審査落ちでどこも貸してくれない…

万策尽きたと思っても、街金ならなんとかしてくれるかも!?

お金が必要なときはどうしたらいい?

お金が必要なとき、それがどうしても急ぎという場合は、友人知人にお金を借りるのが手っ取り早いかもしれません。
友人に迷惑をかけたくない…そう思って気が引ける人も少なくないでしょう。
それでもそう思うのが普通出会って、そう思うのは友人も普通の友人なのかもしれません。

もっと深く親友と呼べるような友人でしたら、そのようなことを考えることもなく、気軽にお金を貸してほしいと言っていいでしょう。
もっとも、友人知人の場合でしたら、3万円程度の少額が基本となります。
お金を友人から借りるのは、信用情報とかなんだかんだという面倒なことを気にする必要はありません。

もっとも3万円以上となると、銀行や消費者金融会社から借りるほうがいいです。
そのくらいの金額になると、ある程度自分で責任を負わなければいけません。
というよりも、友人知人を巻き込んではいけないということですね。

それに友人知人とは、昔からの勝手知ったる仲ですから、困ったときはお互いさまといっていいでしょう。
ですから、3万円を用立てしてほしいと友人知人に頼むと、息をするように当然のことのようにお金を貸してくれるのです。
ここで3万円程度の金額が大切なのです。

というのも3万円程度でしたら、財布の中にあるお金でまかなってくれるでしょう。
財布には3万円くらいのお金が入っているからです。
つまりは、小遣い程度のお金ということです。

お金を借りるときは、借りるほうで借用書を用意しましょう。
普通は、お金を貸す方が借用書を用意するものですが、友人ですから、気が引けてしまって借用書を用意しないでしょう。
財布からスッと出すようなお金ですから、なおさらです。

借りる側としては、それを見越してあらかじめ借用書を用意しておくのです。
友人知人も何を水くさいといいそうですが、借用書はやっぱりあったほうがいいので友人知人も内心はホッとすることでしょう。
借用書には、次の給料日に一括で支払うという旨を書いておきましょう。

間違っても、分割で返済するみたいな書き方をしてはいけません。
友人は小遣いの中からお金を貸してくれたのですから、返済は最優先で行わなければいけません。

分割というような返済のしかたは、しないようにしましょう。
給料が出ると、3万円くらいのお金はできるので、まずそれを友人への返済に充てるのです。

お金を工面するにも数日程度の余裕がある場合は、バイトをして稼ぐという方法もあります。
それでも、翌月の支払いまで待つわけにはいきませんから、条件としては日払いのバイトになります。
今時日払いのバイトとなると、ガテン系のバイトしかないでしょう。

求人情報誌にも掲載されているのですが、それほどの求人数ではないでしょう。
しかし、探せば確実にあるので、丹念に探しましょう。
ガテン系のバイトは、現場が建設現場になることが多く、当然ですが、肉体労働となります。

体力に自信の無い人でしたら、パスしたほうがいいかもしれません。
しかし、1回で1万円稼ぐことができるので、3回働けば必要金額の3万円に到達するのです。
ですから、がんばって仕事をして、日銭を稼ぐようにしてもいいでしょう。

そこで気をつけたいのがケガです。
通常雇い主は職種や雇用形態に関係なく、労働者一人一人に労災保険をかけることが義務づけられています。
ケガをしても治療費が労災保険のほうから出るのです。

しかし、日雇いの場合は、雇い主が労災保険をかけていないことがあるのです。
当然法令違反なのですが、労災保険に入っていないままケガをしてしまうと、治療費は自腹ということになります。
そうなると働いて日銭を稼ぎたいのに、反対に赤字になってしまうのです。

だからこそ、日払いのバイトをする前に労災に入っているのかどうかをしっかりと確認しておくようにしましょう。
また、日払いのバイトを初めてするときは、ヘルメットや安全靴作業着は自前となるのであらかじめ用意しておきます。
一度きりでは無くいろいろな面で、ヘルメットや安全靴を使うことがあるので、持っていても損はありません。

また、自宅の不要品を買い取り業者に買取りしてもらうことで、お金を稼ぐ方法もあります。
不要品ですから、買取値が低いことがほとんどなのですが、中には掘り出し物もあるかもしれません。
また、買取値がつかない場合も買取り業者は、廃品回収業者であることが多いので、無料で引き取ってくれるでしょう。

ですから、買値がつけばお金になりますし、買値がつかない場合も引き取ってくれるので、どちらに転んでも一石二鳥ということになるのです。
また、家にある不要品をかきあつめても、1万円か2万円程度にしかならない場合は、書籍やコミックなどを買取りしてもらうようにしましょう。
人気のコミックの全巻セットがあれば、かなりの高価格での買取りが期待できます。

書籍のほうもベストセラーよりも、レア本のほうが買取り価格は高いです。
書籍やコミックを買取りしてもらうことで、目標額には楽々到達することだと思います。
もっとも、この方法はある程度の不要品や書籍やコミックがないと、買取り価格も稼げないので、数年に一度、ここ一番というときのためにとっておかないといけないでしょう。

他には、クレジットカードのキャッシングを利用する方法があります。
これが一番手っ取り早いかもしれません。
いつでもコンビニATMからお金を引き出すことができるので、使い勝手は一番だと思います。

しかし、金利は消費者金融会社のローンよりも、高目に設定してあるので、ある程度の金利手数料は支払わなくてはいけません。
キャッシングした翌日から金利手数料が発生するので、締め日まで長いとそれなりの金利手数料が発生してしまいます。

