンのデメリットとしては、即日融資が行えない点があります。
これはどういうことかというと、カードローンの融資の申し込みを受けると、銀行は申込者の信用情報を警察庁のデータベースにアクセスして照会しなくてはいけないのです。

その照会情報を得るのが早くても翌日以降になるということですから、物理的に銀行カードローンの即日融資はなくなったのです。
ですから、すぐにお金が欲しいときは消費者金融会社のカードローンに頼るしかありません

消費者金融会社のカードローンで借りる

銀行カードローンの審査に落ちたら、消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしましょう。
審査基準は銀行よりも緩くなっているので、属性に不安のある人でも、消費者金融会社のカードローンでしたら借りることができるでしょう。
場合によっては、電話による在籍確認をとることもあるかもしれません。

また、借入について延滞履歴といった事故情報があるようでしたら、消費者金融会社のカードローンでも審査に通ることはできないでしょう。
アコムやプロミスといった大手消費者金融会社の特徴として、多彩な申し込み方法があります。
WEBや店頭での申し込みはもちろんなのですが電話による申し込みの受付をしている点もポイントが高いです。

WEBにアクセスできない人、店頭まで行くことができない人にとって電話による申し込みができるのは大きなメリットになるからです。
他にはアコムのようなメガバンクの傘下に入っている消費者金融会社でしたら、メガバンク行内の自動契約機を利用してカードローンの申し込みをすることができます。
そして、大手消費者金融会社の一番の特色として、全国各地にある無人契約機での申し込みが可能なのです。

この無人契約機や24時間365日稼働しています。
そのため、いつでもカードローンの申し込みをすることができますし、オペレータとの対話形式なので、間違いもその場で解決することできるので、確実に手続きを行うことができるのです。
すぐにお金が欲しいときでもその日の22時までに申し込み手続きを終えて審査に通ることができれば、すぐにローンカードが発行されるので、それを持ってコンビニATMでキャッシングすることができます。

注意点としては、消費者金融会社の中でもアコムのような大手消費者金融会社のカードローンは審査基準がもっとも厳しいです。
そのため審査通過率も大手消費者金融会社のカードローンでは、申込者の50%ということです。
つまり二人に一人は審査に落ちているということです。

④中小消費者金融会社と街金

消費者金融会社の多くは中小消費者金融会社と街金です。
アコムのような大手消費者金融会社は数社程度しかなく、2,000社近くある消費者金融会社の大半は中小消費者金融会社と街金で占められているのです。
ですから、アコムなどの大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ちたら、次は中小消費者金融会社や街金にローンの申し込みをしましょう。

中小消費者金融会社の中には、大手並の業容を誇り、カードローンを取り扱っている消費者金融会社もあります。
こういったところは大手並に審査が厳しいので、審査に通るのは難しいかもしれません。
一部の中小消費者金融会社と街金は、信用情報機関に通さない審査を行っているところがあります。

これを独自審査あるいは自社審査と呼んでいるのですが、現在の属性のみを重視して審査を行っているのです。
中には、ブラックの人でも審査に通ったというネットの口コミサイトの書き込みを見ることができるくらいですから、独自審査を行っている消費者金融会社や街金は、審査基準が緩いのでアコムの審査落ちとなっても、十分に審査に通るチャンスはあるでしょう。

個人間融資掲示板を利用する

延滞歴があったり、ブラック状態にある人でしたら、消費者金融会社からお金を借りるのは難しいといえます。
そういったときは万事休すかというとそうでもないのです。
ネットの個人間融資掲示板を利用しましょう。

個人でのお金の貸し借りになるのでリスクはあります。
そのため、なるべく実績の多い人からお金を借りるようにしましょう。
プロフィールや評価などで判断することができます。

融資額は10万円程度と少額が基本ですが、どこからもお金を借りることができない場合は、救世主的な存在になるのは間違いないでしょう。

ネットの声

「対応が非常に丁寧。他の消費者金融は男性の対応が比較的荒いのだが、ここはとても低姿勢。思わずこちらも謙虚になってしまいます。おまとめローンにも応じて頂き、大変楽になりました!」

「任意整理1年半、クレカは1枚ありますが確実ブラックでダメ元申し込み融資10万希望のところ100万可決。オペレーターの人もすごく感じがよかったです。しかしなぜ通ったのかわかりません。」

「夜遅くに申し込んで、次の日の午前中にやり取りが終わって借りられました!あせってましたがよかったです」

おすすめの記事