まとまったお金が必要な場合は、銀行や消費者金融会社を頼るといいでしょう。
同じ価値のあるお金ですから、金利の低い銀行からお金を借りるほうが、金利手数料が少なくて済むので、返済も楽です。
借りるなら銀行カードローンを利用するようにしましょう。

お金を借りるには

銀行で借りるほうが世間体が良いというメリットもあります。
銀行でお金を借りても普通のことですから、誰も違和感を感じることもないでしょう。
一方の消費者金融会社で借りる場合はさすがに世間体を気にする人も多いと思います。

消費者金融会社で借りているということがわかることはまずないのですが、消費者金融会社で借りているというのが昔のサラ金のイメージを持っている人にとってはまさに、ここからだけは借りたくないと思っている人も少なくないのです。
特にバブル期前後からの消費者金融会社の実態を知っている人でしたら、サラ金のイメージはもっと強力なのではないでしょうか。
当時のサラ金といえば、強引な取り立てで新聞沙汰になることも日常茶飯事でした。

強引な取り立てで、一家離散、夜逃げ、さらには一家心中なんていうことも新聞沙汰になったり、テレビでも報道されていたのです。
大手消費者金融会社でもそういったことが起こっていて、提携している取り立て業者から、『内蔵でも売って金作ってこい』ということが言われてかなりのインパクトがありました。
そういった状況から消費者金融会社に対する風当たりが強くなり、行政も動いて、諸悪の根源でもあった、グレーゾーン金利の撤廃を行ったのです。

これは、二つの法律で上限金利を決めていたのですが、上限金利に差があって、その差がグレーゾーンとされていて、消費者金融会社の高金利の温床となっていたのです。
そのグレーゾーン金利が撤廃され、というよりも二つの法律の上限金利が統一されて20%の上限金利となったのです。
それ以降に上限金利が適用されるということでしたら、まだよかったのですが、過去に遡ってグレーゾーン金利で払いすぎていた利息を、債務者が過払い請求で消費者金融会社に請求できるようになったのです。

申告しなければ戻ってこないので、多くの債務者は過払い請求を行いました。
テレビやラジオでも過払い請求ができるということが連日のように報道されていて、周知徹底が図られ、多くの債務者が過払い請求を行ったのです。
これによって経営が傾いた消費者金融会社は多く、多いときは大小合わせて3万社を超える消費者金融会社があったのが、現在は2千社弱と行った消費者金融会社の数になったのです。

如何に多くの消費者金融会社が潰れたかということがわかるでしょう。
現在も消費者金融会社からの借りすぎを防止するために、総量規制という年収の3分の1までしか借りることができないという法律ができているのです。
現在の大手消費者金融会社の多くも一度は経営破綻を経験しています。

そこから、メガバンクなどの大手銀行の力を借りて再生しました。
そのため、現在の消費者金融会社の多くは、淘汰されて生き残ったあるいは再生した消費者金融会社ばかりです。
当時のサラ金のイメージはまったくないのですが、現在でも消費者金融会社イコールサラ金イメージはまだまだ色濃く残っているといっていいでしょう。

そういったことから、お金を借りるには銀行カードローンからお金を借りるほうがいいのですが、銀行カードローンは誰でも気軽にお金を借りるということができません。
というのもお金を借りるにも審査が必要なのです。

この審査というのは、この人にお金を貸してもきちんと返済してくれるのかといった、返済能力を見るための審査なのです。
借りる側にしても審査に通るにはある程度の属性の高さが必要になります。
この属性というのが、信用度やお金の借りやすさを図る指標となるものなのです。

属性が高いとお金を借りやすく、逆に属性が低いとお金を借りることはできません。
属性はさまざまな項目で構成されています。
その中でも属性の高さを決定づける有力な項目が雇用形態なのです。

雇用形態は大きく、正規雇用と非正規雇用の二つに分かれます。
正規雇用はいわゆる正社員のことです。
非正規雇用はパートアルバイト、派遣社員、契約社員のことです。

正規雇用されている人のほうが属性が高いのは分かるのですが、他にもっときちんとした理由付けがあるのです。
それは、会社が雇用を保証しているかどうかと言うことです。
正規雇用の人は入社時に会社を交わした雇用契約が定年退職になるまで保証されています。

いっぽうの非正規雇用の人はどうでしょうか。
正規雇用の人と同じように雇用契約があるのですが、有期契約なのです。
雇用契約に期間があるということですね。

その期間は3ヵ月、6ヵ月あるいは1年です。
更新が近づくと、会社と雇用契約を結ぶのですが、会社が更新しないとそこで退職ということになります。
これを雇い止めと呼んでいるのですが、非正規雇用の人の場合は会社の一存で、雇用契約を更新するかどうかを決めていいのです。

そのため、その部分を銀行はよく見ていて、非正規雇用の人は収入が安定していない、すなわち属性が低くなるということです。
銀行の審査基準が厳しいのは、銀行カードローンの原資が口座開設者から預かった大切な預かり金ということが大きいです。

預かっているお金ですから、いつでも引き出しできるのが銀行の務めです。
その預かり金を貸し倒れに遭うのは極力回避しなくてはいけません。
そのため審査が厳しくなっているのです。

さらに貸し倒れのリスク回避をするために、銀行と提携している保証会社の審査も受けなくてはいけません。
これはどういうことかというと、銀行カードローンに融資の申し込みをすると銀行と保証会社の両方の審査を受けるということです。
当然両者の審査に通らなければ、カードローンを利用することはできません。