銀行や消費者金融会社からお金を借りる

まとまったお金が必要となると、銀行や消費者金融会社からお金を借りることになります。
どちらから借りるのかというと、金利の低い銀行から借りるほうがいいでしょう。
返済利息が少なくて済むので、返済がより楽になるからです。


それでも、銀行カードローンは誰でも借りることができるわけではありません。
銀行カードローンを借りるにしても、審査を受ける必要があるのです。
その審査に通らなければ、銀行カードローンを利用することができないのです。

審査は属性が高ければお金を借りることができますが、属性が低いとお金を借りることができません。
この属性というのは、信用度やお金の借りやすさ、さらには返済能力を測る指標のようなものです。
属性は様々な項目から成り立っているのですが、その中でも大きなウエイトを占めるのが雇用形態なのです。

雇用形態というのは、どういった形態で会社から雇用されているのかというものですが、大きくは正規雇用と非正規雇用に分けられます。
正規雇用はいわゆる正社員のことですし、非正規雇用はパートアルバイト、派遣社員、契約社員のことです。
これだけでも、正規雇用の人のほうが属性が高いことが分かるのですが、それは収入が多いとか少ないといったものではありません。

雇用形態では、雇用が会社から保証されているかどうかが大切なのです。
もっと具体的にいうと、雇用契約の期間ということになります。
雇用契約は働くと必ず会社と労働者が取り交わすものですが、その雇用契約は雇用形態によって大きな違いがあるのです。

正規雇用の人は、入社してすぐに雇用契約を会社と結びます。
そして、それは定年になるまで有効なのです。
つまり長い人になると40年以上の雇用契約となり、その間は会社が雇用を保証してくれるということになるのです。

いっぽうの非正規雇用の人はどうでしょうか。
こちらにも雇用契約はあるのですが、有期契約となります。
期限が決められているのですが、それは3ヵ月あるいは6ヵ月、一年というものです。

正規雇用の人に比べると、極端に短いのですが、それが非正規雇用の特徴なのです。
雇用契約の更新時期が来ると、その都度会社が更新するかどうかを決めます。
会社が更新しないとなると、その場で雇用契約は解消され、退職してしまいます。

これが銀行から見ると雇用が保証されていない、つまりは安定した収入が得られていないということになるのです。
銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者からの預かり金ということが大きいのです。
ですから、審査基準も厳しくなるのですね。

消費者金融会社からお金を借りる

銀行カードローンから借りることができなければ、大手消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしましょう。
属性がある程度低くても、大手消費者金融会社のカードローンでしたら審査に通るでしょう。
大手消費者金融会社の申し込み方法は多彩で、中でも特徴的なのが全国に設置されている無人契約機です。

24時間365日稼働していて、オペレータとの対話形式でカードローンの申し込みを行っていきます。
対話形式ですので、その場で失敗があってもすぐにやり直すことができ、そのまま審査まで終えることができるのです。

また、即日融資にも対応していて、当日の22時までに申し込み手続きを終えて審査に通ることができれば、すぐにローンカードが発行されます
それを持ってコンビニATMでキャッシングすることができるのです。

中小消費者金融会社と街金

大手消費者金融会社のカードローンでも、審査に落ちる人がいます。
延滞歴のある人でしたら、カードローンの審査には通りません。
そうなると頼りになるのが、中小消費者金融会社とさらに小規模な街金です。


中小消費者金融会社が消費者金融会社の中でも、数の上では大多数を占めているので、消費者金融会社の中心的な存在と言っていいでしょう。
知名度は低いのですが、借りやすさと地域性からその地域では、知られた存在となっていることが多いのが中小消費者金融会社です。
中小消費者金融会社は特徴的な貸金業を営んでいるところが多く、おまとめローンに特化した中小消費者金融会社、法人向けの貸し付け専門の中小消費者金融会社などその業態はさまざまなのです。

審査落ちでも街金なら借りることができる?

中小消費者金融会社の審査に落ちると、なるとかなり末期的な状況ですが、総量規制にかかっている可能性もあるのでまだ望みがあります。
そして、街金の場合は信用情報機関を通さない独自審査をしています
これは現在の属性のみで審査を行う方法です。

ですから、電話による在籍確認など、きちんと働いていることが確認できれば、審査に通ることが多いのです。
必ずというわけではないのですが、ときおりブラックの人でも、審査に通ることができたというのもこの独自審査のおかげです。
総量規制にかかった場合でも、街金の融資額の相場は10万円程度なので、総量規制にかかっているような人でしたら、毎月の返済額もそこそこの金額になるでしょう。

そういった返済額も見込んで街金では、総量規制にかかっていても、誤差の範囲内ということで貸し出しを行ってくれることもあります。
いずれにしても少額融資ということに注意しましょう。

ネットの声

「電話口の対応や、即日融資の点には満足しています。カードも即日で受け取れました。それでも星を3つにしたのは、融資金額が希望金額より下がってしまったからです。後で知りましたが総量規制というものがあるそうで、他のところで借りようとしてもきっと同じ結果になったのだと思います。」

「アコムは借入した資金の使用用途が自由となっているので、基本的に使用用途が審査に影響を与える可能性は低いです。実際アコムの利用者の中には娯楽費や旅行費のために借入をしている人もたくさんいますよ。」

「とりあえずはインターネットを使って申し込みをすることにしました。すると翌日のお昼頃、担当の方から連絡を受けることになりました。審査をした結果、なんと融資が可能とのことでした。私はすぐに5万円だけ融資してもらうようにしました。」

思うよりも生むが易しということわざ通りです。まずはやってみることも大切かも。

おすすめの記事