保証会社の役割というのは、カードローン利用者が返済不能になったときに、カードローン利用者に代わって、保証会社が銀行に残りの債務の全額を返済するのです。
立て替えたお金は保証会社からカードローン利用者(債務者)に請求されます。
そこから任意整理が始まるということです。

こうしてみると、銀行はノーリスクのように見えますが、元金を確保できているのですが、返済不能以降の返済利息という収益がなくなったのですから、まったくのノーリスクとはいえないのです。
また、銀行カードローンにもデメリットがあって、それはどういったことかというと、即日融資に銀行カードローンは対応していないのです。
一頃はメガバンクを中心として、即日融資やスピード融資を大々的に広告展開していました。

しかし、今はそういった広告を見ることはないと思います。
これは、警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられ、その照会情報が反ってくるのが早くても翌日以降ということになっているのです。
不正融資を防止するための措置なのですが、それによって銀行カードローンの即日融資はできなくなったということです。

即日融資は依然として消費者金融会社のカードローンは対応しているので、急ぐ場合は消費者金融会社のカードローンを利用したほうがいいでしょう。

消費者金融会社で借りる

銀行カードローンで借りることができなかったら、消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしましょう。
ある程度属性が低くても、大手消費者金融会社のカードローンでしたら、審査に通るのも難しくはありません。
それでも、大手消費者金融会社のカードローンの審査通過率は50%ということですから、必ずしも広き門ではないということです。

銀行カードローンの審査に通らなかった人が大半ですから、属性がある程度低い人が多いということを考えるとこのくらいの審査通過率になるのかもしれません。
大手消費者金融会社のカードローンのメリットは銀行カードローンにない使い勝手の良さです。
それは、申込時にも現れていて、WEBや店頭での申し込み、さらには電話での申し込みや提携するメガバンク行内での自動契約機を使っての申し込み、そして全国各地に設置されている無人契約機でのカードローンの申し込みです。

特に無人契約機は24時間365日いつでも稼働しています。
即日融資にも対応していて、その日の22時までに手続きを終えて審査に通ればすぐにローンカードローンが発行されて最寄りのコンビニATMでキャッシングすることができるのです。

中小消費者金融会社と街金

消費者金融会社は2000社近くありますが、ほとんどが中小消費者金融会社と街金で占められています。
消費者金融会社というと大手のアコムやプロミスを思い浮かべるのですが、大手と呼ばれる消費者金融会社は数社程度しか存在しないのです。
消費者金融会社の多くは中小消費者金融会社であり、大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ちた人は、中小消費者金融会社や街金で借りるしかありません。

中小消費者金融会社は特に業容に幅があります。
上は大手消費者金融会社並の業容を誇る消費者金融会社もあれば、下は街金に毛が生えたような消費者金融会社もあります。
中小消費者金融会社は業容に幅があるのです。

中小消費者金融会社でも審査に信用情報機関を通しているところは、審査が比較的厳しくなっていて、延滞歴のある人は審査に通ることはできないでしょう。
それでも、一部の中小消費者金融会社と街金は独自審査を行っています。
これは、信用情報機関を通さない審査方法で、現在の属性のみを審査しています。

ですから、審査方法もシンプルで電話による在籍確認と収入証明書の提出ができればOKというものです。
ただし、この独自審査をする審査方法では、貸出金額が少ないというデメリットがあるのです。

ブラックでも借りることができる?

ブラックでも借りることができるのは、独自審査をしている貸金業者です。
それは一部の中小消費者金融会社と街金ということですね。
独自審査は現在の属性のみを重視しているので、働いて収入を得ていたらほぼ審査OKということになります。

もっとも、ブラックでも必ず借りることができるというわけではないので、その点は注意したほうがいいでしょう。
独自審査をしているかどうかということは、たいていは公にされていません。
ですから、問い合わせをしても答えてくれないことが多いでしょう。

ですから、参考になるのはネットの口コミサイトなどで、ブラックでも借りることができたという投稿です。
その場合は間違いなく独自審査をしている貸金業者なので、ブラックの人でも借りることができるかもしれません。

個人間融資掲示板を利用する

消費者金融会社でどうしても借りることができなかった場合は、借りる方法がないのかというとそうではありません。
ネットの個人間融資掲示板があります。
個人での貸し借りになるのでリスクはありますが、実績豊富な人から借りるようにしたらリスク回避になるでしょう。

プロフィールなどを参考にしたらいいと思います。
街金同様それほどの高額融資にはなりません。
審査もないので交渉成立したらすぐに振り込んでくれます。

交渉も金利手数料という考え方ではなく、たとえば10万円貸すから、11万円で返してくれというものです。
一般的な金利手数料を考えるとかなり高めですが、それ以外に方法がなければ借りるしかないということになりますね。
ヤミ金の場合はこれよりももっと法外な利息を取るので闇金からは絶対に借りないようにしましょう。

ネットの声

「以前申ネットか申し込んだ時は、入力内容確認もせず即否決だったが、今回申し込んだら電話きて入力内容確認と、審査に入るとのこと。今、本人確認書類と収入証明書をアプリから送ったが、可決されるといいです。」

「楽天やレイク、アコムは落ちたが、プロミスは5万円だけ通った。以前クレの支払いから逃げていたので通ったのは意外だったが助かった。ありがとう。」

「ブラックでどこもダメだったがダメもとで申し込んだらあっさりと10万可決された。逆に信じられなかった。」

おすすめの記事